チャンピオンズリーグ、次はレアル

チャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ決定
バイエルン vs レアル・マドリー
このカードは何度もやっているが
11勝2分け11敗と全くの五分
レアルからのレンタル中のハメス・ロドリゲスも気になる

CL準決勝組み合わせ決定!3連覇狙うレアルはバイエルンM、ローマはリバプールと激突
(スポニチアネックス)

欧州CL準決勝の組み合わせ抽選が13日、スイス・ニヨンで行われ、史上初の大会3連覇を狙うレアル・マドリード(スペイン)はバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)との対戦が決定。準々決勝でバルセロナ(スペイン)を大逆転で下し勢いに乗るローマ(イタリア)はリバプール(イングランド)と対戦する。
第1戦は4月24、25日。第2戦は5月1、2日に行われる。5月26日にウクライナのキエフで開催される決勝戦に進むのはどちらになるのか注目が集まる。

【CL準決勝カード】マドリーとバイエルンは決着戦へ! ローマはリバプールに過去の屈辱を晴らせるか!?
(SOCCER DIGEST Web)

ここまで対戦成績がタイのバイエルンとレアル・マドリー。直近の対決は2016-17シーズンの準々決勝で、この時は第2レグの90分間を終えても決着がつかず、延長戦でマドリーが3点を挙げて勝ち上がり、そのまま栄光へ突き進んだ。
マドリーはCLでは前人未到の3連覇を狙い、バイエルンは2012-13シーズン以来の欧州制覇に照準を定めている。ちなみに後者を率いるユップ・ハインケスは、前回優勝時の監督であるが、1997-98シーズンにはマドリーの指揮官としてもCLを制したという縁がある。

CL準決勝のカード決定! 3連覇狙うレアルは独王者バイエルン、リバプールはローマと激突
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会がスイス・ニヨンで行われ、注目の対戦カードが決定した。
前人未到の3連覇を狙うレアル・マドリード(スペイン)は、2013年以来の優勝を狙うブンデスリーガ”6連覇王者”バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)と対戦することが決まった。
2004-05シーズンの「イスタンブールの奇跡」以来となる優勝を目指すリバプール(イングランド)は、準々決勝でバルセロナ(スペイン)相手に3点差の大逆転を成し遂げたローマ(イタリア)と激突する。
準決勝は現地時間4月24・25日に第1戦、5月1日・2日に第2戦が行われる。

CL準決勝組み合わせが決定!王者レアルはバイエルンと、リヴァプールはローマと対戦
(Goal)

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会が13日に行われ、対戦カードが決定した。
CL史上初めてベスト8を4大リーグ(スペイン、ドイツ、イングランド、イタリア)のチームが占めた準々決勝。準決勝の4枠も4大リーグで分け合う形となり、決勝進出だけではなく各リーグの誇りを掛けたより熱い戦いが期待される。
準決勝の組み合わせは以下の通り。
バイエルン・ミュンヘンvsレアル・マドリー
リヴァプールvsローマ
左側のチームがファーストレグをホームで戦う。また、バイエルンとレアルの勝者が決勝でホーム扱いとなる
なお、準決勝は4月24,25日、5月1,2日に分けて開催される。

レアル-バイエルンほか/欧州CL準決組み合わせ
(日刊スポーツ)

欧州CL準決勝の抽選会は13日、スイス・ニヨンで行われ、史上初の3連覇を目指すレアル・マドリードは、第1戦アウェーでドイツ王者バイエルン・ミュンヘンと戦う。過去、欧州の大会での対戦成績は、11勝11敗2分けでまったくの五分となっている。
もう1つは、リバプールが第1戦ホームで、ローマと対戦。対戦成績は2勝1敗2分けでリバプールが勝ち越している。

CL準決勝組み合わせ決定! 3連覇目指すレアルはドイツ王者と対戦
フットボールチャンネル

スイスのニヨンで13日、チャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ抽選会が行われた。準決勝の対戦カードは、バイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリー、リバプール対ローマに決定している。
今年のチャンピオンズリーグ4強は、全て異なるリーグのクラブ。これは2009/10シーズン以来のことだ。
大会史上初の連覇を達成して3連覇を目指しているレアル・マドリーは、すでにブンデスリーガ制覇を決めたバイエルン・ミュンヘンと対戦する。
もう1つのカードは、マンチェスター・シティを下したリバプールと、バルセロナを下したローマのダークホース対決だ。

CL史上初の3連覇狙うレアルは準決勝でバイエルンと対戦!“ミラクル・ローマ”はリバプールと激突
ゲキサカ[講談社]

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝の組み合わせ抽選会が13日に行われた。ホーム&アウェーの2試合合計スコアで争い、準決勝第1戦は4月24日と25日、第2戦は5月1日と2日に行われる。
アンドリー・チェフチェンコ氏がドロワーを務めた抽選の結果、史上初の3連覇を目指すレアル・マドリー(スペイン)はバイエルン(ドイツ)と激突。バルセロナを大逆転で下し、34シーズンぶりに準決勝に駒を進めたローマ(イタリア)は13年ぶりの大会制覇を狙うリバプール(イングランド)と対戦する。

CL準決勝の組み合わせが決定、注目はバイエルン対マドリー
(SPORT.es)

13日(金)に欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝の抽選会が行われ、ミランなどで活躍したシェフチェンコが出席した。
ベスト4を進出を決めたのはリバプール、ASローマ、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリードである。決勝のキエフを目指し、4チームが争う。
マンチェスター・シティに2試合合計5-1で圧勝したリバプールは、FCバルセロナから奇跡の逆転劇を演じたローマ対戦する。
セビージャに辛勝したバイエルンは、ユベントスに疑惑の判定で勝利したマドリーと対戦する。

CLベスト4の対戦カード決定! 王者・レアルはバイエルンと激突!
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会が、13日にスイス・ニヨンで行われた。
準々決勝でユヴェントスを辛くも退けた前回王者レアル・マドリードは、セビージャを下したバイエルンと激突。一方、イングランド勢対決を制したリヴァプールは、バルセロナ相手に大逆転劇を起こしたローマと対戦する。
準決勝ファーストレグは4月24日から25日にかけて行われ、セカンドレグは5月1日から2日に開催される予定だ。

バイエルンのハメス、物議醸したレアルの試合に言及
(SPORT.es)

バイエルン・ミュンヘンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に貢献したハメスが、物議を醸しているサンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリードVSユベントスの試合について言及している。
「再びチャンピオンズリーグ準決勝に進出できてとても嬉しい。これで4度目であり、フットボールとは少しクレイジーであり、それはみんなにとって同じことである。劣るチームなんてない。警戒しなければならない」とセビージャ戦のあとに語っている。
また、「マドリーの物議を醸しているシーンは見た。そして、今自分が言ったように、全ての試合がタフであり、みんなが勝ちたいと思っている。それに対して注意が必要だし、もうここまできたら弱いチームなんてない。とにかくバイエルンが準決勝に進出したことを嬉しく思う。残っているチームは強いチームだけであり、いいプレーができるように最善を尽くす」ともハメスは付け加えている。
なお、バイエルンでの現状についてハメスは、「満足している。これが自分の現在であり、唯一考えていることだ」と説明している。

CLベスト4が出揃う、優勝候補筆頭はレアルマドリード
(SPORT.es)

4月13日(金曜日)現地時間の13:00からニヨンにあるUEFA本部でチャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ抽選が行われ、バイエルン・ミュンヘン、リバプール、レアル・マドリード、ローマの対戦相手が決められる。
今回キエフで行われる決勝のアンバサダーを務めるアンドリュー・シェフチェンコも出席する。なお、ヨーロッパリーグ準決勝の抽選も現地時間12:00からチャンピオンズリーグの抽選の前に行われる。
ブックメーカーの現場での最有力候補はレアル・マドリードであり、PSGとユベントスを破ったことで評価を覆している。監督ジダン率いるマドリーは、ユベントスとの2ndレグで低調なパフォーマンスを見せたことで疑いも生まれ始めている。ここ4年で3度決勝の舞台に駒を進めているマドリーだが、コパ・デル・レイとリーグ戦のタイトルの可能性を失ってから、チャンピオンズリーグにのみ照準を合わせている。もし、3連覇を達成できなければ、失敗のシーズンとなる。
2番目には、監督ハインケス率いるバイエルン・ミュンヘンは、ベスト16でベシュクタシュを破り、準々決勝ではセビージャを破っている。前監督のアンチェロッティが交代されてからバイエルン・ミュンヘンは全く別物のチームになり、優れた結果を残している。それを証明するかのように前節にはブンデスリーガのタイトルを7試合残して決めて、圧倒的な強さを示している。
しかし、マドリーのカルバハルは、「準決勝に駒を進めた4チームのどこがタイトル制覇してもおかしくなく、どこのチームが有力かなんてない」と語っている。

update: 2018年4月13日10:18 pm