公開日:2019/09/14

レヴァンドフスキ、レアルに3度迫られるも拒否

レヴァンドフスキがレアル・マドリーに移籍
代理人交代などかなりレアルに向いた感じだったが
結局バイエルン残留、バイエルンで引退するかも、と
6年間で3度アプローチ、ほんとうに欲しかった

レヴァンドフスキに3度フラれた…レアル会長が6年間のアプローチを認める
SPORT.es/スポルト

レアル・マドリーはロベルト・レヴァンドフスキへのオファーを今までに少なくとも3回試みたものの、同選手は2023年までバイエルンと契約を更新したばかりであり、チームブランコには入らないだろう。
このことはドイツ紙『Bild』で述べられており、最初のアプローチは2013年に行われた。当時レヴァンドフスキはボルシア・ドルトムントでプレーし、UEFAチャンピョンズリーグ(2012-13)準決勝ではレアル・マドリーに対して4得点を決め、4-1の勝利をもたらした。
マドリーに戻った後、フロレンティーノ・ペレスは同ポーランド人選手と会話を交わし、マドリードとの契約を説得しようとしたものの、同選手との契約交渉はすでにバイエルンが締結していた。
2年後、元サッカー選手の代理人チェザリー・クチャルスキとマイク・バルテル、そして元監督のホセ・アンヘル・サンチェスの間で、彼の進路に関するさらに多くの議論があった。今回、同選手のオファーが大幅に増えたため、再び契約交渉がねじれたようだ。バイエルンは年俸1,600万ユーロ(約20億円)まで昇給し、レアル・マドリーが彼への扉をたたく場合に備え、条件を含まないタイミングで同選手の代理人らを圧迫したという。
フロレンティーノ・ペレスが最後に彼へのオファーを行ったのは2018年だった。レヴァンドフスキ自身がスペインでプレーするという夢を持ち続けていたため、彼は代理人らと別れ、2億2,200万ユーロ(約263億円)でのネイマールのPSG移籍に関わった大物代理人ピニ・ザハヴィに話を持ち掛けたのだ。
バイエルン・ミュンヘン会長のウリ・ヘーネスは、ザハヴィが何度も自身(ウリ・ヘーネス)に会いただっていたのを知っていながらも、移籍市場が閉鎖される前に、自身のオフィスに彼を迎えないようにしていたことを認めるようになった。
レヴァンドフスキはすでに考えを変えた様子をみせ、「私はクラブを辞めるつもりはない。バイエルンで引退する選択肢だ」と説明していた。
独メディアが詳しく述べているように、レアル・マドリーはバイエルンとの良好な関係を危険にさらすことを望まなかったため、チーム・ブランコは同選手にオファーを出さず、特定の給料を提案しなかった。他の理由としては、フロレンティーノ・ペレス自身がクラブの前でこの度々繰り返される交渉の敗因になるのを避けたかったためであり、同会長はこのスター選手にオファーを出さないことを明らかにした。