ビダル、膝の手術 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2018/04/17
ビダル、膝の手術

ビダルがトレーニング中に
ヒザをやってしまい手術へ
大一番前にこれは厳しい

ビダルが練習中に右膝を負傷して手術へ…CL準決勝レアル戦への出場に暗雲
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが膝の手術を必要としていることが分かった。
15日のトレーニングで右膝を痛めたビダルは、検査の結果、外科的な処置を行わなければならないことが判明。これによって25日に予定されているチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ、レアル・マドリー戦に間に合わない可能性が浮上している。
ユップ・ハインケス監督はインタビューで「アルトゥーロは滑って膝をひねった。ドクターと話をしたが、関節鏡下で膝の手術を受ける必要があるようだ。彼はすでにアウグスブルクに行ってしまっていて、短期間離脱することになりそうだ」とビダルの状態についてコメントした。

CLレアル戦は欠場か…ビダルの膝手術をクラブが発表
ゲキサカ[講談社]

バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが手術を受けることが分かった。クラブ公式サイトが伝えている。
ビダルは15日に行われたトレーニング中に膝を負傷。接触プレーなどの外的要因ではないという。17日に行われるDFBポカール(ドイツ国内杯)準決勝レバークーゼン戦の前日会見に出席したユップ・ハインケス監督は、「彼は滑って足をくじいてしまった。MRI検査の結果、膝に関節遊離体が見つかった。小規模の関節鏡手術を受けなければならない。彼はしばらく試合を欠場することになる」と明かしている。
離脱期間については発表されていないが、ドイツ『ビルト』によると、レバークーゼン戦はもちろん、25日にホームで行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝レアル・マドリー戦を欠場する可能性があるとのことだ。

CLレアル戦への影響は…バイエルンがビダルの負傷発表、ひざの手術実施へ
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは16日、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがひざを負傷したことを発表。同選手が間接鏡手術を受けるため、「当分の間」離脱すると報告した。
バイエルンの発表によると、ビダルは15日の午前中に行われた全体練習でひざを負傷した。原因は接触プレーなどではなく、ユップ・ハインケス監督は「滑って足をくじいてしまった」と説明している。
そして同監督はビダルの負傷状況について「ドクターと電話で話をした。MRI検査の結果、アルトゥーロのひざに関節遊離体が発見された。これは患部の伸長を妨げるものだ」と明かし、「アルトゥーロは小規模の関節鏡手術を受けなければならない。彼はしばらく試合を欠場することになるね」と、離脱を強いられることを発表した。
バイエルンは17日、DFBポカール準決勝でレヴァークーゼンと対戦。ビダルは同試合を欠場することとなる。具体的な離脱期間については明かされていないが、今月25日と来月1日にはレアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2試合を控えているだけに、一日も早い復帰が待たれるところだ。

バイエルンのビダルが膝を手術へ、レアル戦出場は不透明
(SPORT.es)

バイエルン・ミュンヘンのチリ人スター、アルトゥーロ・ビダルはまもなく手術を受けなければならない。
15(日)のトレー二ングで負傷した後に行われたメディカルチェックで膝に軽傷を抱えている事が明らかとなった。
現時点では離脱期間や欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のレアル・マドリード戦に出場できるかどうかは不明となっている。
バイエルン・ミュンヘンの監督ユップ・ハインケスは16日(月)のドイツカップ準決勝の前日記者会見でこのように語った。
「アルトゥーロ・ビダルは接触なしに膝をひねった。彼は小さい手術を受ける必要がある。離脱は短期間となるだろう。アルトゥーロは戦士だ。私は彼がしっかり回復してくれると確信している。」

バイエルンに痛手…ビダルが負傷によりCLレアル戦欠場の可能性か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、レアル・マドリード戦の欠場が見込まれているようだ。16日、ドイツ紙『ビルト』や同『キッカー』など複数メディアが伝えている。
ビダルは膝の負傷から復帰したCL準々決勝1stレグ・セビージャ戦で先発出場していたものの、前半36分に再び膝の負傷で交代し、ピッチを後にしていた。この試合以降に行われた公式戦3試合では招集外となり、今後すぐに復帰できる可能性は低いようだ。
今回の報道によると、同選手は14日に行われたブンデスリーガ第30節ボルシアMG戦の翌日に練習復帰したものの、違和感により途中で切り上げたという。これを受け、17日に行われるDFBポカール決勝レバークーゼン戦の欠場が確実視されている。
『ビルト』によると、練習での負傷によって大一番であるCLレアル・マドリード戦欠場の可能性が浮上しているという。前節でバイエルンはブンデスリーガ6連覇を果たしたが、“闘犬”ビダルの戦列離脱は痛手となっている。