03.17:バイエルン vs マインツ(H)

コロンビア代表として来日する前のハメスが絶好調
ハットトリック、最終的には6-0

対戦相手 3.17:バイエルン・ミュンヘン vs マインツ(H)6-0○
得点 3:レヴァンドフスキ、34:ハメス、39:コマン、51:ハメス、55:ハメス、70:デイヴィス
GK ノイアー
DF キミッヒ、ズーレ、ボアテング、アラバ
MF チアゴ、ゴレツカ、ミュラー、ハメス、コマン
FW レヴァンドフスキ
交代 59:アラバ >>> デイヴィス、67:コマン >>> リベリー、75:ハメス >>> ラフィーニャ
ベンチ ウルライヒ、フンメルス、マイ、サンチェス

バイエルンがCLの悔しさ晴らす大勝、ハメスのハットなどで首位キープ
AFP BB

【AFP=時事】18-19ドイツ・ブンデスリーガ1部は17日、第26節が行われ、首位バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は6-0でマインツ05(Mainz 05)に大勝。ハメス・ロドリゲス(James Rodriguez)がブンデスリーガでは初のハットトリックを決め、チームも敗退した欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)の不満を解消するかのようにゴールを重ねた。
13日に行われたチャンピオンズリーグのリバプール(Liverpool FC)戦で1-3の敗戦を喫し、大会から姿を消すことになったバイエルンは、その悔しさをマインツにぶつけた。ニコ・コヴァチ(Niko Kovac)監督は「リバプール戦のショックを振り払ったことを示せた。立ち直ることが重要だった」とコメントした。
バイエルン加入後ではおそらく最高のプレーを見せたロドリゲスは、スタンディングオベーションを受けながら交代でピッチを後にした。レアル・マドリード(Real Madrid)から今期末までの期限付きで加入しているロドリゲスについて、コヴァチ監督は「彼のことはうれしい。拍手にふさわしいプレーをした」と話しつつ、ローン期間の延長に関する質問に対してはコメントを控えた。
マインツ戦の大勝で、バイエルンは前日3-2でヘルタ・ベルリン(Hertha Berlin)に勝利したボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)と勝ち点60で並び、得失点差で7上回って首位を守っている。
トーマス・ミュラー(Thomas Mueller)は「水曜日のことがあったから、しっかりと準備をした。これからはリーグに集中する」「ドルトムントが勝っていたから、自分たちも逆襲したいと思っていた。この3試合は一つの基準になる」とコメントした。チームはリーグ戦ここ3試合で17ゴールを挙げている。【翻訳編集】 AFPBB News

日本はハメスを止められるか!? ブンデス初ハットで代表合流
ゲキサカ[講談社]

22日に行われるキリンチャレンジ杯で日本代表と対戦するコロンビア代表のバイエルンMFハメス・ロドリゲスがハットトリックを達成した。
17日に行われたブンデス第26節でマインツと対戦したバイエルンは、試合開始早々の前半3分にFWロベルト・レワンドフスキの得点で先制に成功すると、背番号11を背負うハメスがゴールショーを披露する。
まずは前半33分、DFジョシュア・キミッヒの浮き球のパスをMFレオン・ゴレツカが胸で落とすと、後方から走り込んで左足シュートでゴールを陥れる。さらに後半6分に右サイドから中央に切れ込んで再び左足シュートでネット揺らし、同10分には高い位置でこぼれ球を拾ってPA内に侵入すると相手GKをあざ笑うかのようなチップキックで流し込んでハットトリックを達成して、チーム6-0の大勝に貢献した。
ブンデス初のハットトリックを達成して弾みをつけたハメス。14年ブラジルW杯でもゴールを奪われている男を、日本は止めることができるだろうか。

update: 2019年3月18日11:36 pm