公開日:2018/09/01

アンチェロッティ、バイエルンを語る

期待されたが成功しなかったアンチェロッティ
解任されたのは哲学の問題があった、と

アンチェロッティ、バイエルンで失敗の理由は…「彼らは哲学を変えたがらなかった」
(Goal)

ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、古巣であるバイエルン・ミュンヘンについて語っている。
アンチェロッティは昨シーズン、バイエルンでの2年目で途中解任。チャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに0-3と完敗を喫したことが引き金となった。イタリア人指揮官は当時の経験について『DAZN(ダゾーン)』で「少し珍しかった」と話し、このように続けている。
「状況は悪くなかった。(解任された)9月はほとんどの試合に勝っていたわけだからね。哲学の問題があったのだと思う。彼らは変えたがらなかったんだ」
今季からナポリを率いるアンチェロッティは、指揮官にはそれぞれ考えがあるとしながら、選手の特性を考慮することが最も重要であると話した。
「過去に行われた良い部分を捨てることなく、徐々に実装する必要あります。ここナポリで最初に取り込んだのはまさにそういうことだ。良いものを取り除かないことだね。それからいくつか加えようとしている。どれくらいかかるかはわからないけど、早くできるといいね」