バイエルンと日本サッカー協会が強力タッグ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2018/05/07
バイエルンと日本サッカー協会が強力タッグ

バイエルンと日本サッカー協会がパートナーシップ協定を締結

(バイエルン公式から 日本代表10番ウリ・ヘーネス)

バイエルンが日本サッカーをサポート、これは素晴らしい
指導者・スタッフの交流やユース育成など
バイエルンからノウハウを教えてもらう
バイエルンとしては国際化戦略担当が日本にいい感じのコメント
今までセレッソ大阪、浦和レッズとも関係を作ってきたバイエルン
いよいよ日本サッカー協会とタッグというのはこれから
どれだけバイエルンが露出されていくのか?
そのうちどんどん盛り上がってきてハインケスが代表を見てよって
“ハインケス日本代表監督”妄想止まらず

FCバイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップ協定を締結
(日本サッカー協会公式サイト)

公益財団法人 日本サッカー協会は4月28日(土)に、ドイツのブンデスリーガ1部に所属するFCバイエルン・ミュンヘンとパートナーシップ協定を締結いたしました。クラブチームとのパートナーシップ協定締結は初となります。今回の協定締結により、両者の関係を強固にし、日本およびバイエルンにおけるサッカー発展のため積極的に相互協力を図っていきます。概要は下記の通りです。

調印日時
2018年4月28日(土)16:30(現地時間)

調印式出席者
FCバイエルン・ミュンヘン 代表取締役社長 Karl-Heinz Rummenigge
FCバイエルン・ミュンヘン 会長 Uli Hoenes
FCバイエルン・ミュンヘン 取締役 Jorg Wacker
日本サッカー協会  会長 田嶋 幸三

調印場所
アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン/ドイツ)

協定内容
以下の各分野におけるサッカーの促進を目的とした各種交流および知識共有
・指導者およびスタッフの交流プログラム
・両アカデミーによる親善試合、キャンプ
・ユース育成、グラスルーツ、ディベロップメントプログラム
・スポーツ医学

協定期間
2018年4月28日(調印日)から3年間

FCバイエルン・ミュンヘン Karl-Heinz Rummenigge代表取締役社長
アジアで最も強力な協会のひとつであるJFAとパートナーシップを締結できたことを誇りに思います。JFAとの協力は、日本での目標を遂行するにあたって重要なステップです。

FCバイエルンと日本サッカー協会がパートナーに
(バイエルン公式サイト)

FCバイエルン・ミュンヘンと日本サッカー協会(JFA)がパートナー関係を結ぶことになった。FCBとJFAは今後、若手選手の育成やトレーニング哲学に関して協力していくことになる。
このパートナーシップの一環として、FCバイエルンのコーチ陣が日本でワークショップや研修に参加する一方で、JFAのコーチにもミュンヘンでコーチ育成プログラムを受ける機会が与えられる。更にFCバイエルンとJFAのユースチームによる親善試合や、ミュンヘンと日本のアカデミーでの共同トレーニングキャンプも予定されている。
FCバイエルン・ミュンヘン株式会社の代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「アジアで最も強い協会の1つとのパートナーシップを発表できることを誇りに思う。JFAとの協力は、日本での我々の目標に近づくために重要な一歩だ」と述べた。
また、FCバイエルン・ミュンヘン株式会社の取締役で国際化戦略担当のイェルク・ヴァッカーも、「FCバイエルンにとって日本は大変興味のあるマーケットだ。我々は既に数年前、広島近郊に日本で最初のFCバイエルン・サッカースクールを創設している。日本サッカー協会とのパートナーシップによって、我々の国際化戦略を更に進めていきたい」と今後に向け抱負を述べた。
日本サッカー協会会長でFIFA理事の田島幸三氏は、ドイツマイスターFCBとのパートナーシップについて「FCバイエルンと親密な関係を築き、JFAとFCバイエルンの両方に多大な貢献をしたデットマール・クラマー監督の遺したスポーツ上の伝統を引き続き発展させていくことを、大変嬉しく思う。FCバイエルンのユース育成はヨーロッパのトップリーグで求められる高レベルを満たすものだが、FCバイエルンのそのような高いレベルのトレーニングを日本の才能ある選手がFCバイエルンのキャンパスで受けられるということは、我々を感激させる」と発言した。
FCバイエルンは既に2016年にFCバイエルン・サッカースクール・ツネイシを広島近郊に創設し、男子・女子選手の育成やコーチ研修を行っている。このサッカースクールから過去数年で、多くの若き男子・女子選手がユース日本代表に招集されている。

日本サッカー協会、バイエルンと提携を発表
(スポーツ報知)

日本サッカー協会(JFA)は7日、ドイツ1部で優勝28回の名門バイエルンとパートナーシップ協定を締結することを発表した。
日本協会はこれまで、ドイツ、フランス、シンガポール、イラン、南米連盟など21の協会・連盟とパートナーシップを結んでいるが、クラブチームとの協定は初めて。協定期間は2018年4月28日から3年間。今後は指導者およびスタッフの交流、両アカデミーによる親善試合や合宿、ユース育成、グラスルーツ、スポーツ医学などで関係を深めていく。
バイエルンは、ポーランド代表FWレワンドフスキ、コロンビア代表MFロドリゲス、オランダ代表FWロッベンら世界のスター選手を擁して7日にリーグ6連覇を達成した。過去にはドイツ代表のDF“皇帝”ベッケンバウアー、MFマテウス、GKカーンらが所属していた欧州屈指の強豪。日本協会の田嶋幸三会長は「育成の部分などを学びたいし、すごくいい機会」。バイエルンのルンメニゲ社長は「アジアで最も強力な協会のひとつであるJFAとパートナーシップを締結できたことを誇りに思う。JFAとの協力は、日本での目標を遂行するにあたって重要なステップです」とコメントした。

日本サッカー協会がバイエルンと提携…クラブとの異例タッグで名門のノウハウ吸収
(スポーツ報知)

日本サッカー協会が、ドイツ1部で優勝28回の名門バイエルンとパートナーシップ協定を締結することが6日、分かった。日本協会はこれまで、ドイツ、フランス、シンガポール、イラン、南米連盟など21の協会・連盟とパートナーシップを結んでいるが、クラブとの協定締結は異例。指導者養成、選手育成などの分野での協力関係が見込まれ、近日中に発表される。
バイエルンは、ポーランド代表FWレワンドフスキ、コロンビア代表MFロドリゲス、オランダ代表FWロッベンら世界のスター選手を擁して先月7日にリーグ6連覇を達成した。過去にはドイツ代表のDF“皇帝”ベッケンバウアー、FWルンメニゲ(現チーム代表)、MFマテウス、GKカーンらが所属していた欧州屈指の強豪だ。
また、「日本サッカーの父」と称されたドイツ人のデットマール・クラマー氏が、同クラブの監督を務めるなど日本との縁もある。同氏は60年に来日してコーチに就任。64年東京五輪で8強入りに導き、リーグ戦開催を提言するなど日本サッカーの礎を築き、発展に尽力した。その後、母国に戻り、75、76年にはバイエルンを指揮して欧州チャンピオンズ杯(現CL)を連覇した。1900年に創設されたバイエルンとの異例の“タッグ”。名門が培ってきた歴史と伝統から日本サッカー界が得るものは多い。

日本サッカー協会(JFA)とドイツのバイエルン・ミュンヘンがパートナーシップ協定を締結した。
(Goal)

日本サッカー協会(JFA)は7日、ドイツのブンデスリーガに所属する強豪、FCバイエルン・ミュンヘンとパートナーシップ協定を締結したことを発表した。
JFAは現在、21の連盟、協会とパートナーシップ協定を締結しているが、クラブとの協定締結は史上初となる。
今回のパートナーシップの協定期間は調印日の2018年4月28日から3年間で、「指導者およびスタッフの交流プログラム」「両アカデミーによる親善試合、キャンプ」「ユース育成、グラスルーツ、ディベロップメントプログラム」「スポーツ医学」といった各分野におけるサッカーの促進を目的とした各種交流および知識共有を協定内容としている。
バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長(CEO)は、JFAとの協定締結にあたり「アジアで最も強力な協会のひとつである JFA とパートナーシップを締結できたことを誇りに思います。JFAとの協力は、日本での目標を遂行するにあたって重要なステップです」と喜びを表している。

バイエルンが公式HPで日本サッカー協会との提携を発表
(kicekr日本語版)

バイエルン・ミュンヘンが新たなパートナーとして、日本サッカー協会と提携を結んだことを、月曜朝にクラブ公式ページにて発表した。トレーニングに対する考え方の意見交換や、若手育成のサポートなどを行なっていく。
今回の提携の一環としてバイエルンからは、日本でのワークショップや練習イベントのためにコーチ陣を派遣。日本サッカー協会のコーチ陣は、ミュンヘンで行われるFCバイエルンのコーチ育成プログラムに参加可能となる。
さらにバイエルンのユース選手と日本サッカー協会のユース選手による親善試合や、ミュンヘンや日本のアカデミーにおける共同のトレーニングキャンプも予定されているという。
「アジアでもっとも力のあるサッカー国の1つである、日本サッカー協会とのパートナーシップ提携を発表できることを誇りに思っている。日本における我々の目的のために、日本サッカー協会との提携は重要なステップの1つだ」と、カール=ハインツ・ルメニゲCEOはコメント。
また国際化戦略を担当するヨルグ・ヴァッカー氏は「日本市場はFCバイエルンにとって非常に興味深いものだ。サッカー熱は印象的なものがあるし、若手選手たちがもつクオリティは非常に高い。すでに数年前に我々は広島の近くで、最初のFCバイエルン・フットボール・スクールを実施している。これから我々は日本サッカー協会とのパートナーシップ提携により、我々の国際化戦略におけるさらなるベースの一端を加えることに成功した」と語った。
一方で、日本サッカー協会会長を務める田嶋幸三氏は、「この友好関係とバイエルン、そして日本代表でも監督を務めたデトマール・クラマー氏から続く両者による伝統がこれからもさらに継続されていくことを大変嬉しく思っています」と述べている。

日本サッカー協会、バイエルンとパートナーシップ協定締結を発表
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

日本サッカー協会(JFA)は7日、ブンデスリーガ(ドイツ1部)に所属するバイエルンとパートナーシップ協定を締結したことを発表した。
JFAはこれまで21 の連盟・協会とパートナーシップ協定を締結しているがクラブチームとは初となる。なお、今回の協定締結により、両者の関係を強固にし、日本およびバイエルンにおけるサッカー発展のため積極的に相互協力を図っていく予定だという。なお、協定期間は調印日である4月28日から3年間となっている。
今後は、<1>指導者およびスタッフの交流プログラム、<2>両アカデミーによる親善試合、キャンプ、<3>ユース育成、グラスルーツ、<4>ディベロップメントプログラム、<5>スポーツ医学といった分野で、サッカーの促進を目的とした各種交流および知識共有を行っていく。
バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長が、日本サッカー協会とのパートナーシップ契約締結にあたって以下のようにコメントしている。
「アジアで最も強力な協会のひとつである JFAとパートナーシップを締結できたことを誇りに思います。JFAとの協力は、日本での目標を遂行するにあたって重要なステップです」
JFAはこれまでイングランド、スペイン、ドイツ、デンマーク、フランス、南米サッカー連盟、また、台湾、香港、イランなどとパートナーシップ協定を締結している。

日本サッカー協会、バイエルンとパートナーシップ協定締結
(sanspo.com)

日本サッカー協会は7日、ドイツ1部リーグの強豪クラブ、バイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップ協定締結を発表した。指導者の交流や若年層の親善試合開催を促進し、若手育成やスポーツ医学の面で協力関係を築く。
4月28日に田嶋幸三会長がミュンヘンで調印した。同様の協定は21の国や地域、大陸連盟と結んでいるが、クラブとは初めて。

バイエルンとJFAがパートナーシップ締結
(ブンデスリーガ公式サイト)

バイエルン・ミュンヘンは5月7日、日本サッカー協会(JFA)とパートナーシップを締結したことを発表した。調印式は4月28日にミュンヘンで行われ、バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ社長とウリ・ヘーネス会長、ヨルク・バッカー取締役、JFAの田嶋幸三会長が出席。協定期間は調印日から3年で、バイエルンおよび日本におけるサッカー発展のために積極的に相互協力を行なっていく。
パートナーシップの一環として、バイエルンは日本に指導者を派遣し、研修会を実施する予定。また、日本人指導者はバイエルンでの研修に参加できる。さらにバイエルンの下部組織と日本代表のアンダーカテゴリーチームが互いの国に遠征し、親善試合やトレーニングキャンプを合同で行う。
バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ社長は「アジアで最も大きな協会とこのようなパートナーシップを締結したことを発表できて誇りに思う。JFAとの協力は我々の日本での目標に向けた第一歩だ」とコメントしている。

さらなる発展を目指す日本サッカー協会、あのドイツ王者バイエルンと強力タッグ
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

日本サッカー協会(JFA)は7日、ドイツのブンデスリーガに所属するバイエルン・ミュンヘンとパートナーシップ協定を締結したと発表した。なお、これまで南米サッカー連盟など21の連盟・協会とパートナー協定を締結したJFAだが、クラブチームとの締結は初となる。
JFAの公式サイトによると、今回の協定締結により両者の関係を強固にし、日本およびバイエルンにおけるサッカー発展のために、積極的に相互協力を図っていくという。協定内容は「各分野におけるサッカーの促進を目的とした各種交流および知識共有 」となっており、具体的に「指導者およびスタッフの交流プログラム」、「両アカデミーによる親善試合、キャンプ」、「ユース育成、グラスルーツ、ディベロップメントプログラム」、「スポーツ医学」の4つを挙げている。協定期間は2018年4月28日(調印日)から3年間となっている。
今回の協定締結に伴い、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「アジアで最も強力な協会のひとつであるJFAとパートナーシップを締結できたことを誇りに思います。JFAとの協力は、日本での目標を遂行するにあたって重要なステップです」とコメントしている。