公開日:2018/10/05

ハメス・ロドリゲス年内に完全移籍へ

ハメス・ロドリゲスの買取オプションを行使し
年内に完全移籍させようと動いている
もうすっかりバイエルンのハメスだと思ってた

バイエルン、年内にハメスの買い取りオプション行使へ…移籍金56億円
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは、2018年中にコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの買い取りオプションを行使する意向のようだ。スペイン紙『マルカ』が26日付で伝えている。
J・ロドリゲスは、2017-18シーズンより2年間のレンタル移籍でレアル・マドリードからバイエルンに加入している。同紙によると、完全移籍への移行には移籍金4200万ユーロ(約55億7300万円)を要すると見られ、バイエルンは支払いの準備を進めているとのことだ。J・ロドリゲスの代理人であるジョルジュ・メンデス氏が近々ドイツに渡り、完全移籍に向けた手続きを進めるという。なお、同紙はバイエルンがJ・ロドリゲスを他クラブに“転売”する可能性について「除外できない」としている。
同選手は昨シーズン、初挑戦のブンデスリーガで23試合出場7ゴールをマークした。移籍2年目の今シーズンは、ここまで4試合の出場で2得点を記録している。

ハメス、バイエルンと年内の完全移籍に向けて交渉開始
SPORT.es/スポルト

バイエルン・ミュンヘンに所属するコロンビア人のスター、ハメス・ロドリゲスは年末までに同クラブでの将来をハッキリさせる予定のようだ。ドイツ紙『Sport Bild』の今週26日(水)の報道によると、同選手の代理人、メンデスは年末までに彼の買取オプションの行使についてバイエルンの幹部達と会談を行う予定だという。
ハメスはレアル・マドリーから今シーズン終了までのローン移籍でバイエルンに加入している。しかし、同クラブは4,200万ユーロ(約55億6,900万円)でハメスを完全移籍で獲得する事ができる買取オプションを有している。バイエルンは買取オプションを行使する意向だが、同紙によると、それは同選手を獲得した後に彼を売却して利益を上げるためという可能性も否定できないという。