公開日:2018/04/09

リベリー、ロッベン契約延長へ

リベリー35歳、ロッベン34歳
この2人に契約延長のオファーをする模様
ロッベンは契約の話しがなかなか来なくて
ちょっとへそを曲げた感じだが
なんとかリベリー&ロッベンを日本で見たい

バイエルン、“ロベリー”に新契約を準備か…会長「反対する者はいない」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンが、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと、元フランス代表MFフランク・リベリーに新契約のオファーを準備しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が9日付で報じている。
長年、バイエルンで活躍してきたロッベンとリベリーだが、それぞれ34歳、35歳とサッカー選手としてはベテランの域に達している。このことからも両者ともにクラブとの契約が切れる今シーズン限りで退団の可能性も報じられてきたが、同クラブのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長はこれを否定した。
同メディアのインタビューに“ロベリー”の去就について尋ねられた際「契約更新に反対する者はほとんどいないだろう。彼らはここで大きな成功を収めてきた。私たちは適切な時期に話し合う。それは2人とも合意している。彼らはともにトップクラスの選手だ」と両選手との契約延長を示唆した。
また、スポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏も「ロッベンとリベリーは優れた選手だ」と称賛し、契約更新に前向きな姿勢を見せたことからも来シーズンもバイエルンで“ロベリー”を見ることができる可能性は高いと、同メディアは予想している。

“ロッベリー”の契約延長は来週か…ロッベンは「最後のブンデスリーガタイトルになるかも」
(Goal)

バイエルンを長年引っ張ってきたフランク・リベリ、アリエン・ロッベンの契約延長は来週に実現する可能性があるようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。
それぞれ34歳、35歳とベテランとなったロッベンとリベリ。しかし、今季はケガも少なく6連覇に大きく貢献した。リベリが前節の“デア・クラシカー”で1ゴール1アシストと圧巻のパフォーマンスを見せれば、優勝を決めたアウクスブルク戦では先発したロッベンが見事なボレーできっちりと1得点をマークしている。
そんな2人だが、今季終了後に契約が満了する。長く語られてきた問題で、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOもいまだ「まだ話すことはない」と言葉を濁す。
ロッベンに関してはアウクスブルク戦後、ブンデスリーガでのタイトルが自身にとって最後となる可能性も示唆した。
「そうなる可能性はあるよ。何だって起こりうる。だからこそ今は楽しもうとしている。でも今の問題はシーズンの最後の1カ月をどう戦うかということだ」
一方で、『シュポルト・ビルト』は来週にも契約延長が発表されると報道。優勝を決めた直後ではあるが、去就問題からも目が離せない。

ロッベンがバイエルン以外からのオファー検討、「冷静に考えなければ」
(AFP=時事)

2009年にバイエルンに加入してから7度目のブンデス制覇を果たしたロッベンだが、今季終了後の6月に契約満了となるため退団の可能性もある。
チェルシー(Chelsea)時代にイングランド・プレミアリーグ、レアル・マドリード(Real Madrid)時代にスペイン1部リーグも制覇しているロッベンは、「他のクラブが連絡してきている」と明かすと、バイエルンが仮にオファーを出したとしても、契約延長には決して応じないと暗に示した。
「冷静に考えなければならないし、『バイエルン、バイエルン』と大声を出してる場合じゃない」
「自分の将来のことを考えなきゃならない。サッカー界では何だって起こり得る。すべての選択肢が出そろったら、決断を下せる」
バイエルンは11日にセビージャFC(Sevilla FC)との欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)準々決勝第2戦を控えており、3冠の可能性も残している。
ロッベンは「今は、重要な試合がある残りの1か月が重要だ」と付け加えている。
バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長は、ロッベンとこちらも6月に契約が切れるフランク・リベリ(Franck Ribery)に対して、契約延長のオファーを出すと示唆した。
両選手へのオファーについて何が足かせになっているのかと問われたルンメニゲ社長は「大してはない」と応じ、「われわれは大きな成功を喜んでいる。水曜日(11日)にはまた試合をするし、いずれわかるだろう。とはいえ、彼らは素晴らしいプレーぶりを見せている。すべてがうまくいっている」とコメントしている。【翻訳編集】 AFPBB News