公開日:2019/08/20

ボルシアMGのキュイザンス獲得

ボルシアMG所属でU-20フランス代表の
ミカエル・キュイザンス20歳を12億円で獲得
最後の最後でどんどん獲得

バイエルンがMFキュイザンス獲得を発表…今夏だけでフランス人選手3人目の補強
(Goal)

バイエルンがボルシアMGからU-20フランス代表MFミカエル・キュイザンスを獲得したと発表した。現地報道によると、2023年までの4年契約で完全移籍でミュンヘン行きが決まったようだ。
1999年生まれ、8月16日に20歳となったばかりのキュイザンスはナンシーの下部組織育ちで、2017年夏にボルシアMGへと加入。1年目からリーグ戦24試合に出場し、2018年6月には契約を2023年まで延長していた。昨シーズンはリーグ戦11試合に出場している。
バイエルンのスポーツディレクター、ハサン・サリハミジッチ氏は「ミカエルの持ち味は、フットボールをよく知っていること。素晴らしいビジョンを持っており、左足の正確なキック、そしてメンタルの面でも優れているところだ」とバイエルンの公式メディアを通して新戦力に期待を寄せている。
バイエルンは今夏、フランス代表のリュカ・エルナンデスとベンジャミン・パヴァールを獲得しており、今夏だけでフランス人3人目の補強となった。

コウチーニョを待つバイエルンが「ボルシアMG最高の選手」を獲得
SPORT.es/スポルト

誰もがコウチーニョ移籍におけるバイエルン・ミュンヘンの公式発表を待っている中で、同クラブは今週の日曜日に彼らの新しい選手、ミカエル・クイザンスを発表した。
U-21フランス代表のMFは、昨シーズン11試合に出場したボルシアMGからブンデスリーガ王者に移籍した。ミュンヘンのチームが20歳の若きMFの可能性を見込んでいることから、クイザンスは5シーズンの契約を結んだ。
「ボルシアMGのプロとしての最初のシーズンでは、ミカエル・クイザンスはチームで最高の選手だった。彼は非常にテクニカルであり、多くの可能性を秘めている。ミカエルはさらに成長しなければならない。私たちは彼が多くの喜びをもたらすと確信している」とバイエルンのSDハサン・サリハミジッチは語った。
クイザンスは、「これは僕にとって大きな一歩である。 僕は準備ができていると感じており、バイエルンのシャツを着ることができることを非常に誇りに思っています」と述べている。
この会見同日、コウチーニョはバルセロナからドイツに到着し、ミュンヘンのクラブでのメディカルチェックをパスしている。移籍に必要な書類を準備してから、コウチーニョはバイエルンとレンタル移籍での契約を結ぶ。

バイエルン、U-20仏代表MF獲得でボルシアMGと合意…昨季は14試合に出場
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは、ボルシアMGとU-20フランス代表MFミカエル・キュイザンスの獲得で合意に至ったことを発表した。16日、公式サイトが伝えている。
移籍金などの情報は明かされていないが、ドイツ紙『ビルト』によると、移籍金は1000万ユーロ(約11億8000万円)ほどになるようだ。
キュイザンスは、2017年夏にボルシアMGへ加入。同クラブでは通算39試合に出場し、3アシストを記録。昨シーズンは公式戦14試合に出場している。年代別のフランス代表にも招集されており、今年6月に行われた2019 FIFA U-20ワールドカップでは、4試合出場2ゴール1アシストをマークし、活躍を見せている。

サッカー=バイエルン、フランス年代別代表MFと5年契約
(ロイター)

[ベルリン 18日 ロイター] – サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンは18日、同リーグのボルシアMGからU─20フランス代表MFミケル・キュイザンスを2024年までの5年契約で獲得したことを発表した。
契約の金銭面は明かされていないが、ドイツメディアは移籍金1000万ユーロ(約12億円)と報じている。
17年にボルシアMGに加入したキュイザンスは、ブンデスリーガ1年目にクラブ年間最優秀選手に選ばれた実績がある。
バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は「彼は非常に技術が高く、大きなポテンシャルを秘めている。ミケルはわれわれと成長したいと考えており、われわれは多くの楽しい時間を共有できると確信している」と期待を寄せた。

バイエルン、U-20フランス代表MF獲得でボルシアMGと合意
フットボールチャンネル

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンが現地時間の16日、U-20フランス代表MFミカエル・キュイザンス獲得でボルシアMGと合意に達したと発表した。
現在20歳のキュイザンスはフランスのナンシー下部組織から2016年にナンシーのリザーブチームに昇格。その後、2017年にボルシアMGに移籍となり、昨季は公式戦14試合に出場し、1得点2アシストを記録している。攻撃的なポジションやボランチなどをこなす若手MFである。
バイエルンのスポーツディレクターはクラブの公式サイトで「ミカエルの強みはポゼッションである。彼は卓越したテクニック、素晴らしい左足と強いメンタルを持っている」とコメントしている。
20歳の若手MFはブンデス王者でポジションを獲得することができるのだろうか。