バイエルンのU-15、U-16に在籍した伊藤遼哉、鳥栖へ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/12/09
バイエルンのU-15、U-16に在籍した伊藤遼哉、鳥栖へ

バイエルンのU-15、U-16に在籍した伊藤遼哉19歳がサガン鳥栖へ
この伊藤選手「元バイエルン」という肩書きだけではなく
グラスホッパー、シャルケなどのクラブを渡り歩いた

J1鳥栖、元バイエルン・シャルケ下部組織の19歳MF伊藤遼哉を獲得
フットボールチャンネル

J1のサガン鳥栖は9日、MF伊藤遼哉のトップチーム加入が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。
伊藤は1998年5月2日生まれの19歳。これまでスイスやドイツの強豪クラブの下部組織でプレーしてきたが、日本のクラブでは初のプレーとなる。
スイスではFCチューリッヒのU-13チームと、グラスホッパー・クラブ・チューリッヒのU-14、U-15チームでプレー。続いてドイツへ移り、名門バイエルン・ミュンヘンのU-15、U-16チームに在籍した。2014年にはシャルケのU-17チームに移籍し、続いてU-19チームへ。昨年夏にはフォルトゥナ・デュッセルドルフのU-19チームに移籍していた。
「サガン鳥栖という多くの人に愛されるチームの一員になれたことを大変嬉しく思います。ゴールに絡むプレーという自身の特徴を最大限にいかして、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。ファン・サポーターの皆さんと共に初タイトルを取るため必死に戦います!」と伊藤はクラブを通して入団コメントを述べている。