レヴァンドフスキ、「くだらない質問には答えない」 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/09/18
レヴァンドフスキ、「くだらない質問には答えない」

グアルディオラのマンチェスター・シティや
レアルに移籍するんじゃないか?のレヴァンドフスキ
本人のコメントとしては
「私はあらゆるくだらない話題に対して何か答える必要はない」
「(移籍の噂に関して尋ねられ)私はいつもナンセンスな質問には答えないんだ。たとえそれが何らかの意味があるものだったとしてもね。このテーマについて私が何かを言う必要など無いよ」

「くだらない話題に答える必要はない」。レバンドフスキに再燃したレアル移籍の噂
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが噂されているレアル・マドリーへの移籍について語った。
先日、レバンドフスキが独紙『シュピーゲル』の取材で「もっとワールドクラスの選手を連れてくるべきだ」とクラブの補強に対して批判的な意見を述べた。
またスペイン紙『アス』によると、その件もありレバンドフスキはバイエルン退団を計画していると報じている。なお、既に代理人に対し今季終了後にマドリーに移籍したい意思を通知したとも伝えている。
現地時間16日に行われたマインツとの試合後にレバンドフスキは「私はあらゆるくだらない話題に対して何か答える必要はない」と発言した。
マインツとの試合は4-0で勝利したものの昨季までのような圧倒する試合がなくなってきているバイエルン。またクラブとの関係悪化も噂されるなかでレバンドフスキはどういった決断をするのだろうか。

レアル&マンCが狙うレヴァンドフスキ、移籍の噂に言及
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

移籍の可能性が取り沙汰されるバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、去就に関する明言を避けている。
先週、クラブ上層部との決して平和的とは言えない言葉の応酬を終えた後、かねてから関係を噂されていたスペインのレアル・マドリードやイングランドのマンチェスター・シティなどへの移籍説が浮上していたレヴァンドフスキ。2014年のバイエルン加入以降、常に不動のCFとして君臨し、スランプとは無縁のゴール量産を続けてきた同選手だが、多くのメディアが騒ぎ立てる“憶測”に対し、具体的な回答を施す意思は毛頭ない様子だ。独『Bayerischen Rundfunk』に対し、彼は次のような言葉を残している。
「(移籍の噂に関して尋ねられ)私はいつもナンセンスな質問には答えないんだ。たとえそれが何らかの意味があるものだったとしてもね。このテーマについて私が何かを言う必要など無いよ」
ドイツでレヴァンドフスキと強固な師弟関係を築いたペップ・グアルディオラがとりわけ同選手の招聘に熱心であり、彼の支配下であるマンチェスター・シティこそがポーランド代表FWの新天地最有力候補だと報じられている。本人は否定も肯定もしなかったが、果たしてこの物語はどのような結末を迎えることになるのだろうか。