ミュラーが退団するかも、というコメント

ミュラーが退団を示唆という記事
しかし“違う仕事は魅力的”
”状況が変わればなんでも起こりうる”
とそうとればそうだがレベルのコメント

バイエルン一筋のミュラー、退団を示唆「違う仕事は面白くて魅力的」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、同クラブ退団を示唆した。3日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。
ミュラーにはマンチェスター・Uが関心を寄せていることが報じられているが、バイエルンとの契約は2021年6月30日までとなっており、移籍の可能性は低いと見られていた。しかし、プロデビューからバイエルン一筋でプレーを続けている同選手は、今夏に新しい挑戦が必要となることもあると語った。
「違う仕事は確かに面白くて魅力的だ。基本的にバイエルンから出て行くということは非常に難しいことだ。今、他のことを考えているわけではない。だが、状況が変われば、なんでも起こり得る」
現在28歳のミュラーは、10歳でバイエルンの下部組織に入団後、これまでバイエルン一筋でプレーを続けている。7度のブンデスリーガ制覇や、チャンピオンズリーグ制覇など、数多くのタイトル獲得に貢献。17-18シーズンは、公式戦45試合に出場し、15ゴール18アシストを記録した。

ミュラー、バイエルン退団をほのめかす?「興味深く魅力的なタスク」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、将来的な退団を匂わせている。ドイツ紙『ヴェルト』が報じた。
下部組織からバイエルンで育ち、ここまでのプロキャリアを全て捧げているミュラー。契約は2021年まで残しているものの、移籍市場が開くと、しばしばうわさが湧き立ち、マンチェスター・ユナイテッドが熱心な興味を示すと伝えられる。
ミュラーは移籍の可能性について「もう一つのタスクは確かに興味深く魅力的だよ。状況が異なれば、多くのことが起こりうるだろう」と前向きな様子を見せる。
一方で、バイエルンへの愛も公言し、「基本的に、バイエルンから離れるという決断をするのは難しい。今現在は、そういったことは全く考えていないよ」と話している。

update: 2018年6月3日11:16 pm