レヴァンドフスキがバイエルンに不満、チェルシーが狙う

レヴァンドフスキがみんなサポートしてくれないから
バイエルンはちょっとなあ、となっているらしい
レヴァンドフスキ、得点王になれず八つ当たり
まあ狙っているところは結構あるだろうが
出ていったら後悔すると思うが
チェルシー・・・シェフチェンコ・・・・トーレス・・・・

代理人がバイエルンエースの移籍を示唆「あんなに失望している姿を見たことがない」
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘン所属のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの移籍の可能性について代理人のマイク・バルテル氏が言及した。スペイン紙『アス』が報じた。
「ロベルトは私に十分なサポートを与えられていないと言った。それと、得点王争いのために最終節に出場したかったのに、監督が彼を招集しなかったことも嘆いていた。彼があんなに失望している姿を見たことがないよ。積極的なサポートを受けられることを彼は望んでいたんだ」
レバンドフスキは今季リーグ戦33試合に出場し30ゴールをマークするも、最終節で2得点を決めたドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤンに1得点差で得点王争いに敗れた。レバンドフスキの不満は、主に今季からバイエルンの指揮を執っていたカルロ・アンチェロッティ監督へ向けられたものであるようだ。
同紙によると、万が一FWクリスティアーノ・ロナウドが退団した場合にレアル・マドリーがレバンドフスキ獲得に動き出すと見られている。レアル・マドリーはかねてからこのポーランド代表FWの獲得を熱望している。

レヴァンドフスキ、バイエルン退団も…クラブに不満、代理人が明かす
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブに不満を抱いているようだ。母国紙『Super Express』でのコメントを引用し、イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。
レヴァンドフスキは今シーズン、公式戦で43ゴールを記録。チームが5連覇を果たしたブンデスリーガでは30ゴールを挙げたが、得点王のタイトルは逃した。残り1試合時点では得点ランキング首位に立っていたが、最終節は無得点。同節で2ゴールを挙げたドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに逆転を許す結末だった。
報道によると、レヴァンドフスキは今月上旬、『Super Express』に対して「苛立っていたよ。チームメイトの姿勢に失望したんだ」とコメント。得点王を逃したこともあってか、批判的な言葉を同僚たちに向けた。そして今週、同選手の代理人を務めるマイク・バルテル氏がドイツ誌『キッカー』に対し、「ロベルトは私に(チーム内で)サポートを得られていないと言ったんだ。彼があんなにも落ち込んでいる様子は見たことがなかったよ。彼は本当に、得点王になるためにサポートしてもらうことを望んでいたんだ」と、コメントしたという。
クラブとチームメイトへの不満を抱いていることが判明したレヴァンドフスキ。今後は移籍の可能性を報じるメディアが増えそうだ。『デイリーメール』はマンチェスター・Uとレアル・マドリードを移籍先候補に挙げ、バイエルン退団の可能性を伝えている。

レバンドフスキにチェルシー行きの可能性が浮上! バイエルンでの現状に失望か
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

プレミアリーグ王者のチェルシーは、スペイン代表FWジエゴ・コスタの退団に備えた新たなストライカーの獲得に動いているようだが、新たにバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ獲得の可能性が英メディアで報じられている。
今季プレミアリーグの得点ランキング2位に入ったベルギー代表FWロメル・ルカク獲得の線が濃厚と見られていたチェルシーだが、エバートンが要求する1億ポンド(約140億円)の移籍金支払いに難色を示している。
チェルシーがエバートンの必死の抵抗に遭っているなか、英紙「デイリー・ミラー」は新たな候補としてレバンドフスキの存在を報じている。同選手はバイエルンで96試合77得点と実績を残しているが、クラブに対して不信感を抱いていると言われている。
レバンドフスキは今季30得点を決めたが、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの31得点には及ばず、得点王のタイトルは逃した。代理人のマイク・バーテル氏によれば、「ロベルトは、私に(クラブからの)サポートがない、(カルロ・アンチェロッティ)監督は最終戦で私が得点王となるための助けになってくれなかった」と不満を漏らしており、クラブに失望しているという。

チェルシーがBミュンヘンFWレバンドフスキ獲得へ
(日刊スポーツ)

チェルシーがバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキ(28)の獲得を画策していると、21日に英紙ミラーが報じた。
レバンドフスキは5季連続優勝したBミュンヘンで16-17年には43得点を挙げた。しかしながら同選手は得点王になれなかったことで、助けになってくれなかったチームメートたちを批判していた。
代理人は「ロベルトは何のサポートもなく、アンチェロッティ監督も最終戦を前に電話をくれなかったと言っていた。今まで見たことないほどに、がっかりしていた」とコメント。今回の件を生かして、チェルシーは問い合わせを入れる予定だという。同クラブは来季から欧州チャンピオンズリーグに復帰するため、少なくとも2人のトップレベルのストライカーを補強する意向という。

チェルシーがレヴァンドフスキに照準か…D・コスタの代役として
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

チェルシーが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ獲得を検討しているという。イギリス紙『デイリーミラー』が20日付で報じている。
レヴァンドフスキを巡っては、クラブに対して不満を抱いていることが明るみとなった。同選手は自身がブンデスリーガの得点王を逃したことについてチームメイトからのサポートがなかったと失望。これにより、移籍の可能性が取り沙汰されている。
そして、その移籍先候補として新たに浮上したのが、チェルシーだ。同クラブはスペイン代表FWジエゴ・コスタがアントニオ・コンテ監督の構想外となり、今夏での退団が有力視されている。かねてからエヴァ―トンのベルギー代表FWロメル・ルカクやトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの獲得が噂されていたが、一転してレヴァンドフスキに照準を合わせたようだ。
同紙によれば、チェルシーはチャンピオンズリーグでの戦いを控え、トップクラスのストライカーを2人獲得したい意向だという。未だその実現には至っていないが、果たして誰がプレミアリーグ王者に加わるのだろうか。

チェルシー バイエルンMのポーランド代表FW獲得に動く 英紙報道
(スポニチアネックス)

今季イングランド・プレミアリーグ王者のチェルシーが、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(28)の獲得に動いていると、21日付の英紙デーリー・ミラーが伝えた。
今季チーム得点王のスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)に戦力外を通告しているチェルシーは、新たなエース候補を探しており、既にエバートンのベルギー代表WFロメウ・ルカク(24)と接触。しかし、エバートンが設定する移籍金が1億ポンド(約140億円)と高額なことから、バイエルンMのエース引き抜きに向けた動きを本格化させているという。
レバンドフスキは今季ブンデスリーガで30ゴールを挙げて得点ランク2位。31ゴールを挙げたドルトムントのFWピエール・エメリク・オーバメヤン(28)に1点及ばず、2季連続3度目の得点王を逃した。最終節で得点王獲得に向けた味方のサポートを得られず無得点に終わり、2得点したオーバメヤンに逆転を許したため、クラブに不満を抱いているという。同選手の代理人は19日付のドイツ誌キッカーで「(得点王にさせようと)味方からのサポートもなかったし、アンチェロッティ監督からもレバンドフスキを助けようという指示がなかったと本人から聞いている。レバンドフスキは落胆していた」と話しており、退団の可能性が浮上していた。

バイエルンで不満のエースにチェルシーが興味か。ジエゴ・コスタの後釜探す
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキは、今夏の移籍を検討しているのかもしれない。イングランドではチェルシーが動き出した模様だと、『デイリー・ミラー』が報じている。
レバンドフスキは2016/17シーズンのブンデスリーガで得点王を逃した。最終節でボルシア・ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンに抜かれている。このことについて同選手はシーズン終了後、周囲のサポート不足を訴えていた。
この苛立ちは過去のことにはなっていないようで、レバンドフスキの代理人であるマイク・バルテル氏は先日、独メディア『キッカー』で「あんなに失望している彼は診たことがない」と話していたところだ。
『デイリー・ミラー』によると、そのレバンドフスキにチェルシーが関心を示している。チェルシーは2016/17シーズンのエースだったFWジエゴ・コスタを構想外にしているようで、新たなストライカーの獲得が必要な状況だ。バイエルンのエースが移籍を希望するのであれば、この機会に飛びつくかもしれないという。

「レヴァンドフスキは今まで見たことがないくらいクラブに失望してる」 代理人が明かす
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

2014年にドルトムントを退団し、バイエルン・ミュンヘンへと加入した同選手は、初年度からゴールを量産すると、今季もブンデスリーガ31試合に先発出場し30ゴールを決める活躍を見せていた。一見、何不自由のないミュンヘン生活を送っているものと思われるが、バーセル氏によると現在の指揮官カルロ・アンチェロッティに対し、不満を抱いているという。独『Kicker』が同氏の言葉を伝えた。
「レヴァンドフスキは私にこう言ってきた。『ここで一切のサポートを受けていないし、リーグ最終戦でも監督は自分が得点王になるための手助けをしてくれなかった』とね。彼はクラブにとても失望しているし、これほど落ち込んでいる姿は今までに見たことがない。彼はチームが適切な方法で自分をサポートしてくれることを望んでいるんだよ」
これまでバイエルン・ミュンヘンでの生活に一切の不満を示してこなかったレヴァンドフスキだけに、今回の“証言”は多くのヨーロッパトップクラブの関心を呼び寄せることになるだろう。とりわけチェルシーやレアル・マドリード、そしてマンチェスター・ユナイテッドなどはかねてよりこの優秀なスコアラーとのサインに興味を示しているとされてきた。彼らはいずれも“圧倒的な得点源”を探す必要性に駆られており、レヴァンドフスキの鬱憤を晴らすには十分な場所とも言えそうだ。

update: 2017年6月21日11:31 pm