ジダンのレアルにリストアップされるレヴァンドフスキ

ジダンが監督になったレアル・マドリー
補強リストにレヴァンドフスキ
しかしレアル移籍はあきらめバイエルンで生きていく
レヴァンドフスキ今更ないだろう

レアル補強候補にレヴァンドフスキ クラブの改革で心境変化
SPORT.es/スポルト

レアル・マドリーの監督、ジネディーヌ・ジダンの新プロジェクトに向けた今夏の補強候補には毎日、新たな名前が浮上している。
『El Espanol』のウェブサイトの報道によると、最近浮上している名前はボルシア ・ドルトムント時代からマドリーの補強リストに名前が載っているバイエルン・ミュンヘンのストライカー、ロベルト・レヴァンドフスキだという。
2014年からバイエルンに所属するこのポーランド人選手は現在、クラブがチャンピオンズリーグのラウンド16敗退を喫した事などもあり、チームを刷新しようとしている事から退団を検討している。
30歳のストライカーはもはや移籍不可な選手ではない。バイエルンはマドリーがレヴァンドフスキ獲得に動いたとしても、そう簡単に手放す事はないとはいえ、戦列を若返らせるために資金を必要としている。
レヴァンドフスキのマドリー移籍は、当時彼と同じ年齢でベルナベウにやって来たファン・ニステル・ローイの移籍を思い出させるだろう。
ファン・ニステル・ローイはラ・リーガで数シーズン素晴らしいパフォーマンスを披露し、2006/07シーズンにはピチチ(得点王)に輝いた。
レヴァンドフスキはジダンがクラブに獲得を強く要求している選手ではないが、ゴールの嗅覚を持つ彼のような選手を戦列に擁する機会を軽視する事はないと思われる。
しかし、バイエルンがレヴァンドフスキを譲渡不可の選手リストから外しているとはいえ、マドリーがこのオペレーションで抱える大きな問題は当然、バイエルンが要求する移籍金の高さとなるだろう。

update: 2019年3月29日11:42 pm