ロッベン、Jリーグに来るか?

ロッベンがJリーグに
そんな話しが0じゃない時代になった
DAZNによってリーグが潤い
神戸が夢のある補強をしまくり
もしてかしてという雰囲気を出すJリーグ

前からロッベン獲得に動いていたクラブもあるという
ポドルスキーやイニエスタと一緒に超豪華な軍団なるもよし
浦和や名古屋、首都東京のクラブに来るもよし
なんとか古巣のラブコールを振り切って貰いたいが

元オランダ代表ロッベンも!? Jリーグ神戸
東スポweb

超ビッグネームのJリーグ参戦は加速していくのか――。ドイツ1部の名門バイエルン・ミュンヘンで黄金時代を築いた元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)が、2日に今シーズン限りでの退団を正式に表明した。すでに日本行きの動きも取り沙汰されているなか、やはり気になるのは大物外国人を次々と獲得している“あのクラブ”の動向だ。
オランダ代表で長年エースとして活躍したロッベンは、2日のファンミーティング後に「これが(Bミュンヘンで)最後の年になる。クラブは先に進み、私も先に進む」と10年間在籍した名門を今季限りで去ることを明言。「先には進むが、完全にやめるわけではない」と引退はせず、他のクラブで現役を続行する考えを示した。
世界屈指のスター選手だけに、当然退団後の行き先が注目される。34歳という年齢もあり、欧州の主要リーグでプレーを続けるのは難しいのが実情。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」は「MLS(米メジャーリーグサッカー)や、アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが移籍して注目の目的地となっている日本でキャリアを続けることも考えられる」とJリーグ入りの可能性を伝えた。
実は、昨季からロッベンの日本参戦が噂されていた。このときはBミュンヘンと契約を1年延長したため、実現しなかったとみられるが、今回の退団表明を受けてJ1浦和や名古屋など資金力のあるクラブが獲得に動く可能性もささやかれている。とりわけ注目されるのは神戸だろう。
昨季に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)を獲得したのを皮切りに、今夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、さらに1日には同じスペイン代表のエースFWダビド・ビジャ(37)の加入も発表。世界的な大物選手が相次いで入団して話題を呼んでいる。
「イニエスタを獲得してから、神戸には海外の大物選手から多くの売り込みが来ている。まだまだ(大物の加入が)あるんじゃないか」とJクラブの強化担当者が指摘するように、神戸がロッベン獲りに動いても不思議ではない。さらに、同じくBミュンヘンから今季限りで退団する見通しとなった元フランス代表FWフランク・リベリ(35)の動向にも熱視線が注がれそうだ。
神戸は日本の“銀河系軍団”となるのか。はたまた対抗するクラブが現れるのか。Jリーグは来季から外国籍枠を現行の3人から5人に拡大するが、さらなる盛り上がりを見せそうだ。

「中国と中東には行かない」バイエルン退団を決めたロッベンが断言。ではJリーグ参戦の可能性は…
(サッカーダイジェストWeb)

日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。
2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。
来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。
なにを置いても、バイエルンを離れるという決断そのものが痛みを伴ったという。
「本当に難しい選択だったよ。僕のキャリアのなかで一番だったといっても過言ではない。いろんな出来事が走馬灯のように蘇ってね。でももう決めたことさ。残る時間を大切に過ごしたいと思う。先のことかい? 正直に言うよ。プレーを続けるか、引退するか、あらゆるオプションがある。それが事実なんだ」
現役を続ける条件として挙げたのは、“家族の同意”だ。「もし現役を続けるなら100パーセントの確信がなければやらない。ベストを尽くせるか、楽しくやれるかも大事だ」と話したうえで、「それは家族も同じ。妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない。家族はいつもひとつだからね」と説明した。
これはドイツやオランダをはじめとした西欧諸国ではなく、アメリカやアジアという地での新たな生活を意味しているのか。インタビュアーが兼ねてから噂されている中国スーパーリーグからの誘いについて問うと、ロッベンはあっさりとこれを否定した。
「まだなにも決めてはいないけれども、中国あるいは中東のクラブでプレーするというオプションは存在しない。とにかくいまはオープンに物事を考えているよ。いくつかのオファーがあるのは確かだ。よく吟味して、ゆっくり決めたい。といってもあまり時間はないんだけどね」
となると、気になるのがJリーグへの参戦だ。中国と中東は選択肢にないと断言したが、アジア全域を指したわけではない。実際に今春にはJ1の某クラブがロッベン・サイドと接触を図り、かなり良いところまで交渉が進んでいたとの情報もある。オランダの名手のなかで「日本行き」の選択肢は消えていないのかもしれない。
アメリカのスポーツサイト『Bleacher Report』はロッベンのバイエルン退団と新天地について特集を組み、そのなかでJリーグ参戦は現実味のある話だと言及している。
「ロッベンが来シーズンどこでプレーするのかは不透明で、どこを希望しているのかさえ判然としていない。いまだプレーの力強さは健在で、MLS(メジャーリーグサッカー)や日本で現役を続けるのではないか。とりわけ日本は、ここ最近だけでもアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが選択しているリーグで、(ロッベンにとっても)ホットな目的地と言えよう。しかし一方で、彼の長きに渡る怪我の歴史を考慮するならば、どうだろうか。ブーツをかける(引退する)選択が賢明なのかもしれない」

堂安律との共演の可能性も…ロッベンに古巣フローニンゲンがラブコール
フットボールチャンネル

現地時間2日、ロッベンは「今年が最後の年になると言える。それでいいと思う。クラブは前へ進んでいくし、僕も前へ進んでいくだろう。長く素晴らしい時期の終わりだ」と10年間過ごしたバイエルンを去る事を認めた。
そんなロッベンに対し古巣のフローニンゲンが興味を指名しているとオランダ紙『Dagblad Noorden』が報じている。
同紙はフローニンゲンでマネージャーを務めるハンス・ナイラント氏の「アリエンの父であるハンスが日曜日の午後にバイエルン退団を決断した事を私に伝えてきた」とのコメントを掲載している。さらに「次の日にはロッベンにメールを送ったよ。もしアリエンが将来的に何らかの形で我々のクラブに貢献してくれるのであればとても素晴らしい事だ」と同氏は話している。
ロッベンにとってフローニンゲンは2000年にサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた特別なクラブだ。ここからPSV、チェルシー、レアル・マドリーそしてバイエルンとビッグクラブでプレーしてきた。

フローニンゲンには日本代表のMF堂安律がプレーしており今後の状況次第では両者が共演する可能性もあるかもしれない。
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンからの退団を明言したアリエン・ロッベンに、オランダの古巣クラブからラブコールが届いている。
ロッベンはフローニンゲンのユースで育ち、同クラブでプロデビュー。現在、日本代表MF堂安律が所属しているフローニンゲンは、ロッベンにとっては故郷のクラブとしても知られる。それだけに、以前から古巣復帰を匂わせてきたが、今季限りでバイエルンからの退団を明かしたことで、その可能性は高まっている。
フローニンゲンのハンス・ニルラントCEOはオランダ『Dagblad Noorden』で「アリエンがキャリアをフローニンゲンで終えてくれれば、それは究極の夢だろう」と語った。
一方、ロッベンはフローニンゲンでプロデビューすると、わずか2年で国内の強豪クラブPSVへとステップアップ。同クラブもロッベンが思いを寄せる古巣として復帰の可能性が取りざたされている。指揮を執るのはかつてバイエルンでもともにプレーしたマルク・ファン・ボメル。同指揮官はドイツ『tz』で「我々は常に良い選手に興味がある。そしてアリエンは良い選手だ」と語るにとどめた。

update: 2018年12月6日2:18 pm