公開日:2017/07/27

レナト・サンチェスにミラン、マンU

レナト・サンチェスがバイエルンでは微妙
しかしマンチェスター・ユナイテッドは
モウリーニョが欲しくてしょうがない感じ
ミランもお金をがんがん使えるので欲しい
しかしバイエルンとしてはレンタルなら考えてもいいという考え
アンチェロッティがミランに良い感じで言って1年行くのがいいかもしれない

大型補強のミラン 独王者バイエルンから19歳新鋭獲得か 移籍金52億円の4年契約と仏紙
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

バイエルン・ミュンヘンでプレーする19歳のポルトガル代表MFレナト・サンチェスに大型補強を続けるACミラン移籍の可能性が浮上した。仏紙「レキップ」が報じている。
サンチェスは昨夏、ベンフィカから移籍金3500万ユーロ(約46億円)でバイエルンへと大きくステップアップ。2016年欧州選手権の優勝メンバーで、クラブ史上初のポルトガル人選手として大きな期待を集めた。
とはいえ、そこはタレント軍団のバイエルン。世代屈指の逸材とされるサンチェスでも出場はリーグ戦17試合、UEFAチャンピオンズリーグ6試合、DFBポカール2試合の計25試合にとどまり、スタメンのチャンスはわずか9回と厚い選手層の壁にぶち当たった。
今夏の移籍が囁かれていたなかで、新天地に浮上したのがイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチやサンチェスと同胞のFWアンドレ・シウバら大型補強を進めるミランだ。記事によれば、サンチェスは移籍金4000万ユーロ(約52億円)の4年契約での移籍に近づいているとされている。
バイエルンは来月18日に20歳を迎える成長株を手放すのだろうか。

バイエルンCEO、ミラン移籍浮上のR・サンチェスの去就に言及「1年レンタルなら…」
(Goal)

昨夏バイエルン・ミュンヘンに加入したポルトガル代表MFレナト・サンチェスは、今夏に退団することになるのだろうか。同クラブのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は放出の可能性を示唆するも、期限付きでの移籍を望んでいると語った。
ユーロ2016の大会最優秀若手選手に選ばれ、大きな期待とともにベンフィカからバイエルン入りを果たしたR・サンチェス。しかし、新天地での初シーズンは先発出場6試合と不本意に終わり、ここ最近ではミランが同選手への興味を示すなど退団の可能性が浮上していた。
だが、バイエルンはR・サンチェスを少なくとも完全移籍で放出することはなさそうだ。ルンメニゲCEOは「ここシンガポールで彼と話したが、彼は必ずしも去ることを望んでいない。彼はプレーしたいんだ。それが彼にとって一番大事だし、我々の考えも同じだ」と強調し、「今しばらくは様子を見なければいけない。もし手放すとしても、1年のレンタル移籍しか認めないつもりだ。彼がバイエルンにとって、優れた戦力になることを確信しているのでね」と続けている。
一方で、移籍先候補として有力視されていたミランだが、マルコ・ファッソーネCEOは「バイエルンとは20~25日間も話しているが、現状ではバイエルンの要求に応えることができていない」と交渉の状況に言及している。「今後数週間でどうなるか様子を見ていく。8月に何かが変わるようであれば、我々は準備ができている」と続け、同選手の獲得を諦めていない様子を示した。

ミラン好機!? バイエルン、19歳若手MF放出を示唆。その条件は…
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンのMFレナト・サンチェスは、やはり移籍に向かっているのかもしれない。カール=ハインツ・ルンメニゲCEOが示唆したと、英紙『デイリー・スター』などが伝えている。
19歳のレナト・サンチェスは現在、ミランやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が取りざたされている。バイエルンで出番が限られている同選手は、この話に前向きなようだ。
ルンメニゲCEOは、レナト・サンチェスの将来性を評価しており、「彼はバイエルンのために優れた選手になれると我々は信じている」とコメントしたうえで、「最大1年のレンタルならあり得るかもしれない」と語った。
ミランは完全移籍で同選手を狙っていた模様だが、それは難しそうだ。それでも、武者修行の場としてなら獲得の可能性があるかもしれない。

バイエルンの19歳MF、マンUへレンタル移籍か。指揮官が熱望
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェスが、今夏レンタル移籍でマンチェスター・ユナイテッドに加入する可能性が高まっている。英紙『ザ・サン』が報じた。
ポルトガル屈指の逸材とも呼ばれるサンチェスは、当時18歳という若さながらEURO2016で堂々たるプレーを見せるなど、大きな注目を集める存在であった。昨夏、欧州の強豪クラブが同選手の獲得に動く中、最終的にバイエルンに移籍することになったが、現ユナイテッド指揮官のモウリーニョ監督も獲得を熱望していたようだ。
同紙によると、現在も同指揮官のサンチェス獲得への意思は変わらないようで、それがレンタル移籍での獲得という形で実を結ぶことになるようだ。
バイエルンのCEOカール・ハインツ・ルンメニゲ氏も「彼はコンスタントに出場する必要のあるプレーヤーだ。だから彼が十分な時間プレーできないと思うのなら、我々は彼をレンタルで出すか、場合によっては売り出すことになるだろう」と発言しており、移籍の可能性は否定できない。
昨季、鳴り物入りでバイエルンへと加入したサンチェスは、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルや元スペイン代表MFシャビ・アロンソなど錚々たるメンバーが揃う中で十分な出場機会を得ることができなかった。今夏はさらにリヨンからフランス代表MFコランタン・トリッソ、ホッフェンハイムからドイツ代表MFセバスティアン・ルディが加わったことで競争は増し、出場機会はさらに減少していくことが予想される。

バイエルンの19歳MFについて監督が注目発言。「移籍は一つの可能性であるが…」
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘン所属のポルトガル代表MFレナト・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍に関してカルロ・アンチェロッティ監督が発言をしている。
先日、英紙『ザ・サン』はサンチェスが今夏ユナイテッドへレンタル加入する可能性が高まったと報じていた。
現地時間24日、アンチェロッティ監督は25日行われるチェルシーとの親善試合の前日記者会見の席で「現在、彼は我々とトレーニングをしている。移籍は一つの可能性であるが、彼が今季チームに残る可能性もある」とサンチェス放出を否定しなかった。
また、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOも「彼はコンスタントに出場する必要のあるプレーヤーだ。だから彼が十分な時間プレーできないと思うのなら、我々は彼をレンタルで出すか、場合によっては売り出すことになるだろう」と発言しており移籍の可能性は否定できない。
ポルトガル屈指の逸材とも呼ばれるサンチェスは、当時18歳という若さながらEURO2016で堂々たるプレーを見せるなど、大きな注目を集める存在であった。昨夏、欧州の強豪クラブが同選手の獲得に動く中、最終的にバイエルンに移籍することになったが、現ユナイテッド指揮官のモウリーニョ監督も同胞の獲得を熱望しているようだ。