ミュラー、プレミアに行くのか?

アンチェロッティとしっくり行かないミュラー
27歳で実力がさがっているわけでもないのに
出場できないのはやっぱり出場できるところに行きたくなるだろう
そんなミュラーを欲しがるところは多く
クロップのリバプール、チェルシー、アーセナル
でもミュラーはバイエルンだろ

ミュラーにプレミア強豪3チームが興味、将来はプレミアでプレーか
(SPORT.es)

2015年にバスティアン・シュヴァインシュタイガーがユナイテッドへ加入して以来、後任のトーマス・ミュラーはバイエルンで人気を博した。しかしながら、その2年後の今ミュラーの継続が危ぶまれている。
英国メディアはミュラーのプレミアリーグへの移籍の可能性を伝えている。7月にルンメニゲは「トーマスを手放す気は無い」と公言しているが、アンチェロッティ監督との反目とハメス・ロドリゲスの加入により事態は急変する可能性がある。プレミアリーグでは3つの強豪クラブがミュラーの獲得に関心を示している。
もうすぐ28歳の誕生日を迎えるミュラーは、現在もバイエルンのスターとしてのポジションをキープしており、サポーターたちから支持を受けている。しかしながら、時の経過とともにバイエルンでの状況は悪化しており、冬の移籍市場でプレミアリーグへ離脱する可能性がある。
英国誌『The Sun』の7日木曜日の記事によれば、ミュラーとアンチェロッティ監督の不和は修正不可能であり、ミュラーはプレミアリーグへの移籍を検討しているという。現在プレミアリーグでミュラーの獲得に関心があるクラブは、チェルシー、リバプール、アーセナルである。
この時期にミュラーが欧州CLのライバル候補に離脱するというのは難しいかもしれない。しかし今のプレミアリーグの財力をもってすれば、不可能とは言い切れないだろう。

バイエルン一筋399試合出場のミュラーが移籍を検討か。プレミアクラブが熱視線
フットボールチャンネル

複数のプレミアリーグのクラブがバイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーに興味を持っているようだ。7日付けの英紙『ミラー』が報じている。
今季のミュラーはカルロ・アンチェロッティ監督の下でリーグ戦わずか78分しか出場していない。また現地時間8月26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦では出場時間わずか17分で試合終了後には不満を口にするなど不本意なシーズンを送っている。
記事によると、そんなミュラーにプレミアリーグのチェルシー、アーセナルそしてリバプールが興味を示しているようだ。リバプールは既に今夏の移籍市場でイングランド代表MFアレックス・チェンバレンを獲得した事で撤退気味だが、チェルシーとアーセナルは冬の移籍市場で獲得を狙っていると伝えている。
これまでバイエルン一筋でリーグ戦通算399試合に出場し161ゴールを挙げている生え抜きのミュラーだが出場機会を求めて移籍を決断するのだろうか。

update: 2017年9月8日11:44 pm