公開日:2017/07/10

コロンビアではハメスはバイエルンに行く

レアル・マドリーから出るとされる
ハメス・ロドリゲス、移籍先にいろいろ候補が出てくるが
ハメスの母国コロンビアではアンチェロッティの線からバイエルン有利となる

ハメス、バイエルン移籍の可能性も…アンチェロッティ監督と再会なるか
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンが、レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得へ向けて準備を進めているようだ。コロンビアのテレビ局『カラコル・テレビシオン』の報道を引用し、スペイン紙『アス』が10日に伝えている。
報道によると、バイエルンがJ・ロドリゲス獲得に向けて動きを見せており、関心が報じられているマンチェスター・Uやパリ・サンジェルマンよりも先に正式オファーを提示する可能性もあるという。
今回の報道では、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督とJ・ロドリゲスの良好な関係も指摘されている。同監督は、J・ロドリゲスがレアル・マドリードへ加入した時の指揮官だった。アンチェロッティ監督の指揮下で、同選手は公式戦46試合出場17ゴール18アシストと好成績を残している。
なおJ・ロドリゲスについては今月3日、移籍先としてマンチェスター・U以外のクラブを望んでいないとの報道もあった。イギリスメディア『スカイスポーツ』によれば、同選手はレアル・マドリード残留とマンチェスター・U移籍の二択に絞っている旨をフロレンティーノ・ペレス会長に直接伝えた模様だ。
マンチェスター・U移籍への強い思いを持っていると見られているJ・ロドリゲスだが、“恩師”アンチェロッティ監督からの誘いとなれば、心を動かされる可能性も十分にあるだろう。今後の動向に注目が集まる。

移籍市場で大ブレイクのハメス、移籍先を予想「バイエルンだ」
(SPORT.es)

レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがここ数日祖国コロンビアで話題となっている。TV局『Caracol Television』のディレクターでコロンビア人ジャーナリストのハビエル・エルナンデスがハメスの次の移籍先に関して予想した。
同氏は同番組内で次のように語った。「ハメスはマドリーに残ることは無い。最も可能性があるのはPSGよりもバイエルン・ミュンヘンだ。」
「ハメスは月曜からの練習に合流するためにマドリーへ戻った。しかし、ここは欧州の他のクラブへ行くための経由地に過ぎないかもしれない。」
欧州のメディアはハメスがウェイン・ルーニーの後任としてユナイテッドへ移籍する予想しているが、コロンビアのメディアはバイエルン・ミュンヘン説を唱えているようだ。