ロッベン、不調の原因わからず

ロッベンのコンディション不調の理由は医者でもわからない
治りそうになるとだめになること2回
ロッベンはかなりまいっている

「正確にはなんの問題か不明」 負傷離脱中のロッベン、回復が進まず苛立ちを吐露
フットボールチャンネル

バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンは、故障により昨年11月末から欠場が続いているが、その状況はもうしばらく続きそうだ。ロッベンを悩ませている問題がどこにあるのか、医師ですら正確には分からない状況だという。ドイツメディア「SPORT BUZZER」などが伝えている。
ロッベンが今季最後にプレーしたのは、昨年11月27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第5節のベンフィカ戦。2ゴールを挙げて大勝に貢献したが、以降はピッチから遠ざかっている。現地時間15日のブンデスリーガ第22節アウクスブルク戦(3-2)も欠場し、19日に行われるリバプールとのCL決勝トーナメント1回戦第1レグも欠場の見通しとなっている。
今季限りで契約満了となるロッベンは試合出場への意欲を見せているが、2月に入って参加した2度の練習は、いずれも途中で切り上げている。公式発表では「大腿部に問題」とされているが、ドイツ紙「ビルト」によれば、実際はどこに問題があるのか、復帰はいつになるのか、医師ですら分からないとロッベンは話しているという。
「僕らはできることはすべてやっている。でも、上手くいっていないというのが現状だ。残念ながらこれが何なのか、正確にはなんの問題なのか不明なんだ」
バイエルンは現在、ブンデスリーガで首位ドルトムントを勝ち点2差で追走中。CLも決勝トーナメントに入り、白熱した戦いが待っている。シーズンが正念場を迎えるなか、スタンドからの観戦を余儀なくされるというのはロッベンにとって歯がゆい状況に違いない。本人も「ものすごくフラストレーションが溜まっている」と告白しており、「今のところ、何も良い結果が出ていない。復帰に近いところまで2度いったけど、再発してしまった」と、回復が進まないことに苛立ちを覚えているようだ。

日本移籍も噂のロッベン、コンディション戻らず苦悩…“原因不明”の欠場続く
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは、コンディションが回復しない理由が分からず苦しんでいるという。独紙『ビルト』が14日付でインタビューを伝えた。
2009年から10シーズンにわたってバイエルンに在籍し、主力として数々のタイトル獲得に大きく貢献してきたロッベン。昨年12月には今季限りでバイエルンを退団することを表明し、ドイツ王者での最後の半年を過ごすことになった。
しかし、それ以来ロッベンはプレーする姿を見せてはいない。11月27日に行われたチャンピオンズリーグのベンフィカ戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたのを最後に、2ヶ月半以上にわたって欠場が続いている。
プレーできるコンディションを取り戻すことができない理由は、ロッベン本人にもバイエルンのメディカルスタッフにも定かではないようだ。「すごくイライラしている。あらゆることを試してきたが、今のところうまくはいかない」とロッベンは自身の現状への不満を吐露した。
「残念ながら、そこが問題だ。何なのか分かっていないんだ。本当に難しい。チームに復帰できそうになったことが2回あったが、そのたびに再発があった」
バイエルン退団後には日本へ移籍する可能性もあると報じられていたロッベン。コンディションが回復しないようであれば、来季以降の去就にも影響が及ぶことになるかもしれない。

update: 2019年2月17日11:41 pm