ロッベン、契約延長 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2018/05/13
ロッベン、契約延長

ロッベンがリベリーに続いて1年の契約延長
ラフィーニャも延長する
焦ったり、引退を考えたりだったが1年契約延長で
リベリー、ロッベンの最強サイドがまだ見られる
35歳、34歳になってもまだまだ強烈なロッベン、リベリー

バイエルンが10番ロッベン&ラフィーニャと1年契約延長「来季のプランにおいて重要な選手」
ゲキサカ[講談社]

バイエルンは11日、MFアリエン・ロッベン(34)とDFラフィーニャ(32)が契約延長で合意したことを発表した。両選手とも今夏に期限を迎える予定だったが、新たに2019年6月30日まで1年間延長。2選手は数日中に契約書にサインをするという。
ロッベンは2009年にレアル・マドリーからバイエルンに移籍し、これまで7回のブンデスリーガ優勝、4回のDFBポカール(ドイツ国内杯)優勝を経験している。また、2012-13シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝ではドルトムントを相手に決勝ゴールを挙げ、2-1の勝利に大きく貢献した。
一方、ブラジル代表のラフィーニャは2011年からバイエルンに所属。過去に6回のブンデス優勝、3回のDFBポカール優勝、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に寄与している。
スポーツディレクター(SD)のハサン・サリハミジッチ氏はクラブ公式サイトを通じて「ふさわしい価値を持つ選手との契約を1年延長できたことを大変嬉しく思う」と喜びを表し、「アリエン・ロッベンもラフィーニャも、来季の我々のプランにおいて重要な選手だ」と期待を込めて語った。

34歳ロッベン、バイエルン10年目へ契約延長。ラフィーニャも新契約合意
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンは11日、同クラブ所属のFWアリエン・ロッベンおよびDFラフィーニャがクラブとの契約を1年間延長することが合意に達したと発表した。
ロッベンとラフィーニャの現在の契約はともに今季末までで満了。新たな契約は2019年6月30日までとなる。数日中には新たな契約に正式にサインを交わす予定とのことだ。
「非常に評価の高い選手たちとの契約延長が合意できて嬉しく思う。アリエン・ロッベンもラフィーニャも、我々の来季のプランの中で重要な役割を演じることになる」とバイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は公式サイトでコメントしている。
現在34歳のロッベンは2009年にレアル・マドリーから加入。これまで9シーズンで7回のブンデスリーガ優勝や、2013年チャンピオンズリーグ優勝などに貢献してきた。来季でバイエルンでの10年目を迎える。
32歳のラフィーニャは2011年にジェノアからバイエルンに加入。契約延長が先週発表された35歳のフランク・リベリも含め、長年バイエルンを支え続けてきたベテラン選手たちが来季も引き続きプレーすることになる。

ロッベンとラフィーニャがバイエルンとの契約延長に合意
AFP BB

【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部王者のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は11日、アリエン・ロッベン(Arjen Robben)とラフィーニャ(Rafinha)の両ベテランが1年の契約延長に合意したと発表した。
先週、35歳のフランク・リベリ(Franck Ribery)が新たに1年契約を結んだバイエルンだが、34歳のロッベンと32歳のラフィーニャも数日以内にサインをすることになるとみられている。
2009年にスペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)から加入したロッベンは、他クラブからのオファーも検討していたと報じられていたが、バイエルンで10年目を迎えることになる。
ロッベンはバイエルンで通算290試合に出場し、リーグ戦7度の優勝を果たしている。一方でラフィーニャは2011年にライバルのシャルケ04(Schalke04)から移籍し、通算239試合に出場している。

ロッベンとラフィーニャ、バイエルン残留決定…2019年まで契約を延長
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは11日、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンとブラジル代表DFラフィーニャと、共に2019年6月までの1年間の契約延長に合意したことを発表した。
2009-10シーズンに加入以来、長年に渡ってバイエルンの栄光を支えてきた現在34歳のロッベン。これまで7度のブンデスリーガ優勝と、4度のDFBポカール優勝、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝も経験している。また、2011年7月に同クラブに加入した現在32歳のラフィーニャは、6度のブンデスリーガ優勝と、3度のDFBポカール優勝、そして2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ優勝も経験している。
ロッベンは今シーズン公式戦34試合に出場し7ゴール12アシスト、ラフィーニャは38試合に出場し1ゴール4アシストをそれぞれ記録している。
バイエルンのスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏が、同クラブの公式HPで両選手の契約延長について次のようにコメントした。
「ふさわしい価値を持つ選手との契約を1年延長できたことを大変嬉しく思う。アリエン・ロッベンもラフィーニャも、来シーズンの我々のプランにおいて重要な選手だ」
なお、両選手共に、正式なサインはまだ行っておらず、近日中に契約は締結されることも併せて発表されている。

バイエルン、34歳ロッベンらと1年契約延長
日刊スポーツ : nikkansports.com

バイエルン・ミュンヘンは11日、FWロッベン(34)とDFラフィーニャ(32)との契約を1年延長すると発表した。
ともに今夏で契約が切れることになっていたが、19年6月30日までの1年契約で合意した。数日中に契約書にサインする予定。
サリハミジッチ・スポーツ・ディレクターは「ふさわしい価値を持つ選手との契約を1年延長できたことを大変嬉しく思う。アリエン・ロッベンもラフィーニャも、来シーズンの我々のプランにおいて重要な選手だ」と公式サイトでコメントした。
ロッベンは09年にレアル・マドリードから移籍。リーグ優勝7回、ドイツ杯優勝4回を経験。13年には欧州チャンピオンズリーグ決勝で決勝点を挙げて優勝に貢献した。ラフィーニャは11年にジェノアから移籍。リーグ優勝6回、ドイツ杯優勝3回、欧州チャンピオンズリーグ優勝1回。

バイエルン、今後も“ロベリ―“はともにプレー…リベリに続きロッベンらとも契約延長へ
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンは11日、アリエン・ロッベン(34)とラフィーニャ(32)との契約を延長することで合意したことを発表。それぞれの新契約は2019年までとなっている。
先日、MFフランク・リベリ(35)とも契約延長に至ったばかりのバイエルンは、ロッベン、ラフィーニャも契約を1年延長することで合意に至ったとのこと。バイエルンの公式ウェブサイトで、近日中に契約が締結されることが伝えられた。
声明ではハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は「彼ら貢献してきた選手たちと契約を1年延長することをとてもうれしく思っている」とコメント。「アリエン・ロッベンも、ラフィーニャも新シーズンに向けた我々の構想において重要な役割を果たすと考えている」と続けた。
右ウィングのロッベンは2009年にレアル・マドリーから加入し、バイエルンでは公式戦290試合に出場(138ゴール)。また右サイドバックが本職のラフィーニャは2011年にジェノアから加わり、バイエルンでは公式戦239試合でプレー。新シーズンから現フランクフルトのニコ・コバチ監督が指揮を執るバイエルンだが、経験豊富なベテラントリオの残留、“ロベリ―“と呼ばれるリベリ&ロッベンのコンビは今後もともにプレーすることが決定した。