公開日:2018/06/28

ドイツ代表まさかの1次リーグ敗退

韓国にまさかの0-2で敗北
これで1次リーグ
ひとつのサイクルが終わったか

2点目はノイアーが攻めに行き
前でボールをろられがら空きのゴールに入れられるという
やっちまった失点

1位:スウェーデン
2位:メキシコ
3位:韓国
4位:ドイツ

この順位を誰が予想できたか?

ミュラー、衝撃のW杯GL敗退に「最下位で去るのは恥ずかしい。返す言葉もない」
(Goal)

27日に行われたロシア・ワールドカップのグループF最終戦で、ドイツは韓国と対戦。ベスト16進出のためには勝利が必要だったが、韓国守備陣からゴールを奪えず。すると後半アディショナルタイムに2失点を喫して万万事休す。前回大会王者のグループリーグ敗退が決まった。
過去2大会で10得点を挙げるなどW杯と相性の良いミュラーだったが、63分に投入されるもチームを救うゴールを奪えず。無得点で大会を去ることとなった。試合後、失望を隠しきなかったようだ。
「僕たちは深く失望し、この結果にショックを受けている。責任を感じてもいるし、グループ最下位で敗退が決まったことを恥ずかしく思うよ」
「この3試合で2得点だけに終わり、毎試合相手にゴールを与えてしまった。今、この結果や僕たちについて何を言われようと返す言葉もない。今後について今何も言えない。ただ、最初からやり直さなければならない。試合の直後だからひどく感情的になっている」
また、今大会での自身のパフォーマンスについて問われ「今は何も言えない。求められていたゴールを1度も挙げられなかった」と話したミュラーは、代表での去就について「僕は28歳で、直後に引退を発表したりはしない。君たちがその質問を僕にしても、僕にはわからないとしか言えない」と明言を避けた。

ドイツDFフンメルス、まさかのGL敗退に呆然「言葉を見つけるのは難しい。悲しい夜だ」
(Goal)

マッツ・フンメルスは、試合後ドイツ『ZDF』に対し落胆のコメントを残した。
「言葉を見つけるのは非常に難しい……。今日も最後まで信じていた。0-1となったあとも勝利を目指したけど、ゴールを奪えなかった。チャンスはたくさんあったと思う。自分も86分、87分にチャンスを迎えた。あれは決めなければいけなかった。チャンスを決めなかったことが敗因だった」
「今日は簡単ではなかった。今回のW杯では、簡単にグループを突破できるチームなんてほとんど存在しないことが証明された。ベルギーやイングランドを除く優勝候補は苦しんでいる。“小国”と言われるチームがとても良い守備をしてきた」
メキシコに0-1と敗れた初戦の後、チームの守備意識に不満を示していたフンメルス。その指摘はわかってもらえたとしつつ、冷静さを失ってしまったと嘆いている。
「みんなと話したし、カバーリングに関しては改善できていた。ボールキープも良くなったよ。今日もできていたけど、65分ぐらいから冷静さを失い、みんな決められたポジションを離れてしまった。それで狂ってしまい、カウンターをくらったね。信じられないほどのカウンターをね。なんとか阻止できていたんだけど……そこで組織が壊れてしまった」
「これから話し合わなければいけない課題は何ポイントかある。ここでは話したくない。ただ、僕たちが最後に良い試合を見せたのは2017年の秋かな。かなり前の試合だ」
「僕たちにとって、本当に悲しい夜だ」

「責任は私に」敗退の前回王者ドイツ…レーヴ監督が辞任を示唆
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループステージ敗退を受け、辞任を示唆した。ドイツメディア『FAZ』が伝えている。
ドイツは27日、グループF最終節で韓国代表と対戦した。ドイツは序盤から攻め立てるもののゴールを奪えず。一方で韓国は、少ないチャンスをものにした。その結果、試合は2-0で韓国の勝利。ドイツはグループ最下位に転落し、グループステージ敗退が決定した。
ドイツ代表との契約を2022年のカタール・ワールドカップまで延長したばかりのレーヴ監督。試合前は結果に関わらず指揮官を続投することを示唆していたが、試合後のインタビューでは一転し意気消沈。今大会後の辞任を示唆した。
「ドイツサッカーのすべてを、我々はすべてを失った。ここ数年様々なことを築いてきたが、この結果は私に責任がある」
「今一度(監督続投に関して)自分自身に問いかけなければならない。まず一晩寝るよ。とにかく試合直後の今は挫折し、失望している。この結果を想像することはできなかった」

元代表GKカーンがドイツに苦言「全くもって理解に苦しむ」
ゲキサカ[講談社]

元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏が、ロシアW杯でグループリーグ敗退の憂き目に遭った同国代表に苦言を呈している。ドイツ『キッカー』が伝えた。
前回大会の王者ドイツは勝てば決勝トーナメント進出が決まる状況で最終節の韓国戦を迎えたが、無得点のまま時間が経過。後半アディショナルタイムに2失点を喫し、0-2の敗戦によりグループリーグで姿を消すことになった。
過去4度の優勝を誇るドイツにとっては初のグループリーグ敗退という歴史に残る汚点。カーン氏は「代表のユニフォームの袖を通すという意味は、非常に重いものだ。そもそもこのチームに根幹となるものが見受けられない」と糺弾している。
そして「最後の試合になるかもしれない危機的状況のなかで、あんなにも人間味のない無機質な姿で、プレーをし続けていたことは全くもって理解に苦しむよ」と、戦う姿勢を感じられなかったと嘆いた。