アンチェロッティ解任 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/09/29
アンチェロッティ解任

パリ・サンジェルマンに惨敗したバイエルン
夜3時30分頃に解任の決断がくだされた
サニョルが暫定監督になる
アンチェロッティは主力と関係がまずいらしく
レヴァンドフスキ、ミュラー、ロッベン
リベリー、ボアテング、フンメルスと言われ
これじゃあ難しい

バイエルンがアンチェロッティ監督を電撃解任…PSGに完敗で今季2敗目
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは27日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でパリ・サンジェルマン(PSG)に0-3で完敗。一夜明けた28日に緊急ミーティングが開かれ、「内部分析」の結果、アンチェロッティ監督の電撃解任が決まった。
カール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は、「今シーズンのスタートからチームのパフォーマンスは我々の期待に沿うものではなかった。パリでの試合は、決断を下す必要があることを物語っていた。(スポーツ・ディレクターの)ハサン・サリハミジッチと私は、カルロとオープンで真剣な話し合いをし、そこで我々の決断を伝えた」と説明。
「カルロに感謝したい。彼はこれからも友人であるが、我々はバイエルンのためにプロフェショナルな決断を下さなければならなかった。今は今シーズンの目標を達成できるように、チームにポジティブな影響と確固たる成果を期待している」とコメントした。
アンチェロッティ監督は2016年夏にバイエルンの指揮官に就任。1年目の昨シーズンは史上初の5連覇となるブンデスリーガ優勝に導いた。今シーズンはブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムに敗れて初黒星を喫し、第6節のヴォルフスブルク戦も引き分けて、現在3位。また、PSG戦も敗れて今シーズン公式戦2敗目を喫していた。
なお、後任はアシスタントコーチのウィリー・サニョル氏が暫定で指揮を執るという。

バイエルン、アンチェロティ監督を解任
(スポーツ報知)

ドイツ1部バイエルンは28日、イタリア人のカルロ・アンチェロッティ監督(58)を解任した。
19年までの長期契約を結んでいたアンチェロッティ監督は昨季からチームを率い、ブンデスリーガ5連覇を達成したが、今季はリーグ開幕から出遅れて首位ドルトムントに勝ち点3差の3位。27日には欧州CL1次リーグで、主力を温存しながらアウェーでパリSGに0―3で完敗を喫した。
サニョル助監督(40)が暫定監督となり当面の指揮を執る。

バイエルン アンチェロッティ監督解任、前日欧州CL惨敗で決断
(スポニチアネックス)

ブンデスリーガ(ドイツ1部)で5連覇中のバイエルン・ミュンヘンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督(58=イタリア)の解任を発表した。ルンメニゲ社長はクラブ公式サイトで「今季開幕からのチームのパフォーマンスは、我々の期待に届かないものだった。パリでの試合に、それが明確に表れており、この判断を下さなくてはならなかった」と、前日27日に欧州チャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに0―3で大敗したことを受けて、決断したことを明かした。後任は未定で、元フランス代表DFでコーチのウィリー・サニョル氏(40)が暫定で指揮を執る。

バイエルンが監督交代を決断。CLでPSGに完敗で即決…内紛の噂も
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督の退任を発表した。アシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョル氏が暫定監督を務めることになる。
現地時間27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンはパリ・サンジェルマンと対戦して0-3と敗れた。報道によると、試合の翌日にクラブ内で話し合いが行われ、アンチェロッティ監督との関係を断つことを決めたという。
バイエルンは、パリ・サンジェルマン戦でFWアリエン・ロッベンやMFフランク・リベリといったベテランをベンチスタートとし、一部から采配に対する非難の声があがっていた。ロッベンも指揮官の采配に不満があるかのようなコメントを残している。
現地メディアによると、アンチェロッティ監督の後任候補には、昨シーズンまでドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏や、ホッフェンハイムを指揮する30歳の若手指導者、ユリアン・ナーゲルスマン監督の名前が挙がっている。

惨敗のパリSG戦が引き金…バイエルンがアンチェロッティ解任
ゲキサカ[講談社]

バイエルンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督(58)を解任したことをクラブ公式サイトで発表した。10月1日に敵地で行われるブンデスリーガ第7節のヘルタ・ベルリン戦については、今季からヘッドコーチを務める元フランス代表DFのウィリー・サニョル氏(40)が暫定で指揮を執るという。
アンチェロッティ氏は昨季、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・C)の後任としてバイエルンの指揮官に就任。DFBポカールは準決勝、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は準々決勝で敗退したが、ブンデスリーガでは史上初の5連覇を達成した。
しかし、今季は第3節ホッフェンハイム戦(0-2)で早くも初黒星を喫すると、前節ボルフスブルク戦(2-2)では監督交代直後の相手に勝利を逃し、首位ドルトムントと勝ち点3差の3位。さらに、27日に行われた欧州CLのパリSG戦では敵地で0-3の大敗を喫していた。
代表取締役社長のカール・ハインツ・ルンメニゲ氏はクラブ公式サイトで「シーズン開幕からチームのパフォーマンスは我々の期待には届いていなかった。パリでの試合により、(今回の)結論を下さなければならないことが明らかになった」とコメント。同氏はアンチェロッティ氏に感謝を伝え、今後も友人であると話しながらも、チームの目標達成のためにプロとしての決断を下したとしている。

バイエルンがアンチェロッティを電撃解任! 気になる後任監督は…
(SOCCER DIGEST Web)

昨シーズンにジョゼップ・グアルディオラの後釜として就任したアンチェロッティは、その巧みな手腕でブンデスリーガ優勝に導いていた。しかし、その一方でDFBカップではドルトムントに屈して準決勝敗退、さらにチャンピオンズ・リーグ(CL)ではレアル・マドリーに敗れてベスト8で散るなど、カップ戦では結果を残せていなかった。
迎えた今シーズンは開幕前からチームの準備不足が指摘され、ブンデスリーガでは首位ドルトムントの後塵を拝す3位、CLでも現地時間9月27日のパリ・サンジェルマン戦で0-3と完敗を喫し、一部の現地メディアでは、ベンチスタートとなっていたアリエン・ロッベンやフランク・リベリなど主力の一部との確執が指摘された。
そんななか、バイエルンは28日にクラブのフロント陣を集めた緊急会議を開き、2019年6月までの契約を結んでいたアンチェロッティに解任を告げたという。
公式サイトでの発表において、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、「ハサン・サリハミジッチSDとともにカルロとはオープンな話し合いができた」としながらも、チーム成績に不満を持っていたことを明かしている。
「今シーズンのチームパフォーマンスは、我々の期待に応えるものではなかった。パリでの結果は、今、行動を取らなければならないことを明白に表したものだった。当然、これまでバイエルンのために尽力してくれたカルロには感謝をしている。私たちは彼と友人であり続けるだろう。しかし、クラブの利益のために決断を下さなくてはいけなかった」
また、同発表によれば、当面はアシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョールが暫定的に指揮を執ることも決定している。
しかし、各国メディアには早くも後任監督の名前が踊っている。アンチェロッティ解任の一報を伝えた『スカイスポーツ』のドイツ版は、2015年の夏から2017年までドルトムントを指揮し、日本代表MF香川真司を指導していたトーマス・トゥヘルが筆頭候補であるとした。
同様に後任人事について書き綴った『ESPN』は、現在ホッフェンハイムを指揮する30歳の青年監督ユリアン・ナーゲルスマンの名前を挙げ、「彼がこの仕事に適している」と伝えた。
百戦錬磨の指揮官アンチェロッティを解任し、新たに舵を切ったバイエルン。気になる後座には一体誰が就くのか? その人事動向に注目したい。

バイエルン、アンチェロッティ監督解任 サニョルCが暫定指揮
(スポニチアネックス)

バイエルンMは欧州CLパリSG戦での屈辱的大敗から一夜明けた28日、アンチェロッティ監督の解任を発表した。ルンメニゲ社長は「今季のパフォーマンスは我々の期待に届いておらず、パリでの試合でそれが明確になった」と解任理由を説明。後任は未定で、元フランス代表DFのサニョル・コーチが暫定で指揮を執る。
イタリアの名将アンチェロッティ氏は昨年7月に就任。昨季は国内リーグ戦5連覇を果たしたものの、今季は第6節を終えて3位と出遅れていた。

アンチェロッティ解任を決断したバイエルン、ルンメニゲCEOが理由を説明
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンがカルロ・アンチェロッティ監督を電撃解任した理由を説明している。
バイエルンは28日、昨シーズンから指揮を執るアンチェロッティ監督を解任。前夜にはチャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに0-3と完敗を喫しており、それが引き金になったと見られていた。
バイエルンはカール・ハインツ・ルンメニゲCEOの公式声明を発表し、アンチェロッティを更迭した理由を以下のように説明している。
「チームのパフォーマンスは我々が期待していたものを下回った。昨夜のパリでの試合は結果を残さなければいけなかった。私と(ハサン)サリハミジッチSD(スポーツディレクター)はオープンかつ真剣にカルロと話して決断を伝えた。カルロの協力には感謝したい。彼は友人であるし、これからもそうだ。今はチームがポジティブな改善をして完璧なパフォーマンスを見せることを期待している。我々には今季達成すべき目標があるからだ」
また、アンチェロッティは自身の公式Twitterを更新し、このように述べている。
「バイエルンの歴史の一部となれたことは素晴らしい名誉だった。クラブと選手、そして最高のファンに感謝したい」

アンチェロッティ解任の本当の理由は…ヘーネス会長「選手5人が敵対していた」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長が、指揮官の電撃解任劇の裏側を明かしている。
バイエルンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督を解任。チャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに0-3と完敗を喫した翌日の決断となった。カール・ハインツ・ルンメニゲCEOは公式声明で「芳しくないパフォーマンス」を解任の理由としているが、ヘーネス会長は別のところにも問題があったとしている。
ヘーネス氏は『Westfalenpost』で「ある5人の選手がアンチェロッティに敵対していた。そうなってしまえばこれを避けるのは不可能だった」と話している。
この5人の中には昨シーズンから不満をためるロベルト・レヴァンドフスキ、トーマス・ミュラー、アリエン・ロッベンといったチームの屋台骨を支える選手たちも含まれていたという。一方で、『シュポルト1』はミュラー、ロッベン、フランク・リベリ、ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスであるとも伝えている。
なお、ヘーネス氏はウィリー・サニョル暫定監督がしばらくチームを率いることになるかどうかという問いには「2週間後に解決策を見つけたい」と話すにとどめている。

「5人の選手を敵に回した」…バイエルン会長、監督電撃解任の経緯説明
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表した。衝撃のニュースとして世界中を駆け回った名将の解任劇だが、同クラブのウリ・ヘーネス会長によると、主力選手たちとの関係悪化が原因の一つのようだ。28日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。
ヘーネス会長によると、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のパリ・サンジェルマン戦で0-3と完敗を喫した後、クラブ首脳陣がアンチェロッティ監督の去就に関する緊急会合を実施。日付が変わった深夜3時30分頃に解任を決断したという。
解任理由について問われると、ヘーネス会長は「チームは数カ月前から下降線をたどっていた」とコメント。パリ・サンジェルマン戦だけでなく、現在に至るまでのチーム状況を考慮しての決断だったことを強調した。
さらに「私の目から見て、アンチェロッティ監督は最後の数日間で5名の選手を敵に回していたと思う。それは、とても乗り切れそうもない状態だった。指揮官はチーム内の重要な選手と敵対するべきではない。ベッドの中に敵がいるというのは、最も危険なことだ」とも語り、アンチェロッティ監督と選手たちとの関係悪化が深刻なものになっていたことを明かした。
ドイツ代表FWトーマス・ミュラーをはじめとした主力選手が起用法をめぐる不満をメディアに対して露わにすることは以前にもたびたびあったが、チーム内の溝は修復不可能な状態にまでなっていたようだ。
バイエルンは今シーズン、ブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムに敗れて初黒星を喫し、第6節のヴォルフスブルク戦も2点リードを守り切れずに引き分けた。リーグ戦では現在3位で、CLグループステージでは1勝1敗となっている。なお、アンチェロッティ氏の後任はアシスタントコーチのウィリー・サニョル氏が務め、暫定で指揮を執ることが発表されている。

バイエルン 指揮官アンチェロッティ解任を発表
(SPORT.es)

バイエルン・ミュンヘンはパリでPSGに屈辱的な完敗を喫した後、指揮官のカルロ・アンチェロッティを解任した。27日水曜日の夜から広がっていた噂は現実のものとなった。ウィリー・サニョルが暫定監督を務める間、クラブはトーマス・トゥヘルと交渉を行う。
「シーズン初めからチームのパフォーマンスは我々が抱いていた期待を満たしていなかった。パリの試合は我々が結論を出さなければならない事を明確に示した。サリハミジッチと私は真剣な議論の中でカルロにそれを伝え、我々は自分達の決断を発表した」ルンメニゲは公式声明を通してそのように説明した。
「私は協力してくれたカルロに感謝したい。このような展開になった事を残念に思う。カルロは私の友人であり続けるが、我々はバイエルンのために判断を下さなければならなかった」ルンメニゲはそのように締めくくった。また彼はアンチェロッティと共に彼の全アシスタントスタッフもクラブを離れる事を発表した。
現時点ではボルシア・ドルトムントの元指揮官で現在、所属先がないトーマス・トゥヘルが有力な後任候補に挙げられている。ルンメニゲは過去にトゥヘルについて賞賛の言葉を述べていた。「彼のマインツ時代も含め、私は常に(彼のスタイルが)好きだった。」
またクラブの会長のウリ・ヘーネスも同指揮官の招聘に前向きだと思われる。

アンチェロッティ監督解任の理由とは? バイエルンCEO「現在のチーム力は…」
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOはカルロ・アンチェロッティ監督解任の理由を公式ホームページで発表した。
バイエルンは現地時間27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の対パリ・サンジェルマン(PSG)との一戦で0-3と敗戦した。試合後、バイエルン首脳陣はアンチェロッティ監督と話し合いの場を設け契約解消を決めたようだ。
28日、ルンメニゲCEOは「現在のチーム力は我々がシーズン当初に描いていた期待値とかけ離れている。PSGとの試合は1つの決断を下すきっかけになった。私とハサン・サリハミジッチ(スポーツディレクター)がカルロとオープンかつ率直に話し我々の決断を伝えた」と解任に至る経緯を声明文として出した。
アンチェロッティ監督はツイッターで「バイエルンの歴史の一部になれた事は名誉なことだった。クラブ、選手そして素晴らしいサポーターにありがとうと言いたい」と感謝の気持ちを綴っている。なお、アンチェロッティ監督解任を受けアシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョル氏が暫定監督を務めることになった。
28日付けの独メディア『spox』では後任候補として、昨季までドルトムントを率いていたトーマス・トゥヘル氏、ユリアン・ナーゲルスマン・現ホッフェンハイム監督、そしてかつてバイエルンの監督をしていたユップ・ハインケス氏やヨアヒム・レーブドイツ代表監督の名前を挙げている。

バイエルン、アンチェロッティ監督を解任か…後任候補にトゥヘルの名
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンは、早ければ28日にカルロ・アンチェロッティ監督を解任する可能性があるという。ドイツ『ビルト』など複数メディアが報じた。
バイエルンは28日、チャンピオンズリーグ・グループB第2節でパリ・サンジェルマンに完敗。相手DFダニエウ・アウベス、FWエディンソン・カバーニ、ネイマールに得点を許して敵地で0-3と屈した。
この状況を前に、バイエルン幹部はアンチェロッティ監督の解任を考慮している模様だ。後任には、昨季までボルシア・ドルトムントを率いていたトーマス・トゥヘル氏が挙げられているとされる。

バイエルン、緊急会議で監督交代も?…CEOはPSG戦完敗で「明確な対処を」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

28日の現地時間の午後にバイエルンでは「緊急ミーティング」が開かれているようだ。『kicker』、『ビルト』、『スカイ』といったドイツの大手メディアが速報で伝えている。各メディアによれば、この会議では監督交代も検討されているという。問題は、いつまでカルロ・アンチェロッティ監督が現職の座にとどまるのか、という点にあるようだ。
バイエルンは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でパリ・サンジェルマンに0-3の完敗を喫した。試合後ホテルの晩餐会では、カール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、この完敗に怒りを隠せなかったようだ。口調こそ平静を装っていたものの、言葉には本心が表れていた。その様子を翌朝のドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えている。
「今日の試合は本当に苦い敗戦です。この試合について話さなければならいし、分析しなければななりません。そして、明確に対処を施さなければならないでしょう。なぜなら、今日の夜に観たチームはバイエルンではありません」と一刀両断。
今後、アンチェロッティ監督にかかる重圧は大きくなる。『kicker』誌によると、スター選手の起用法について聞かれた指揮官は「私はメンバー決める前によく考えるタイプだ、後悔はない。毎試合、素晴らしい選手がベンチに座るのがビッククラブだ。素晴らしい選手たちをベンチに座らせるのも、私の仕事だ」と自身のローテーションの決断について説明している。
今シーズンは公式戦10試合目のPSG戦で早くも2敗目を喫した。10月1日にアウェイで行われるブンデスリーガ第7節のヘルタ・ベルリン戦では確実に結果が求められるが、そのことは選手たちも自覚している。PSG戦でベンチスタートだったオランダ代表FWアリエン・ロッベンも「落ち着ついて、ひとつにまとまらないといけない」。ブンデスリーガで3位、そしてCLでの完敗という不調に「僕らにとっては珍しいことだね。こんな状態はバイエルンじゃない」と奇しくもルンメニゲCEOと同じ言葉を残している。