サネ109億円では買えず、123億円だ

マンチェスター・シティのサネ
売値は123億円で
バイエルンは109億円のオファーだが拒否される
これにヘーネスは「ばかげてる」と怒り
リベリー・ロッベンが退団だから必要だろ?と足下見られているか

「馬鹿げている」 サネ獲得を狙うバイエルン会長、123億円を要求するマンCに苦言
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

ブンデスリーガ7連覇を果たしたバイエルン・ミュンヘンは、マンチェスター・シティのドイツ代表FWレロイ・サネの獲得を目指しているが、シティの要求する9000万ポンド(約123億円)の移籍金にウリ・ヘーネス会長は「馬鹿げている」と苦言を呈した。英紙「デイリー・スター」が報じている。
バイエルンは今季限りで元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと元フランス代表MFフランク・リベリーの二枚看板が揃って退団。左右両サイドのウインガーは補強ポイントの一つとなっている。そこで白羽の矢を立てたのが、ブンデスリーガでのプレー経験もあるシティのレフティー、サネだ。ドイツ代表にも名を連ねる伸び盛りの23歳の実力者で、「ロベリー」に代わる存在としては申し分ないタレントだ。
しかし、獲得の障害となっているのはシティが要求する移籍金だ。その金額は9000万ポンドとも言われ、バイエルンのヘーネス会長は「(その金額では)移籍が実現するとは考えにくい。馬鹿げている」と、サネに設定された移籍金の高さが法外であると苦言を呈したという。
サネは今季公式戦46試合に出場し、16得点18アシストを決めるなど確かな記録を残した一方で、プレミアリーグでの先発出場は38試合中21試合にとどまった。同ポジションでの序列が3番手に下がり、ドイツへの移籍を望んでいるとも伝えられている。
元バイエルンの闘将ローター・マテウス氏からも「最高のウインガーの一人」と太鼓判を押されるサネ。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下を離れ、母国の名門クラブへの移籍は実現するのだろうか。

マンC、ドイツ代表FWに対する移籍金123億円を要求か?バイエルンが獲得目指す
フットボールチャンネル

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティは、同クラブに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネの獲得を狙うバイエルンに対して、移籍金9000万ポンド(約123億円)を要求しているようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の3日に報じた。
ザネの獲得を狙うバイエルンは8000万ユーロ(約109億円)のオファーを提示したが、シティ側がこれを拒否したと報じられていた。さらに、これに対してバイエルンは再オファーも検討しているいう。
現在23歳のザネはシティとの契約をあと2年残している。バイエルンに対してシティは、ザネに対する移籍金9000万ポンド(約123億円)を要求しているようだ。だが、バイエルンは今夏アトレティコ・マドリーからDFリュカ・エルナンデスを獲得。そのため、少しでもザネの移籍金を値下げしてほしいところだろう。

update: 2019年6月4日11:47 pm