公開日:2018/08/28

ルディ、シャルケに移籍

ルディが21億円でシャルケに移籍
やはりバイエルンの中盤でスタメンを張ることは難しく
1年で移籍、出れないならシャルケでCLに出るのもいい

シャルケが独代表ルディをバイエルンから獲得、ロシアW杯にも出場
AFP BB

【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部のシャルケ04(Schalke04)は27日、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)からMFセバスティアン・ルディ(Sebastian Rudy)を獲得したと発表した。
28歳のルディの移籍金は1600万ユーロ(約20億円)と報じられており、契約期間は4年となる。
ルディは昨年8月、1989ホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)からフリーでバイエルンに加入したばかりであり、同クラブと2020年までの契約を結んでいたが、出場機会が少ないことに不満を募らせていた。
シャルケのドメニコ・テデスコ(Domenico Tedesco)監督は「素晴らしい技術力と真のサッカーIQを兼ね備え、代表の舞台でその才能をすでに証明している選手をわれわれは迎え入れる」とコメントした。
ルディはドイツ代表として26試合に出場しており、W杯ロシア大会(2018 World Cup)でグループステージ敗退となったドイツ代表の登録メンバーの一人でもあった。
シャルケは昨季のブンデスリーガ1部でバイエルンに次ぐ2位となり、今シーズンは欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)に出場することになっている。【翻訳編集】 AFPBB News

シャルケ、独代表ルディ獲得へ…移籍金約21億円でバイエルンと基本合意
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンに所属するドイツ代表MFセバスティアン・ルディが、シャルケへ完全移籍で加入することで合意に至ったようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が27日に報じている。
同誌はドイツ紙『Der Westen』の報道を引用し、両クラブがルディの移籍で基本合意に達したと伝えた。移籍金は1600万ユーロ(約20億7000万円)で、移籍手続きは選手自身のサインを残すのみとなっているようだ。
なおルディについては23日付のドイツ誌『Kicker』日本語版が、ライプツィヒ移籍の可能性が消滅したと報道。同クラブとバイエルンが21日に交渉を行ったものの、破談に終わったと伝えられていた。
24日に行われたブンデスリーガ第1節のホッフェンハイム戦を、観客席から観戦したルディ。去就に注目が集まっていたが、シャルケ移籍が決定的となった。
ルディは1990年生まれの28歳。シュトゥットガルトの下部組織出身で、2008年にプロデビューを果たした。2010年夏からホッフェンハイムに所属。各年代別のドイツ代表、そしてA代表にも名を連ねている。ユーロ2016では候補メンバーに選出されたが、本大会には招集されなかった。昨年夏にバイエルンへ加入して2020年までの契約を締結したものの、出場機会の確保に苦しんだ。昨シーズンはブンデスリーガで25試合に出場して1得点を挙げたものの、先発出場は16試合だった。

バイエルン退団明言のルディ、新天地はシャルケに決定…21億円で移籍成立
(Goal)

シャルケは、バイエルン・ミュンヘンからドイツ代表MFセバスティアン・ルディを獲得した。
人員整理を進めるバイエルンは今夏、バルセロナにアルトゥーロ・ビダルを売却。さらなる放出を示唆するクラブはルディをその筆頭とすると考えられていた。同選手自身も先日、ドイツ『キッカー』に対して「残留する可能性はごくわずか」と退団を明言した。
そして27日、シャルケとバイエルンはルディの移籍で合意。報道によると発生する移籍金は1600万ユーロ(約21億円)で、クラブと選手は2022年までの4年契約を締結した。今夏、バイエルンに新天地を求めたレオン・ゴレツカと入れ替わる形でルディのシャルケ行きが決まっている。
移籍が決定したルディは、シャルケの公式ウェブサイトで「クラブが目指している方向性に感銘を受け、その一員として携わりたい。シャルケのファンとその素晴らしい雰囲気の中でプレーできることを楽しみにしている」と抱負を述べた。
昨夏にホッフェンハイムからバイエルンに移籍したルディは全公式戦35試合に出場して1ゴールを記録。ドイツ代表としても26キャップを誇る同選手は、ゴレツカやマックス・マイヤーが抜けたシャルケで13番を背負ってプレーすることになる。

シャルケ、バイエルンの独代表ルディ獲得を発表…4年契約を締結
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンに所属するドイツ代表MFセバスティアン・ルディが、シャルケへ完全移籍で加入することが決まった。27日に両クラブが発表した。
ルディはシャルケと2022年6月30日までの4年契約を締結。新天地での背番号は「13」に決まった。移籍金は発表されていないが、27日付のドイツ誌『Kicker』日本語版によれば、1600万ユーロ(約20億7000万円)と推定されている。
ルディの加入にあたり、シャルケのドメニコ・テデスコ監督は「セバスティアンをここシャルケに迎え入れることができて、我々は非常に嬉しく思っている。彼は国内外の経験が豊富で、インテリジェンスとテクニカルな部分での長所をチームにもたらしてくれるはずだ」と、歓迎のコメントを残している。
またルディは「このクラブの精神性を信頼しているし、その一部になりたいんだ。シャルケのファン、あの雰囲気を楽しみにしているよ」とコメントしている。
ルディは1990年生まれの28歳。シュトゥットガルトの下部組織出身で、2008年にプロデビューを果たした。2010年夏からホッフェンハイムに所属。各年代別のドイツ代表、そしてA代表にも名を連ねている。ユーロ2016では候補メンバーに選出されたが、本大会には招集されなかった。昨年夏にバイエルンへ加入して2020年までの契約を締結したものの、出場機会の確保に苦しんだ。昨シーズンはブンデスリーガで25試合に出場して1得点を挙げたものの、先発出場は16試合だった。

ドイツ代表MFルディ、バイエルン退団を明言「残留する可能性はごくわずか」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表MFセバスティアン・ルディが、ついに自身の口で退団が濃厚であることを認めた。
バイエルンは今夏、中盤の人員を整理中。ドイツ代表MFレオン・ゴレツカが加わったこともあり、アルトゥーロ・ビダルをバルセロナへと放出。なおもハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOはMFを放出することを示唆しており、中でもルディはその筆頭として首脳陣は以前から慰留する予定がないことをほのめかしていた。
ルディにはシャルケやRBライプツィヒといった有力クラブが興味。以前まで、ルディは残留を第一希望としていたが、ドイツ誌『キッカー』に対して「僕にとって残留する可能性はごくわずかだ。どこか次へ向かうという明確な考えがある。まあ見てみようじゃないか」とコメントし、移籍を示唆している。
新天地はシャルケとみられ、2000万ユーロ(約25億8000万円)の移籍金が発生する模様。完全移籍か、買い取り義務付きのレンタル移籍になるかが焦点になっているようだ。
ルディは昨シーズン、バイエルン加入1年目で公式戦35試合に出場。しかし、その大半が途中出場によるもので、絶対的な主力とはならなかった。契約は2020年まで残すが、どのような決着が待っているのだろうか。