サリハミジッチ・スポーツディレクター誕生 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/08/03
サリハミジッチ・スポーツディレクター誕生

ザマーがやめて空席だったスポーツディレクターに
ラーム、カーン、クローゼ、ファン・ボメルに断られ
やっと見つけた新スポーツディレクター
「24時間、週7日」働く宣言
それは大げさにしても現役の時も動きまくってたから
フロントでも動き回ってくれるだろう

BミュンヘンのSDにOBサリハミジッチ氏が就任
(日刊スポーツ)

バイエルン・ミュンヘンはOBで元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のハサン・サリハミジッチ氏(40)が新たにスポーツディレクター(SD)に就任したと発表。3年契約。前任のザマー氏が昨年7月に健康上の問題で退任していた。
1日の独紙ビルトによると、7月24日にBミュンヘン会長のウリ・へーネスは「6週間以内に新しいSDを発表する」とコメントしていたが、1週間で十分だったようだ。マックス・エッベル、フィリップ・ラーム、マルク・ファンボメルら多くの候補者に断れていたが、ようやく見つけることができた。サリハミジッチが就任し、「緊急な解決策だとは感じていない。僕はクラブのDNAを知っているし、勤勉に気合を入れて働くし、24時間、1週間7日ずっと選手のためにいるよ」とコメントした。
へーネスは「(アイデアが出てから)1日寝て、決断した。クラブのことを隅から隅まで知っている。低迷期も絶頂時も一緒にいた存在だ」と話した。監督のカルロ・アンチェロッティも納得の人選のようだ。代表取締役のカールハインツ・ルンメニゲは「監督は人選にとても満足している、と話していた。彼らはうまくハマると思う。ハサンは知的で勤勉で忠誠心があり、頭のきれる人物だ。我々は完全に信頼している。また成功に満ちたシーズンを送るために我々に欠けていたモザイクのかけらだ」とコメントした。
サリハミジッチの仕事は育成部をカバーし、監督とチームと首脳陣をつなぐ役割となる。

バイエルン新SDが掲げる目標はCL制覇「何としても実現したい」
(Goal)

新たにバイエルンのスポーツディレクターとなったハサン・サリハミジッチが、今後の意気込みを『Goal』の記者に語ってくれた。ドイツの盟主として「なんとしてもビッグイヤーを掲げなければ」と、欧州制覇を視野に入れているようだ。
サリハミジッチは「レアル・マドリーは欧州の舞台でも素晴らしい成績を残している。過去4年で3度の欧州制覇を果たした。我々もそれに負けていられないし、チャンピオンズリーグは何としても獲得しなければいけないタイトルとなる」と発言。
また、ブンデスリーガでは6連覇中で“バイエルン1強になりつつある”という指摘については「退屈なんかではないと思うよ。実際にライプツィヒやドルトムントは昨シーズンも強かった。我々は常にリーグタイトルを狙い、シャーレを掲げたいとは思っているが、簡単なものだとは思っていない。新シーズンには何が起こるか見てみようじゃないか」とコメントし、ライバルたちの躍進もあってバイエルン1強という風潮を否定している。
1977年生まれ、元ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表のサリハミジッチは、ハンブルガーSVを経て1998年にバイエルンに加入。その後2007年にユヴェントスへ移籍するまで同クラブで数々のタイトル獲得に貢献してきた。
サリハミジッチの新SD就任で17-18シーズンにバイエルンはリーグ7連覇、そして12-13シーズン以来となる5シーズンぶりの欧州制覇を達成することができるのか、クラブをよく知るサリハミジッチの手腕に注目が集まる。

バイエルン、新SDにOBのサリハミジッチ氏就任「24時間選手たちのために働く」
(ISM)から

バイエルン(ドイツ)は現地時間31日、OBのハサン・サリハミジッチ氏(40)が新たにスポーツディレクター(SD)に就任したことを発表した。契約期間は3年となる。
バイエルンは昨年7月、マティアス・ザマー前SDが健康上の問題で退任。以降、SD職の人材を探しており、昨季限りで引退したフィリップ・ラーム氏など、様々な候補が挙げられていた。そして今回、サリハミジッチ氏が就任することとなった。
同氏は「毎週7日間、24時間にわたって選手たちのために働く」と、意欲を表している。
サリハミジッチ氏は1998年から2007年までバイエルンに在籍。350試合以上に出場し、6度のブンデスリーガ制覇や2001年のチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。また、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表として42キャップを記録している。

バイエルン、サリハミジッチ氏がクラブ幹部に…新SD就任を発表
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは7月31日、元ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表のハサン・サリハミジッチ氏がクラブのスポーツディレクター(SD)に就任すると発表した。
サリハミジッチ氏は1977年生まれの40歳。1998年にハンブルガーSVからバイエルンへ移籍し、2007年まで中心選手としてプレーした。バイエルンではブンデスリーガ234試合に出場している。2007-08シーズンからはユヴェントスに所属し、2012年にヴォルフスブルクで現役を引退していた。
同氏は今年2月、バイエルンのブランド大使に任命されてアジアツアーに帯同。そして今回、SD就任が決まった。契約は2020年6月30日までで、今後はクラブ幹部としてチームの強化などにあたることとなる。
なおサリハミジッチ氏のSD就任は、7月31日に行われた記者会見にて発表。同会見にはバイエルンの代表取締役社長を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏と会長のウリ・ヘーネス氏も同席している。

バイエルン、新SDはサリハミジッチ氏に決定。「24時間、週7日選手のために準備」
フットボールチャンネル

現地時間31日、バイエルン・ミュンヘンはハサン・サリハミジッチ氏のスポーツディレクター(SD)就任を発表した。契約期間は2020年まで。
バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO記者会見で「彼はとても勤勉で真面目な人間だ。それに5ヵ国後も話すことが出来る。さらに大きなネットワークも持っているので我々は彼に全幅の信頼を寄せている」と話した。
続けてサリハミジッチ氏は「私は24時間、週7日いつでも選手のために準備している。現役時代、常に100パーセントの力を出していたようにこの仕事も全力を尽くす。大きな成功を勝ち取れることを確信している」と意気込みを語った。
現在40歳のサリハミジッチ氏は現役時代にハンブルガーSVやユベントスなどでプレーしていた。バイエルンでは1998年から2007年までプレーした経験を持つ。その間リーグ優勝6回、ドイツ杯(DFBポカール)優勝4回、そして2000/2001シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げている。

バイエルンの新SDにはクラブOBサリハミジッチが就任…昨年以来空席
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンは7月31日、ハサン・サリハミジッチが新たなスポーツディレクターに就任したことを発表した。
サリハミジッチはバイエルンの黄金期で中心選手としてプレーし、ブンデスリーガでは6度の優勝を経験。昨年、健康を理由に職を辞したマティアス・ザマー以来、空席となっていたSD職にクラブOBが就任したことを、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOが明かしている。
「バイエルンをよく知るハサンが、プロとして働いてくれることだろう。彼はハードワーカーで常に100%を注いでくれる。彼はピッチ上、チームと監督を取り持つ間、監督とクラブ、ユース、スカウトなどについて責任を負う」
今夏、オリバー・カーン、マルク・ファン・ボメル、ミロスラフ・クローゼなどクラブOBにSDを打診し、断られ続けていたバイエルン。ようやく新たなSDを据えることに成功している。