ゴレツカ獲得か

シャルケのドイツ代表MFゴレツカ22歳を獲得したっぽい
とにかく補強も計画的でおたおたしないバイエルン
ルディ、ズューレ、ゴレツカ
補強についてはアンチェロッティとルンメニゲですりあわせているので
いよいよ今度は派手な補強が見られるか

絶対王者バイエルンは補強も盤石? リオ五輪ドイツ代表主将の獲得で合意か
フットボールチャンネル

シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカがバイエルン・ミュンヘンへの移籍に合意したようだ。23日付けの独紙『シュポルト・ビルト』が報じている。
同紙によると、ゴレツカはバイエルンと移籍で合意したと伝えている。しかし来季開幕からドイツ王者でプレーするのか、それともシャルケとの契約が切れる2018年からチームに加入するのかは決まっていない模様だ。
かつてシャルケのクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)は22歳のドイツ代表MFの放出を否定していたが移籍金を得るためにプランを変更する可能性もあるようだ。
2013年ボーフムからシャルケに移籍してきたゴレツカは4シーズンで通算118試合に出場し15得点12アシストと記録し、チームの中心選手となるまでに成長を遂げた。また、昨年のリオデジャネイロオリンピックではU-23ドイツ代表のキャプテンとしてチームをまとめ上げ準優勝に貢献した。それ以降はA代表として定着し、今年6月ロシアで開催されるコンフェデ杯のドイツ代表にも選ばれている。

バイエルン、移籍市場のターゲットは決定済み?CEO「アンチェロッティとは話し合った」
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は、今夏の移籍市場ですでにターゲットを定めていることを示唆した。
2016-17シーズンのブンデスリーガを制したバイエルンは、来季からMFセバスティアン・ルディ、DFニクラス・ズューレが加入することが決まっている。しかし、欧州王者を目指すバイエルンは、シャルケのMFレオン・ゴレツカ、アーセナルFWアレクシス・サンチェスといった選手の移籍もうわさされ、ルンメニゲ氏は移籍市場の動き方について言及した。
「すでにカルロ(アンチェロッティ)と移籍市場でのポリシーやターゲットについては話し合った。来シーズンはさらなるタイトル獲得を狙えるチームになる。すでに移籍は始まっている。ズューレはここ半年よくやっていたし、ドイツ代表にも呼ばれている。我々の将来にとって貢献してくれるだろう」
また、ブンデスリーガのタイトルのみに終わったアンチェロッティの初年度についても「良いシーズンだったと思う。15ポイント差をつけて優勝できたんだからね」と満足する様子を見せた。

update: 2017年5月25日11:53 pm