公開日:2019/07/06

ランパードが監督就任でオドイ獲得は難しいか

何度もオファーしては断られている
チェルシー、オドイの件、オドイ自身は前向きらしかったが
ランパードが監督に
チェルシーのレジェンドに必要だ、と言われれば
生え抜きのオドイが出るのは難しいか

チェルシー生え抜きの逸材オドイ、新監督との話し合いで契約延長を決断か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

イングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイがチェルシー残留を決断したようだ。5日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。
オドイは昨シーズンのプレミアリーグ第35節バーンリー戦でアキレス腱断裂の大ケガを負い、現在はそのリハビリに努めている。同選手はフランク・ランパード新監督と話し合い、復帰後に出場機会が与えられることを確認して、残り1年となっているチェルシーとの契約延長に前向きになった模様だ。
なお、オドイを担当する医者は、「彼の回復はとても順調で、8月から練習に復帰できるだろう」とコメントしている。
オドイはチェルシー生え抜きの18歳で、3月にはイングランドA代表デビューを果たした逸材だ。同選手の獲得にはバイエルンが乗り出しているが、同クラブが提示した3500万ポンド(約47億5000万円)のオファーはチェルシーに拒否されたようだ。