ミュラー、中国から年俸30億円オファー | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2019/06/24
ミュラー、中国から年俸30億円オファー

ミュラーが中国から31億円のオファー
しかしまだ29歳、仮にバイエルンを出ても
まだまだ欧州トップクラブに移籍できる実力と人気
本人はバイエルン残留希望

バイエルンFWミュラー、中国から年俸30億円超のオファーも…本人は残留希望か
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンに所属するFWトーマス・ミュラーは中国から大型オファーを提示されているようだ。17日付けの独誌『キッカー』が報じている。
記事では具体的なクラブ名は掲載されていないものの、中国から年俸2500万ユーロ(約31億2500万円)という巨額なオファーを受けていると伝えている。一方のミュラーはアジアでプレーするにはまだ若いと判断しているようで、このオファーに対し興味を持っていない模様だ。
29歳のミュラーはバイエルンの下部組織から2008年にプロデビューを飾る。バイエルでは通算485試合に出場し8度のブンデスリーガ優勝など合計21個のタイトル獲得に貢献している。またドイツ代表としても2010年南アフリカワールドカップで得点王、2014年ブラジルワールドカップでは優勝を経験するなど輝かしい実績を持っている。
しかし今年3月には代表チームが若手選手に切り替えるとの方針のもと、ミュラーは今後代表に招集されない事をドイツサッカー連盟が発表した。
一方で所属するバイエルンでは今季も32試合に出場し6得点12アシストを記録するなど9月で30歳となるミュラーだがまだまだ重要な役割を果たしそうだ。