ウルライヒ、ミスを謝罪 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2018/05/03
ウルライヒ、ミスを謝罪

チャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦で
バックパスの処理でやってしまったウルライヒが謝罪
本当なら世界一のGKノイアーがいる位置でずっと頑張り
バイエルンを守り続けたウルライヒ
GKは一回のミスで取り返しの付かないことになるし
逆に「俺が点を許さなければ負けはしない」(若林源三がこんな感じのこと)
という最強のポジションでもある
1人だけ悪いんじゃない、ウルライヒはいいGKだ

CLレアル戦の凡ミスをバイエルンGKウルライヒが謝罪 「僕が不必要なミスを…」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

1-1で迎えた後半開始直後だった。自陣右サイドで相手からのプレスを受けたMFコランタン・トリッソは少し慌てた様子でウルライヒへバックパス。このボールにすぐさまレアルFWカリム・ベンゼマが反応してGKとの距離を詰めたが、タイミング的にはキックでクリアすることは十分に可能だった。
だがウルライヒは、このボールをキャッチしようと体勢を崩してしまい、すぐに味方からのバックパスと気づいて咄嗟に右足でクリアを試みるも、ボールに触れず空振りのような格好となり、ベンゼマに無人のゴールへと蹴り込まれた。
この失点もあり、バイエルンは敵地第2戦を2-2のドローで終えた。本拠地での1-2敗戦が響き、2戦合計スコア3-4と僅かに及ばずベスト4敗退となった。結果的にウルライヒのミスがなければ、と悔やまれるシーンとなってしまった。
ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが長期離脱中のチームで、ゴールを守り続けてきたウルライヒ。試合後に自身のインスタグラムを更新し、「チャンピオンズリーグから去らなければならないこの無念さは言葉では説明できない」と謝罪のコメントを投稿した。
「僕らは本当に決勝にたどり着きたかったし、ベストを尽くした。だけど僕が不必要なミスを起こしてしまった。説明できない。チームメイトやファンに申し訳ない…」
無念の守護神は、ピッチに座り込む姿の写真と悲痛のコメントを投稿した。
これに対して同僚のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスやスペイン代表MFハビ・マルティネス、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングらも返信して擁護のコメントを発している。
大一番でのミスで悲劇の主人公となってしまったウルライヒは、ここから立ち直ることができるだろうか。

CLで痛恨ミス、落ち込むバイエルン守護神…SNSで改めて謝罪
ゲキサカ[講談社]

バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝の第2戦でレアル・マドリーと対戦した。GKスベン・ウルライヒは1-1で迎えた後半開始早々、味方のバックパスを後逸する痛恨のミス。そのままFWカリム・ベンゼマに得点を決められ、試合は2-2のドローに終わった。2戦合計3-4でバイエルンは決勝進出を逃している。
失意の守護神は2日に自身のインスタグラム(@svenulreichoffiziell)を更新した。「CL敗退について、どれほど絶望しているかは言葉では表せない」と率直な気持ちを述べると、「本当に決勝まで行きたかったし、全力は尽くしたんだ。そして私は不必要なミスを犯した。弁解はできない。本当に…チームやサポーターには申し訳なく思っている」と謝罪のコメントを残した。
バイエルンの正守護神であるGKマヌエル・ノイアーが負傷から長期離脱となり、代役としてゴールを守り続けたウルライヒ。今回のミスについて、今季活躍を続けた守護神を庇う声は多く、MFハメス・ロドリゲスなどが「彼はこれまで、何度も僕たちを救ってくれた。僕たちは要所要所でミスをしてしまった。第1戦、第2戦、どちらの試合でもね。フットボールはそういうものだ」とコメント。チーム全体の敗北であることを強調している。

バイエルンGK「申し訳ない」、レアル戦の痛恨ミスを謝罪
AFP BB

ウルライヒは両チーム1-1で迎えた後半開始直後、味方のバックパスの処理でまさかのミスを犯し、カリム・ベンゼマ(Karim Benzema)に勝ち越しゴールを流し込まれた。
バイエルンは諦めずにハメス・ロドリゲス(James Rodriguez)のゴールで2-2に追いついたが、2戦合計スコア3-4で一歩届かず、結局チームは4季連続でスペイン勢の手で敗退に追い込まれることになった。
ウルライヒは自身のインスタグラム(Instagram)のアカウントに「チャンピオンズリーグの敗退に自分がどれだけ落胆しているかは、言葉では言い表せない。みんなが本当に決勝に行きたいと思っていたし、全力を尽くしていたが、ああいう必要のない、説明のつかないミスを犯してしまった。チームとファンのみなさんに申し訳ない」と書き込んだ。
ウルライヒは正守護神のマヌエル・ノイアー(Manuel Neuer)が負傷離脱した2017年9月以降、バイエルンの第1GKを務め、好調を維持して4月のリーグ6連覇決定にも貢献してきた。ウルライヒの投稿には、チームメートから激励のコメントがすぐさま寄せられている。
スペイン代表のハビ・マルティネス(Javi Martinez)は「君は僕たちの尻ぬぐいを何度もしてくれたじゃないか」とコメント。また、けがでこの試合を欠場したジェローム・ボアテング(Jerome Boateng)は「顔を上げろ!僕たちは勝つときも負けるときも一緒だ」とすると、ハメスも「顔を上げよう。僕らはチームだ」と励ました。

「申し訳ない」レアル戦で痛恨ミスのバイエルンGK、SNSで謝罪
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンのドイツ代表GKスヴェン・ウルライヒが、1日に行われたレアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグでの2失点目の原因となった自身のミスについて、SNSで謝罪のコメントを掲載した。2日付のドイツメディア『スポーツビルト』が伝えている。
アウェイでレアル・マドリードと2-2で引き分けたバイエルンは、2試合合計スコアを3-4として準決勝敗退を喫した。
今シーズンのウルライヒは、ケガによる長期離脱を強いられているドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに代わってバイエルンのゴールマウスを守り続け、高いパフォーマンスを披露して評価を上げていた。
しかし1日の試合で同選手は、後半開始早々に味方からのバックパスを自陣ゴール前で後逸。転々とするボールをレアル・マドリードのフランス人FWカリム・ベンゼマが無人のゴールに押し込み、バイエルンは痛恨の2失点目を喫することとなった。
試合翌日にインスタグラム上で同選手は、自身の責任を認めて謝罪した。
「チャンピオンズリーグでの敗退についてどれだけ落胆しているのか、言葉では言い表せない。僕らは絶対に決勝に行くつもりだったし、自分達のベストパフォーマンスを発揮した。でも、僕が無駄なミスをしてしまった。あの場面については説明が難しい。チームとファンのみんなに申し訳ない」
ウルライヒのこのメッセージに対して約21万件ものコメントが寄せられ、その中にはチームメイトであるスペイン代表MFハビ・マルティネスからの、「(ウルライヒの愛称)ウリ、君は僕らをこれまで何度も助けてくれてたよ」という励ましの言葉もあった。

バイエルンGK「信じられないミスを謝罪します」。レアル戦でボール処理を誤る凡ミス
フットボールチャンネル

現地時間1日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグの試合が行われ、バイエルン・ミュンヘンとレアル・マドリー対戦し2-2の引き分けとなったが2試合合計4-3でマドリーが決勝進出を決めた。
1-1でハーフタイムを迎えたこの試合は後半開始直後に勝敗を左右するプレーが生まれる。味方選手のバックパスを受けようとしたウルライヒはボールの処理を誤りベンゼマがボールを奪うとそのまま無人のゴールに流し込みマドリーが貴重な追加点を挙げる。その後バイエルンは追いつくも勝ち越しゴールを挙げる事が出来ず準決勝で姿を消すことになった。
試合後、ウルライヒは「絶対に決勝に進みたかったなかで自分でも信じられないようなミスをしてしまった。なんであんなことが起こったのか説明が出来ないがチームと応援してくれたファンに謝罪します」と自らのSNSでミスを謝った。
この投稿に対しチームメイトのDFジェローム・ボアテングは「頭を上げろ。我々は勝つ時も負ける時も一緒だ」と慰めると、この日の試合でキャプテンを務めたFWトーマス・ミュラーも「ミスは起こるものだ。誰も攻める事は出来ない」と守護神を気遣うコメントを残している。
一方、『アス』など複数のスペイン紙は「壮大なミス」、「ウルライヒはこの日の最も悲惨なプレーヤーとなった」などと勝敗を分けたバイエルンGKのプレーについて報じている。

後逸のウルライヒSNS謝罪に歴代ドイツGKエール
日刊スポーツ : nikkansports.com

欧州CL準決勝第2戦でバイエルン・ミュンヘンGKウルライヒは失点につながるミスをして、レアルマドリードの決勝進出を許してしまった。
後半1分にトリソからのバックパスの処理を誤って後逸し、ベンゼマにゴールを決められた。
3日の独紙ビルトによると、ウルライヒは試合後インスタグラムで「決勝に進出したかったし、ベストを尽くそうとした。それなのにあんな不必要なミスをしてしまった。説明できない。申し訳ない。チームのみんな、そしてファンのみんな」と謝罪した。
これについて、元ドイツ代表GKたちがエールを送った。90年W杯優勝GKのイルグナーは「いくつかの考えが頭をめぐったのだろう。ベンゼマが足先で触ってしまうかもしれないから、体でブロックしないとと考えた。でも直前でバックパスだから手を使えないという考えが入ってきた。でもその時には反応するのに遅すぎた。数秒後には分かったことだろう」。
96年欧州選手権優勝GKのケプケは「最も残酷なのは、今季最も大事な試合で起きてしまったという点だ。ウルライヒはここまでいいプレーをしていた。それだけに気の毒に思う」とし、「ウルライヒはここからまた立ち上がってくると信じているよ」と励ました。

「あれは説明できない」…ウルライヒがレアル・マドリー戦の手痛いミスを謝罪
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンGKスヴェン・ウルライヒが、ビッグマッチで自身が犯した大きなミスについて、バイエルンのファンに謝罪している。
今季のチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦したバイエルン。マドリーと激しい打ち合いを演じた末に、2試合合計スコア3-4で大会を後にすることになった。
敵地サンティアゴ・ベルナベウで行われた第2戦では、ウルライヒが手痛いミスを犯している。1-1で迎えた46分、ウルライヒはバックパスを後逸。これを相手FWカリム・ベンゼマに拾われてゴールを許した。
ウルライヒは試合後、自身の『インスタグラム』で「決勝に進みたかった。僕たちはすべてを出し切った。でも、僕は不必要なミスをしてしまった…。あれは説明できない。自分のチーム、ファンに謝りたい」
この発言に、チームメートのMFハビ・マルティネスは「君はこれまで何度も僕たちを救ってくれたよ!」とレスポンスしている。

ノイアー不在を埋めたGKウルライヒ、欧州CLで痛恨ミスも「これまでで最高のシーズンだった」
ゲキサカ[講談社]

ドイツ紙『ビルド』は3日、バイエルンGKスベン・ウルライヒのインタビューを公開した。UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝でのミスについて初めて言及し、チームメートからの温かい言葉に感謝の気持ちを述べた。
レアル・マドリーをホームに迎えた欧州CL準決勝の第2戦。イーブンスコアでの後半開始直後、29歳の守護神に悪夢がふりかかった。MFコレンティン・トリッソのバックパスに対応する際、FWカリム・ベンゼマのプレスに慌ててクリアミス。無人のゴールに流し込まれ、敗退を決定づける失点となってしまった。
「バックパスが入ったとき、ベンゼマがシュートしようとしているように見えたので、1対1の状況に対処しようとした。しかし、彼は突破してきた。私は手で取ろうと思ったが、(PA外のため)手で取ることはできない。その後、足で対応しようとしたが、間に合わなかった」。つらい記憶を呼び起こし、当時のことを振り返った。
試合後、このシーンを2回ほど見たといい、「間違った判断によるミスだった」と振り返ると、「100回のプレーで1度起こるかどうかというもの」と評価。「GKはミスができないポジションだが、8か月間はミスをしていなかった。いま起こってしまった悲劇だ」と悔やんだ。
もっとも、GKマヌエル・ノイアーを欠いて戦った今シーズン。ブンデスリーガ6連覇に導き、国内杯、欧州CLでも安定したプレーを見せたウルライヒの貢献度は計り知れない。「とても良いシーズンだった。私は良いゲームをたくさん演じたし、ハイレベルで強いチームだった。これまで経験した中で、最高のシーズンだった」
その意見にはチームメートも同調する。MFハメス・ロドリゲスらは試合後、ウルライヒを「誰も批判すべきじゃない」と擁護。これについては「みんなとても素晴らしい人たちだ。誰もがわれわれをチームだと言うよ。そこは間違いなんかじゃない」と感謝の言葉を述べている。