2018.11.10:バイエルン vs ドルトムント(A) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2018/11/11
最終更新日:2020/04/12
2018.11.10:バイエルン vs ドルトムント(A)

1位のドルトムント vs 3位のバイエルン
ここは勝たなきゃだめだった

対戦相手 11.10:バイエルン vs ドルトムント(A)2-3×
得点 26:レヴァンドフスキ、52:レヴァンドフスキ
GK ノイアー
DF キミッヒ、ボアテング、フンメルス、アラバ
MF マルティネス、ニャブリ、ミュラー、ゴレツカ、リベリー
FW レヴァンドフスキ
交代 65:フンメルス >>> ズーレ、74:ニャブリ >>> サンチェス、82:ミュラー >>> ヴァーグナー
ベンチ ウルライヒ、ラフィーニャ、ハメス、ヴィル

デア・クラシカーに敗れ、5位転落のバイエルン…会長はコバチ監督に「疑問の余地なし」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長は、あくまでもニコ・コバチ監督を支援する姿勢を示している。ドイツ『スカイ』が伝えた。
バイエルンは10日、ブンデスリーガ第11節でドルトムントと対戦した。順位で下回る中、“デア・クラシカー”を迎えたが、2-3と力負け。首位ドルトムントとの勝ち点差は7まで広がり、順位も5位、指揮官への逆風が強まっている。
大一番を落とし、一部選手との不和も報じられるコバチ監督だが、ヘーネス会長は「監督に疑問の余地はない。我々のチームはいいコンディションにある。そして選手たちは監督のためにプレーするのではなく、バイエルンのために戦うんだ」と話した。
さらに、厳しい状況でありながら、冬に補強することはない姿勢を示唆。
「変化の第2ステップは来年の夏。今シーズン、キングスレイ・コマンとコランタン・トリッソはほとんどプレーできていない。ニューカマーとも言える存在だ。15~16人の国際的な選手がいるし、我々は強いチームだ」

ドルトムントがBミュンヘンに逆転勝ち香川ベンチ外 
日刊スポーツ : nikkansports.com

MF香川真司が所属するドルトムントがホームでバイエルン・ミュンヘンを3-2で下し、今季の無敗を守りBミュンヘンに7差をつけた。
2度のビハインドをはね返しての逆転勝ちだった。前半26分に右クロスをFWレバンドフスキに頭で流し込まれて先制されたが、後半4分、FWロイスが相手GKノイアーに倒されて得たPKを自らが右足で決めて追いついた。同7分に再びレバンドフスキに頭で押し込まれて勝ち越しゴールを奪われたが、同22分、ロイスがDFピシュチェクの右クロスを右足ダイレクトで決めて試合を振り出しに戻し、その6分後、カウンターから途中出場のFWアルカセルがMFビツェルのスルーパスにフリーで抜け出し、GKとの1対1を冷静に右足で流し込んで決勝点を決めた。
香川はベンチ入りしなかった。
首位ドルトムントは8勝3分けの勝ち点27。2位ボルシアMGとは4差。3位Bミュンヘンは6勝2分け3敗の勝ち点20。

ドルトムント、宿敵バイエルン撃破 華麗な逆転勝利に監督も興奮「完全にクレイジー」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

ドルトムントとバイエルンによる頂上決戦「デア・クラシカー」が現地時間10日に行われた。常に先行したのはバイエルンだったが、ドイツ代表FWマルコ・ロイスの2得点とスペイン代表FWパコ・アルカセルの決勝ゴールによってホームのドルトムントが3-2で逆転勝利を収めた。ルシアン・ファブレ監督は「完全にクレイジーな試合」と試合を振り返った。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。
前半26分にポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキのヘディングシュートで先制を許したドルトムントだが、後半2分にサンチョのパスから抜け出したロイスがドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに倒されてPKを獲得。これを自ら決めて同点とした。
その5分後に再びレバンドフスキにゴールを許すも、やはり頼りになるのはロイスだ。後半22分、右サイドのポーランド代表DFウカシュ・ピスチェクからの低いクロスをボレーで決めて同点ゴールをゲット。ゴールに対してほぼ直角の軌道でのパスだったが、上手く体を捻りながら、遠いサイドのゴール左隅へシュートを突き刺した。そして同28分には最終ラインの裏に抜け出したアルカセルがGKとの1対1を確実に得点に結びつけ、ドルトムントは逆転に成功。そのまま3-2で勝利を手にした。
両チーム合わせて5得点が乱れ飛ぶ接戦。今季からドルトムントを率いるファブレ監督は「完全にクレイジーな試合だった」と試合を総括。ライバルの強さを称えつつ、苦労してつかんだ勝利の喜びを噛み締めた。
ドルトムント、宿敵バイエルン撃破 華麗な逆転勝利に監督も興奮「完全にクレイジー」
「バイエルンはとても強かった。最初の25分間、我々は支配されていた。ボールを取り返すことができなかったし、できたとしてもすぐに彼らのプレスによって奪い返されてしまった。まるでブーメランのようだった。バイエルンは今季、あらゆる面で昨季よりも強くなっていたと思う。だが、私はあのテンポを維持し続けることはできないと感じたんだ。試合が進み、勝てると感じた。選手のスピリットは本当に素晴らしかった」
ドルトムントはブンデスリーガでの戦績を8勝3分とし、勝ち点27で首位を維持。ファブレ監督の下でリーグ戦無敗も継続している。一方の敗れたバイエルンはドルトムントとの差が7ポイントに広がり、3位となった。

“デア・クラシカー”はドルトムントに軍配! バイエルンに逆転勝利
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

10日、ドイツ・ブンデスリーガ第11節でドルトムントとバイエルンによる“デア・クラシカー”が行われた。
今シーズン、リーグで7年ぶりとなる連敗を喫するなど不調が垣間見えるバイエルンと、公式戦15試合無敗を記録するなど好調ドルトムントが、ドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで相まみえた。
試合はポゼッションのバイエルンと、ショートカウンターのドルトムントという対立的な入り方で進むと、試合を動かしたのはアウェイのバイエルンだった。26分、右サイドからのクロスに反応したはエースのロベルト・レヴァンドフスキ。中央でフリーになると、頭で合わせバイエルンに先制点をもたらした。
その後も素早い攻守の切り替えと安定したボールポゼッションでバイエルンが主導権を握り、1-0で試合を折り返す。ドルトムントは後半開始時にユリアン・ヴァイグルを下げ、マハムド・ダフードを投入した。
すると後半開始わずか3分、サンチョのスルーパスに抜け出したロイスがマヌエル・ノイアーに倒されPKを獲得。これを倒されたロイス自らゴール右へと冷静に沈め、ドルトムントが同点に追いついた。
しかし52分、バイエルンがあっさりと勝ち越す。再び右サイドを崩すと最後はまたもレヴァンドフスキ。キミッヒのチップキックのクロスに最後はエースが頭で押し込みバイエルンが2-1とした。
再び1点ビハインドとなったドルトムント。しかし、ロイスが黙っていなかった。67分、右サイドからの低いクロスにロイスがゴール前でダイレクトで合わせ、ドルトムントが再び試合を振り出しに戻した。
追いついたドルトムントは波に乗ると73分、自陣でジェイドン・サンチョがボールを奪うと、ショートカウンターでパコ・アルカセルが抜け出し、ノイアーとの1対1を冷静に沈めゴール。ドルトムントがあっという間に逆転に成功した。
追いつきたいバイエルンは選手交代で変化をつけるがゴールは遠く。ドルトムントが逃げ切り、重要な一戦で逆転勝利を果たした。
これでドルトムントは勝点を27に伸ばし、首位の座を堅持。バイエルンとの勝ち点差を「7」に広げた。なお、MF香川真司は今節ベンチ外となっている。

バイエルン指揮官コバチ、ドルトムントに逆転負けも「ベストパフォーマンスだった」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのニコ・コバチ監督が、“デア・クラシカー”を落として敗戦の弁を述べた。ドイツ『スカイ』が伝えている。
バイエルンは10日、ブンデスリーガ第11節でドルトムントと対戦。首位のドルトムントを相手にリードを奪いながら、逆転負けを喫して差は7ポイントへと広がった。コバチ監督は試合をこのように振り返っている。
「素晴らしい前半だったが、後半にカウンターを2度受けてしまった。それは起こってはいけないことであり、我々は全体をもっとコンパクトにすべきだった。残念ながら負けてしまったが、シャルケ戦以来我々のベストパフォーマンスだったと思う」
「7ポイント差というのは大きいが、フットボールでは何でも起こりうる」
また、主将のGKマヌエル・ノイアーも「3ポイントを取ることは可能だった。しかし、それを得るためのインテリジェンスを失ってしまっていた」と戦いを悔やんだ。

ドルトムント、絶対王者に逆転勝利。両エース2得点も勢いに差。香川真司は出場せず
フットボールチャンネル

現地時間10日に行われたブンデスリーガ第11節のボルシア・ドルトムント対バイエルン・ミュンヘンは、3-2でホームのドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしていない。
ドイツの絶対王者であるバイエルンと、本来であればそれを追う立場のドルトムント。今季は好調ドルトムントに不振のバイエルンが挑む構図となった。
ただ、試合が始まるとバイエルンが底力を発揮。今季の低調なパフォーマンスとは違い、首位を相手に気持ちの入ったプレーを見せる。
26分、先制したのはアウェイのバイエルン。右サイドのニャブリが鋭いクロスを入れると、ゴール前でフリーとなっていたレバンドフスキが頭で合わせて1-0とした。
しかし、後半に入るとドルトムントが反撃に転じた。49分、スルーパスに抜け出したロイスがGKノイアーとの接触を誘ってPKを獲得。これを自ら決めて同点とする。
その3分後にはレバンドフスキのゴールでバイエルンに再度リードを許すも、59分にパコ・アルカセルを投入して決定機が続いた。
守備の混乱が続いたバイエルンは、軽いプレーが目立ったフンメルスを下げて65分にジューレを入れる。
それでもドルトムントの勢いは止まらない。チャンスを生かし切れないドルトムントだったが、67分に再びロイス。右サイドからのグラウンダーのクロスにうまくダイレクトで合わせて2-2となった。73分には自陣からヴィツェルが出したスルーパスにアルカセルが抜け出してそのままゴール。ドルトムントがこの試合初めてリードを奪う。
その後はドルトムントが優位に進めて1点のリードを維持。3-2で試合終了を迎え、ドルトムントがバイエルンから勝ち点3を手にした。

バイエルンエースの“不敗神話”に終止符。得点した試合では74戦目で初黒星
フットボールチャンネル

ドイツ・ブンデスリーガ第11節の試合が現地時間10日に行われ、ボルシア・ドルトムントとバイエルン・ミュンヘンが対戦。ホームのドルトムントが2度のビハインドから追いつき、最後は逆転して3-2で勝利を収めた。
ブンデスリーガ6連覇中の“絶対王者”バイエルンだが、今季はここまでドルトムントに主役の座を奪われている。ドルトムントが無敗で首位、バイエルンはすでに2敗を喫して3位という状況で対戦を迎えた。
バイエルンはエースのFWロベルト・レバンドフスキの2ゴールで先行するが、そのたびにマルコ・ロイスに同点ゴールを許す展開に。最後は73分、今季からドルトムントに加入して絶好調のFWパコ・アルカセルが決勝ゴールを奪った。
この結果により、レバンドフスキのバイエルンにおける“不敗神話”にも終止符が打たれた。2014年にドルトムントからバイエルンへ移籍して以来、レバンドフスキがリーグ戦でゴールを決めた試合に敗れたのは初めてのことだ。
レバンドフスキはこれまでバイエルンでブンデスリーガ136試合に出場し、そのうち74試合でゴールを記録。これまでの73試合では68勝5分けという圧倒的な成績を残していたが、74試合目にして初めて得点した試合を落とした。

「ハイレベル」ドルトvsバイエルンを独紙高評価
日刊スポーツ : nikkansports.com

香川真司所属の首位ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンに3-2と競り勝ち、リーグ戦無敗を守った。香川はベンチ入りしなかった。
序盤はBミュンヘンが圧倒。前半26分、ニャブリのセンタリングからレバンドフスキが先制点を決めた。後半4分、ドルトムントは自らが倒されて得たPKをロイスが決めて同点に。だが、3分後にはBミュンヘンFWレバンドフスキがこの日2点目を挙げた。同22分にドルトムントはピシュチェクのクロスからロイスがダイレクトボレーで決めて再度同点。そして同28分、カウンターから途中出場のアルカセルが抜け出し、勝ち越しゴールを決めた。
この好ゲームに11日の独紙ビルトは「ブンデスリーガはとても美しく、とてもドラマチックで、とてもクレイジーだ。ドルトムントとBミュンヘンとの激戦はサッカーに必要なすべてがあった。戦い、スピード、ハイレベル、スリリング。両クラブともトップパフォーマンスだった」と報じた。
同紙によると、ドルトムントの主将ロイスは「本当に素晴らしい試合だった。ピッチに立っていて本当に楽しかった」とコメント。ファブレ監督は「ハーフタイムにいくつか修正をした。Bミュンヘンがあのスピードを保ち続けられないことはわかっていた。あれは高すぎた。ボールを保持することができなかった」と分析。ドルトムントはBミュンヘンとの勝ち点差を7に広げた。
BミュンヘンGKノイアーは「僕らはみんな順位表をわかっているし、ドルトムントがどこにいて、僕らがどこにいるかわかっている」と話した。代表取締役のルンメニゲ氏は「ドルトムントは首位。それを受け入れ、リスペクトしなければならない。クリスマスまでに自分たちの連勝を成し遂げ、自分たちのことに取り組まなければ」と話していた。

“スーパーサブ”が逆転V弾!ドルトムントが宿敵バイエルン撃破、デア・クラシカー制して無敗維持
ゲキサカ[講談社]

ブンデスリーガは10日、第11節を行った。ジグナル・イドゥナ・パルクではドルトムントとバイエルンが対戦し、FWパコ・アルカセルの決勝点によりドルトムントが3-2で“デア・クラシカー”を制した。なお、MF香川真司はベンチ入りしなかった。
7勝3分で首位に立つドルトムントと、6勝2分2敗で3位につけるバイエルンによる伝統のダービーマッチは、前半26分にスコアが動く。左右に揺さぶったバイエルンは、右サイドからMFセルジュ・ニャブリが上げたクロスをFWロベルト・レワンドフスキが頭で合わせ、先制点。6連覇中のドイツ王者が先手を取った。
1点ビハインドのドルトムントは後半4分、MFマルコ・ロイスがGKマヌエル・ノイアーに倒されてPKを獲得。これをロイス自らゴール右に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。しかし、バイエルンは7分、PA右深くからFWトーマス・ミュラーがマイナスに折り返すと、ニャブリがヒールでつないでDFジョシュア・キミッヒが浮かしたボールをレワンドフスキが頭で押し込み、2-1と勝ち越した。
今季無敗のドルトムントは、後半14分にMFマリオ・ゲッツェに代えてP・アルカセルを投入。攻勢を強めると、22分に再び追いつく。右サイドからDFルーカス・ピシュチェクが低い弾道のクロスを供給し、ロイスが右足ダイレクトで完璧に合わせて2-2。28分には、カウンターからMFアクセル・ビツェルのパスで抜け出したP・アルカセルがGKノイアーとの1対1を制し、3-2で逆転した。
今夏加入のP・アルカセルは、この試合を含めてリーグ戦6試合に出場も先発はわずか2試合。だが、8ゴールを挙げており、圧倒的な決定力を誇っている。3-2で逃げ切ったドルトムントは8勝3分で首位をキープ。3位バイエルンとの勝ち点差を「7」に広げた。

「病気だった」。フンメルス、ドルトムントとの大一番で体調不良だった事を告白
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表のDFマッツ・フンメルスが体調不良の状態で試合に出場していたことを明かした。
現地時間10日、ブンデスリーガ第11節が行われバイエルンはアウェイとボルシア・ドルトムントと対戦し2-3で敗れた。
この試合でスタメン出場を果たしたフンメルスは65分に交代したが試合後に独メディア『スカイ』のインタビューで「今日は病気だった。とても体調が悪い状態でプレーをする事になった」と明かした。
同メディアでコメンテーターを務めていた元ドイツ代表のローター・マテウス氏は「大事な試合では11人の戦える選手と良いコンディションのプレーヤーが必要だ。(フンメルスと交代でピッチに入った)ニクラス・ズーレは経験はないかもしれないがドイツ代表選手だ。監督の決断には全く理解できない」とニコ・コバチ監督の采配に疑問を投げかけた。
そのコバチ監督は試合後「ニクラスを後半初めから出場させる事も出来たがマッツ(フンメルス)は後半も出場出来ると言った。それ故、我々は彼をピッチに送る決断をした」とコメントしている。
なおバイエルンはフンメルスが交代した直後に同点に追いつかれその後決勝点を入れられ逆転負けを喫してしまった。

古巣戦で精彩欠いたフンメルス「体調が悪かった。監督は僕にプレーを求めていて…」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのDFマッツ・フンメルスは、ドルトムントとの大一番で体調が万全ではなかったようだ。ドイツ『スカイ』が伝えた。
バイエルンは10日に行われたドルトムントとの一戦で2-3と逆転負け。フンメルスは先発したが、2-1と1点リードで迎えた65分に途中交代となった。前半にはミスでマルコ・ロイスの決定機を許し、後半にもジェイドン・サンチョにドリブルの独走を許すなど精細を欠いたことが理由とみられていたが、体調が万全でないことが原因であったようだ。
「体調が悪いと思うのに時間がかかり、プレーでも足を引っ張ってしまった。いつも考えるより体で動けていたが、今日はフィフティ・フィフティだった。監督は僕にプレーすることを求めていて、ハーフタイムにそれを言わなかったことに自分でイライラしている」
試合については「長い時間に渡っていいプレーができていたが、2-2となってからは試合がオープンとなり、カウンターをうまく止められなくなってしまった。コントロールを手放したんだ」と振り返った。
バイエルンは敗れたことで首位のドルトムントとは7ポイント差に。ブンデスリーガ6連覇中の王者だが、今季は苦しい戦いを強いられている。