ルンメニゲ、アンチェロッティ解任の時泣いた | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2019/10/14
ルンメニゲ、アンチェロッティ解任の時泣いた

ルンメニゲがアンチェロッティ解任時の話を。
泣いてハグした
アンチェロッティは
キミがボスではなくなるが友人のままだ
こんなこと言われたら泣くだろ
アンチェロッティ、かっこよかった

「あの時は泣いた」バイエルンCEOが振り返る“友人”更迭の思い出
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOがイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のイベントに出席し、様々なことにコメントした。
バイエルンは今夏、インテルからイヴァン・ペリシッチを買い取りオプション付きのレンタルで獲得。ここまでブンデスリーガ4試合に出場し、2ゴール1アシストを記録するなどまずまずの活躍を見せている。ルンメニゲもペリシッチの買い取りについてこのようにコメントした。
「彼を完全移籍で獲得するということは除外しない。彼のシーズンのスタートは素晴らしい。インテルとは合意に至っており、それについては選手とも話し合うことになるだろう」
また、イタリア人指揮官カルロ・アンチェロッティとの思い出にも言及。アンチェロッティは2016年からバイエルンを指揮。1年目はリーグ優勝を成し遂げたが、2年目は不振に陥り、チャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに0-3と完敗を喫した直後に解任された。ルンメニゲは当時のことを振り返っている。
「アンチェロッティを解任しなければならなかったときはよく覚えている。泣いたよ。カルロは状況を理解し、ハグした。そして彼は『OK。君はボスではなくなるが、友人のままだ』と言ってくれた。それにまた泣けたね。彼は怒っていなかったし、素晴らしい人間であることが改めてわかった」