公開日:2019/08/11
最終更新日:2019/08/31

ペリシッチがバイエルンに来そう

インテル所属のクロアチア代表ペリシッチ30歳を獲得しそう
いい感じになっていたサネが重傷
ターゲットはペリシッチに
コヴァチ監督としても経験値もあり自分と同じ国籍の選手は頼りになる

ペリシッチのバイエルン行きが大きく前進か…バレンシア戦のメンバーから外れる
(Goal)

バイエルン・ミュンヘン行きのうわさが流れるイヴァン・ペリシッチが、バレンシアと対戦するインテルのメンバーから外れたことがわかった。
今夏、クラブのシンボルであったフランク・リベリとアリエン・ロッベンが退団し、代役探しに躍起するバイエルン。当初、マンチェスター・シティのリロイ・サネ獲得が濃厚と考えられてきたが、先日に同選手が前十字靭帯損傷の重傷を負ったために、ターゲットの変更を余儀なくされたと考えられている。
そして、バイエルンは半年以上の離脱が見込まれるサネの代わりにインテルのペリシッチへとターゲットを変更した模様だ。イタリア『メディアセット』や『スカイスポーツ』のイタリア人記者は、双方がすでにローン移籍で合意したと報じる。これによると、バイエルンはローン代として500万ユーロ(約6億円)を支払い、2000万ユーロ(約24億円)の買い取りオプションが付帯しているようだ。
今シーズン中に31歳の誕生日を迎えるペリシッチだが、ウィングの補強を目指すバイエルンにとっては早急に重要なオプションとなりそうだ。2015年にインテルに移籍する前まで、ドルトムントとヴォルフスブルクで4シーズンを過ごしており、ブンデスリーガでの経験も十分だと考えられている。
一方のアントニオ・コンテ新監督率いるインテルも、すでにクラブ史上最高額でロメル・ルカクを獲得するなど前線の補強を敢行。ヴァレンティーノ・ラザロとマッテオ・ポリターノがペリシッチの代役として十分に計算できると見込んでいるようだ。
ペリシッチのバイエルン移籍は間もなく完了することになりそうだ。

インテルMF、バイエルン移籍でクラブ間合意。36億円の買取OP付きレンタルで
フットボールチャンネル

インテルに所属する30歳のクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍する見通しになった。10日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。
同メディアによると、3000万ユーロ(約35億9000万円)の買い取りオプション付きレンタルでクラブ間合意に達したという。あとはペリシッチとの交渉が残っているが、移籍を決断するのは時間の問題だとされている。
ペリシッチは2015年からインテルでプレーし、4季連続リーグ戦30試合以上に出場するなど長らくレギュラーとして活躍してきた。しかし、インテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督は現状のパフォーマンスに満足していない様子。果たして、ペリシッチのバイエルン移籍は実現するのだろうか。

バイエルン、ペリシッチをレンタルで獲得か…負傷のサネ代替候補として
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンはインテルのクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチの獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ』が伝えた。
バイエルンは昨シーズン限りでアリエン・ロッベン、フランク・リベリが退団。今夏はリロイ・サネの獲得を目指していたが、負傷で長期離脱が見込まれており、新たなターゲットを探し求めていた。
そこで浮上したのがペリシッチ。アントニオ・コンテ新監督の下で刷新を進めるインテルは、ペリシッチが余剰戦力となっており、バイエルンのニコ・コバチ監督も同胞の獲得を以前から望んでいたこともあり、レンタルで話が進んでいるという。
バイエルンは他にもアヤックスのハキム・ツィエクやPSVのステーフェン・ベルフワインなどにも興味を示しており、ウィンガーの獲得は急務となっている。

バイエルン、ペリシッチ獲得へ…買取オプション付きのレンタル移籍か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは、インテルに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチの獲得に乗り出しているようだ。イタリアメディア『Football Italia』が8日に伝えている。
バイエルンは、かねてよりマンチェスター・Cに所属するドイツ代表FWレロイ・サネの獲得を目指していた。しかし今回の報道によると、同選手が右ひざ前十字じん帯を損傷し長期離脱を余儀なくされたため、バイエルンは補強ターゲットを変更することになったという。
そこで、ペリシッチに白羽の矢が立った模様。買い取りオプション付きの期限付き移籍で交渉を進めているという。ペリシッチはアントニオ・コンテ新監督の信頼を勝ち取ることができず、構想外とされている。
現在30歳のペリシッチはドルトムントとヴォルフスブルクでプレーした経験があり、ドイツでの実績も豊富だ。果たして、ペリシッチは慣れ親しんだドイツの地でもう一花咲かせることができるだろうか。

インテルMFにドイツ行きの可能性が浮上。買取OP付きレンタルでバイエルンへ?
フットボールチャンネル

インテルに所属する30歳のクロアチア代表MFイバン・ペリシッチを獲得するため、バイエルン・ミュンヘンが交渉を開始したようだ。8日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。
同メディアによると、買い取りオプション付きレンタルでペリシッチの獲得を目指し、バイエルンが交渉を始めたという。マンチェスター・シティのレロイ・サネをターゲットにしていたが、前十字靭帯損傷により長期離脱することになったため、ペリシッチの獲得に切り替えたようだ。
ペリシッチは2015年からインテルでプレーし、4季連続リーグ戦30試合以上に出場するなど長らくレギュラーとして活躍してきた。しかし、インテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督は現状のパフォーマンスに満足していない様子。交渉次第では、来季はバイエルンでプレーすることになるかもしれない。