レヴァンドフスキが苦戦したDFを発表

レヴァンドフスキが苦戦したDFを発表
・セルヒオ・ラモス
・ボアテング、フンメルス
・カルロス・サンブラーノ(バーゼル/ペルー代表)

驚きの名前も…世界屈指のストライカー、レワンドフスキが苦戦したDFを明かす
ゲキサカ[講談社]

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レワンドフスキ(30)が、これまで対戦した相手の中で苦戦したディフェンダーについて語った。ドイツ『90min』が伝えている。
ここまでブンデスリーガで通算199得点を記録し、3度の得点王に輝くだけでなく、ドルトムントとバイエルンを何度もリーグ優勝に導いてきたレワンドフスキ。ポーランド代表でも同国史上最多得点を記録するなど、世界最高クラスのストライカーとして知られている。
そんな彼がドイツ『キッカー』のインタビューに応じ、これまで対戦してきた中で苦戦を強いられたディフェンダーについて言及。「チャンピオンズリーグではセルヒオ・ラモスだね。彼は守備だけでなく、ボールコントロールにも優れたディフェンダーだ」と、一番にレアル・マドリーのセンターバックの名前を挙げた。
さらに「ブンデスリーガだったらイェロメ・ボアテングとマッツ・フンメルスだね。いつも対戦しているけど、2人とも簡単ではない相手だ」とチームメイトを称讃。「あとは、カルロス・サンブラーノは非常にアグレッシブなセンターバックだったね」と、かつてシャルケやフランクフルトでプレーし、現在バーゼルに所属する29歳ペルー代表DFの名前を挙げた。
レワンドフスキの回答について、『90min』は「ラモスは世界最高のディフェンダーとして考えられているので、多くのプレイヤーが名前を挙げるだろう。だが、間違いなく最も驚くべき答えは、元フランクフルトのサンブラーノだ」と伝えている。

update: 2019年4月6日11:47 pm