レヴァンドフスキまだ移籍する気あり

レアル・マドリーに移籍したいレヴァンドフスキ
ワールドカップでも活躍できず
レアルもバイエルンの関係と金額から強引に来ることもなく
微妙なレヴァンドフスキ
ニコ・コバチ新監督は必要だ、と
まあここまでぐちゃぐちゃやっているとちゃんと活躍できるか心配だし
こんなことずっとやってて愛されないって言ってもなんだか

レヴァンドフスキ、C・ロナウド退団のレアル・マドリー移籍を熱望…バイエルンは会長が放出を断固否定
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリーへの移籍を熱望しているようだ。29日付のスペイン『マルカ』が1面で報じている。
同紙によれば、レアル・マドリーは今年1月にレヴァンドフスキの代理人ピナ・ザハディから同選手獲得の逆オファーを受け取っていた。レヴァンンドフスキのレアル・マドリー加入を熱望する気持ちは、今夏に入っても変わっていないという。
対してレアル・マドリーは、適切な移籍金で獲得を実現できるならば逆オファーをに応じる構えだが、しかしバイエルンとの良好な関係を壊すことは望んでいない様子。一方バイエルンはレヴァンドフスキ側からすでに退団を希望する意思を伝えられたものの、ウリ・ヘーネス会長が2021年6月まで契約を結ぶ同選手の放出に断固として反対しているとのことだ。

「いまだレアル移籍を夢見ている」 レバンドフスキ加入の可能性消えずと現地紙指摘
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、やはりスペインの首都へ渡ることを望んでいるのだろうか。スペイン紙「マルカ」は、このブンデスリーガ得点王が「いまだにレアル・マドリード移籍を夢見ている」と報じた。
今夏に30歳を迎える世界屈指の点取り屋、レバンドフスキ。以前からレアルへの移籍がメディアの間で噂されては、それが否定されるという繰り返しで実際に交渉が行われている様子はなかった。
本人も以前、否定的なコメントを出していたが、「マルカ」紙は「レバンドフスキがレアル・マドリード移籍を夢見続けている」と指摘する。今でも“銀河系軍団”への加入の夢を捨てきれていないという。
バイエルンは2021年まで契約を残すストライカーの売却を望んでいないと伝えられているが、レバンドフスキは今年に入り、代理人を10年付き添ったツェザリー・クチャルスキー氏からピニ・ザハーニ氏へ変更。その頃から移籍の噂が過熱していた。
レアルとバイエルン・ミュンヘンと言えば、過去にオランダ代表FWアリエン・ロッベンやコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなどの取引を行うなど、良好な関係を築いている。レアルとしても、その関係を崩すような強引な手法を取ることは望んでいないため、適切な価格での獲得を望んでいるという。

バイエルン指揮官コバチ、レヴァンドフスキの残留を断言「手放したくない」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンを率いるニコ・コバチ監督はFWロベルト・レヴァンドフスキについて退団することはないとの見通しを示している。ドイツ『スカイ』が報じた。
先日、レヴァンンドフスキのレアル・マドリー加入を熱望する気持ちは、今夏に入っても変わっていないと報道。今年1月には、レアル・マドリーはレヴァンドフスキの代理人ピナ・ザハディから同選手獲得の逆オファーを受け取っていたという。
退団を直訴しているともされるエースだが、コバチ監督は「出ていくことはない」と断言している。
「ロベルトに関して新しいことは何もない。我々は彼を手放したくはないし、このクラブを離れることはないのは明らかだからね。彼とともに多くのことを成し遂げたい。ブンデスリーガで多くの得点を挙げ、様々な偉業を達成してきた素晴らしい選手だ。新シーズンも多くのゴールを挙げてくれるだろう」
続けて、「ロベルトには契約が残っているし、どれくらい長くかはわからないが、可能な限り長くここに残るだろう」と自身の見解を述べている。

「出ていくはずがない」…コヴァチ監督、レヴァンドフスキの退団を否定
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンのニコ・コヴァチ監督が、退団が噂されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの去就について言及した。ドイツメディア『スカイ』が29日付で報じた。
レヴァンンドフスキは、バイエルンの退団を望んでいるのではないかと伝えられている。一部報道では、クラブ首脳陣に退団を直訴し、トランスファーリクエストを出しているともいわれているエースをめぐって、移籍の噂が過熱している。
しかし、今夏新たにバイエルンの指揮官に就任したコヴァチ監督は激化するレヴァンドフスキの移籍報道を一蹴。次のようにコメントし、完全否定している。
「ロベルトに関して新しい情報は何もない。我々は彼を手放したくはないし、彼がこのクラブを出ていくはずがないのは明らかだからね。彼とともにここで多くのことを達成したい。ブンデスリーガで多くの得点を記録し、素晴らしい結果を残してきた偉大な選手だ。新シーズンも多くのゴールを期待したいね。彼には契約が残っているし、期間はわからないが、できる限り長くここに残ってくれるだろうね」

バイエルン監督、主軸レバンドフスキのレアル移籍を否定 「出ていかないのは明らか」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

今年8月に30歳となり、クラブとの契約も2021年まで残しているレバンドフスキ。レアルへの移籍は毎年のように噂されているが、実現には至っていない。先日、スペイン紙「マルカ」ではレバンドフスキは今でもレアル移籍を夢見ていると報じたばかりだ。
しかし、今季からバイエルンを率いるコバチ監督は衛星放送「スカイ・ドイツ」の取材に対し、エース放出の可能性を全否定した。
「ロベルトに関して新しいことは何も起きていない。彼がこのクラブから出ていかないのは明らかなこと。彼はトップストライカーであり、我々が彼を放棄することも、手放すこともない」
「我々は彼とともに成功をつかみたい」
ドルトムント時代に一度、そしてバイエルンでも二度の得点王を獲得指しているレバンドフスキ。指揮官は全幅の信頼を寄せ、放出はありえないと強調した。
「我々は彼とともに成功をつかみたい。彼はブンデスリーガで成功を収めた偉大なフットボーラー。これまでに多くのゴールを決めてきたし、新シーズンも多くのゴールを決めてくれるだろう」

レヴァンドフスキはバイエルンから愛されていないと感じている
SPORT.es/スポルト

雑誌『Sport Bild』の報道によると、ポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキは所属先のバイエルン・ミュンヘンからのサポート不足を感じているという。
同報道によると、レヴァンドフスキは最近4シーズン、バイエルンが欧州チャンピオンズリーグ(CL)を勝ち取れていない事についてドイツでは自分が失敗の象徴の1人とされていると感じているという。
クラブはこれまでも度々、レヴァンドフスキを手放さない意向を表明しているが、その際にクラブはチームにとってのレヴァンドフスキの重要性よりも、バイエルンが選手を売るチームではないからと主張している。
また元選手達がビッグマッチでの彼のパフォーマンスの物足りなさを非難した際もクラブがレヴァンドフスキを擁護する事はなかった。
レヴァンドフスキはバイエルンと2021年まで契約を結んでいるにも関わらず、ここ数年移籍の噂が絶えない。
さらにレヴァンドフスキは移籍に向けて準備するために代理人を変更しているが、今日までバイエルンは移籍を容認しない姿勢を貫いている。

昔からバイエルンの選手を欲しがるマンチェスター・ユナイテッドも参戦
マンU、FWレヴァンドフスキに対し高額オファー提示か…移籍金は約100億円
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Uはバイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの獲得を狙っている。イギリス紙『スター』が29日に報じた。
レヴァンドフスキは数ヶ月前に代理人を変更し、バイエルン退団を図り始めた。さらに、現在同選手の代理人を務めるピニ・ザハヴィ氏は、マンチェスター・Uと強いつながりを持っていると伝えられている。
バイエルンはレヴァンドフスキに対して移籍金として7000万ポンド(約100億円)以上のオファーを要求している模様だ。それ以下の金額の場合、売却を検討すらしない認識を表明。マンチェスター・Uは資金調達のためにアルゼンチン代表DFマルコス・ロホや、イタリア人DFマッテオ・ダルミアンの売却を図っている。
一方、レアル・マドリードもレヴァンドフスキの獲得に動いているとのこと。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス移籍を受けて、世界トップクラスの攻撃陣の獲得を望んでいる模様だ。

update: 2018年7月30日11:15 pm