FC東京がロッベンにオファー | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2019/04/22
FC東京がロッベンにオファー

FC東京がロッベンにオファーするという記事
ロッベンがJリーグへという噂はあるが
首都クラブが名乗りを上げそう
ロッベン、永井と何かスピードあるクラブになって欲しい

ロッベン獲得にFC東京がオファー!? イタリアの移籍専門メディアが報道!
SOCCER DIGEST Web

現地時間4月21日、イタリア・メディア『Calcio Mercato』は、バイエルン・ミュンヘンに所属する元オランダ代表MFアリエン・ロッベンに対し、「FC東京がオファーした」と報じた。
世界的名手の動向は昨年末から注目されてきた。というのも、昨年12月に今シーズンいっぱい(2019年6月末)で満了となるバイエルンとの現行契約を更新しない意向を発表。約10年間に渡って在籍したバイエルンとの別れを決断したからだ。
世代交代を目論むクラブの意向もあっての決別だが、現在35歳となったロッベンのパフォーマンスが急激に衰えたわけではない。ここ数シーズンは膝の持病や状ふくらはぎの故障によって欠場する試合も少なくないとはいえ、今シーズンは出場した公式戦15試合で5得点・2アシストと、コンディションさえ良ければ、まだ結果を残せることを証明している。
その実績十分なアタッカーの新天地には、イングランドやドイツ、オランダをはじめとした西欧諸国、さらにサッカー新興国であるアメリカやアジアなど、様々な候補地が取り沙汰されてきた。そしてこの度、欧州サッカー界の移籍情報を日夜追っている『Calcio Mercato』が、次のように報じたのだ。
「今年6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンに対し、現在、日本のJリーグで首位を走るFC東京がオファーを提示した」
オファーが事実かは定かではない。だが、FC東京とロッベン側の交渉は今年1月の段階から幾度となく報じられてきたニュースであり、意向が強く反映されると言われるロッベンの家族も日本行きには前向きだという。
チェルシーやレアル・マドリーでもプレーし、バイエルンでは7度のブンデスリーガと1度のチャンピオンズ・リーグ制覇を経験したロッベン。そんな大物がJリーグに挑戦することになれば、ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタやダビド・ビジャ、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスらの参戦に続く驚きのニュースであり、Jリーグが世界から注目を集めるのは必至だ。

FC東京がロッベンにオファーと伊メディア報じる
ゲキサカ[講談社]

バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)に対し、FC東京がオファーを送ったとイタリア『カルチョメルカート』が報じている。
今年6月に契約満了でバイエルンを退団すると見られるロッベン。同メディアは記事内で「6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンが、現在Jリーグで首位を走る日本のチーム、FC東京からオファーを受けた」と伝えている。
バイエルンの選手としてブンデスリーガ7度の優勝経験を誇るロッベンだが、加入10年目の今季は負傷により昨年11月から欠場が続いており、リーグ戦の出場はわずか9試合。ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとFC東京のほか、インテルやMLSのトロントFC、古巣PSVなどもロッベン獲得に興味を持っているという。