レヴァンドフスキ残留、キミッヒが正しいことを言う

代理人を変えてマドリードに行かせたり
プレミアに行く噂が流れたり
バイエルンでは孤独だったと言ってみたり
ワールドカップでもチームにダメだししたりしながら
結局バイエルンに残留

キミッヒはレヴァンドフスキをみんなでサポートしているから
彼も得点を挙げ続けている、と。
本当に自分だけなんだよな、レヴァンドフスキ
ここがわからなければまた孤独だったとか言いいそうでめんどくさいが
なんとかのせて得点があればいいか・・・

キミッヒ、残留宣言のレヴァンドフスキに注文「彼からの僕たちに対する評価もないと」
(Goal)

今夏、去就が騒がれたバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキはついに残留を宣言。同僚のヨシュア・キミッヒはその存在の重要性を語りつつ、同FWへの注文を口にした。
移籍を望んでいたレヴァンドフスキだが、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューではその理由について、「(昨シーズンの終盤)2、3試合重要な試合で点が取れず、『レヴァンドフスキなら自由に叩いていい』というような感じになったんだ。誰も僕の近くにはいなかったし、クラブも守ってくれなかった」と当時の心境を語った。
だが、エースはブンデスリーガ開幕を前に「ただ、今はバイエルンにハートが戻った」とその考えを変えたとのこと。「新監督のニコ・コバチとは本当に良い対話ができている。彼は僕が何を感じているのか理解している。チームや僕がどのようにプレーすべきかアイディアを伝えてくれるし、満足している」と新監督の言葉やプレシーズンでの「ファンの温かい声援」が心を入れ替えることにつながったと話している。
そんなチームメイトの残留宣言について、22日の記者会見でキミッヒは以下のようなコメントを残した。『シュポルト1』が伝えている。
「ロベルトは、彼が僕たちにとっていかに重要なのか知っているはずだ。彼がチームにいることにより、(リーグ戦)30ゴールは保証されるんだ。まあ、昨シーズンは29ゴールしか決めてくれなかったけどね。ガッカリしたよ(笑)」
「でも彼は後方でボールを拾いながら1人でドリブルで駆け上がり、ゴールを決め続けているわけではないことも見てほしい。彼には毎年ゴールを挙げ続けるするためにサポートしているチームメイトたちがいるんだ。僕たちが彼を評価するだけではなく、彼の僕たちに対する評価もなければいけないんだ」
レヴァンドフスキがクラブからの評価を感じていなかったことについても触れている。
「どこで働くにしても評価は大事なテーマ。だが、サッカー界での評価は必ずしも公に語られなければならないものではない。ロベルトが、それが足りなかったと言うのなら、もちろんそう信じざるを得ないけどね」

「孤独だった」 バイエルンFWレバンドフスキ、苦境での心境告白「別れを望んでいた」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは今夏、レアル・マドリードへ移籍と噂されたが合意には至らなかった。同選手が改めて“バイエルン愛”を語ったと、ドイツ紙「ビルト」が報じている。
昨季、レバンドフスキは公式戦通算179試合に出場し、155ゴールを記録。ブンデスリーガでは30試合で29ゴールを挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。その一方で、重要な試合の時に良いパフォーマンスが披露できず、ドイツメディアから批判を受けることも度々あった。
「4月と5月は、ひどく非難された。重要な2、3試合でゴールを決められなかったんだ。私は孤独だった。クラブも、監督らでさえも誰も守ってくれなかったし、まだ初シーズンで信頼されていない選手のような気分だった」と明かすレバンドフスキ。ストライカーの心はクラブから離れ始めていたという。「だから、その時は別れを望んでいたんだ」と当時の心境を口にしている。
だが、ファンのサポートもあり、最終的にバイエルンと2021年まで契約を延長することを決断。「バイエルンを再び愛することができた。彼らがまだここで私を必要としているんだと気がついたんだ」と思いを新たにしている。
「もう二度とストライキはしない。クラブを悲しませることもしない。他のリーグのことは全く考えてない」
そう断言した不動のストライカーは、新シーズンのフル稼働とチームへの絶対的な忠誠を誓っている。

レバンドフスキのバイエルン残留の経緯をコバチ監督が明かす。ボアテングらの去就にも言及
(SOCCER DIGEST Web)
レバンドフスキのバイエルン残留の経緯をコバチ監督が明かす。ボアテングらの去就にも言及

ブンデスリーガは8月24日(現地時間)、王者バイエルンとホッフェンハイムの一戦で幕を開ける。バイエルンのニコ・コバチ新監督にとっては、新天地での大事な初戦だ。
今シーズンから指揮を執るコバチ監督にとって大きかったのは、昨シーズン終了後に移籍の意向を示したロベルト・レバンドフスキが残留したことだろう。指揮官はエースと誠心誠意で話し合いながら、チームに残るよう説得したという。
「ESPN」によると、コバチ監督は会見で「私たちは非常に気持ちの入った話をした」と述べた。
「(結果が出ない時に“標的”にされるという)彼の懸念は理解できる。誤解されていると感じていたんだ。私も現役時代にそうだったから分かる。我々はオープンに、誠実に話し合った。何も隠さず、仮面をつけず、面と向かって話した。将来、一緒に成功を楽しむための問題を解決する上で、それが最善策なんだ」
コバチ監督は「誰だって、認めてもらい、支えてもらうことを必要とする。ロベルトはそれがないと感じていたと言ったんだ」と続けている。
「だが、今の彼はフレッシュで、モチベーションに溢れている。しっかり練習し、素晴らしいプレーでゴールも決めてくれた。彼はクラブのために全力を尽くすと信じている。私は楽しみにしているよ。クラブ、ファンも、チーム全体も同じだ」
一方で、去就が騒がれるセバスティアン・ルディ、ファン・ベルナト、ジェローム・ボアテングについて、コバチ監督は「3人とも移籍しなかったら嬉しい」と、残留を望んでいると述べた。
「我々は今シーズン、4つの大会を戦うことを忘れてはいけない。移動も選手たちを消耗させる。チームがこのままだったら、私はとても嬉しい。ルディが残るなら、彼は他の選手たちと同じように、出場機会を競う。移籍することになったら、それでも彼はとても良い選手だ」

update: 2018年8月24日11:21 pm