レヴァンドフスキが補強に文句、幹部激怒

レヴァンドフスキがバイエルンの補強について
もっとすごい選手が必要だ、とコメント
しかしこれにルンメニゲ、ヘーネスが激怒
補強に文句を言う権利は無い!と。
今シーズンの補強は素晴らしいと思う
名前的にもハメスを獲ってやっぱり記事は増える
もしネイマールなんか来てたら
得点王がどうとかレベルのじゃない文句が出たはずだ、レヴァンドフスキ

ドイツ王者バイエルンCEO、クラブに意見したエースに苦言「選手の権利はそこまで大きく…」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、クラブの移籍市場での動きに注文をつけたポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキを批判。過剰な発言を控えるようにクギを刺した。ドイツ紙「ビルト」紙が報じている。
ポーランド代表FWレバンドフスキは、ドイツ誌「デア・シュピーゲル」のインタビューの中で、「バイエルンはワールドクラスの選手をチームに加え続けたいのであれば、何かを考え、クリエイティブにならないといけない。トップレベルで戦いたいのであれば、クオリティーのある選手が必要だ」と主張。ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペら大型補強を展開したパリ・サンジェルマン(PSG)の動きを受けて、クラブに対して意見した。
これに対してルンメニゲCEOはドイツ紙「ビルト」で、「彼が本当にそのようなことを言ったのなら残念だ。忠誠心はバイエルンのDNAの一部で、ファンに対しても重要なこと。ロベルトはPSGの移籍に刺激されたんだ。彼は選手として我々に雇われ、大金を稼いでいる。彼の発言は残念に思う」とエースの発言に苦言を呈している。
「誰であれ、公にクラブやチームメイトを批判するようならそれは私個人とのトラブルになる。彼はすでに昨季のフライブルク戦後にも十分なサポートがないとのクレームを出していた」
ルンメニゲCEOは「私は選手の権利はそこまで大きいとは思っていない」と毅然とした態度で対応し、レバンドフスキの意見を一蹴した。

バイエルン社長、レワンドフスキの移籍方針批判は「遺憾」
(AFP=時事)

ドイツ・ブンデスリーガ1部、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)のカール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長が、チームの移籍方針を批判したロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)の発言は「遺憾だ」と非難した。
バイエルンは、9日のホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)戦を0-2で落として現在リーグ6位。開幕3試合を終えた時点の成績としては、2010-11年シーズン以降最悪となっている。
12日にはホームでRSCアンデルレヒト(RSC Anderlecht)との欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)初戦を控えるバイエルンだが、レワンドフスキがドイツの週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)で、クラブはよりワールドクラスの選手獲得へ巨額資金を投入すべきだと主張したことで、そのムードは改善されていない。
バイエルンは6月、フランス・リーグ1のオリンピック・リヨン(Olympique Lyon)からMFコランタン・トリソ(Corentin Tolisso)をブンデス史上最高額となる4750万ユーロ(約58億円)で獲得したが、レワンドフスキは他の欧州トップクラブの動きと比べ、バイエルンは取り残されているように感じたという。
しかし、バイエルンのウリ・ヘーネス(Uli Hoeness)会長はすでに、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)に2億2200万ユーロ(約288億円)、キリアン・ムバッペ(Kylian Mbappe)に1億8000万ユーロ(約235億6000万円)の資金を投じたパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)の補強は「狂気」と非難しており、ルンメニゲ社長もレワンドフスキの発言をクラブに対する事実上の批判と受け取った。
ルンメニゲ社長は独紙ビルト(Bild)に対し、「どうやら、ロベルトはパリの移籍事情にいらだっているようだ」とした上で、「彼は一サッカー選手としてわれわれに雇われ、金を稼いでいる。彼の発言は遺憾だ」と語った。

update: 2017年9月12日11:57 pm