コマン完全移籍決定 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/04/29
コマン完全移籍決定

コマンがユヴェントスから完全移籍
レンタルだったが買いとった
まだ20歳のコマン、チアゴも契約延長
バイエルンはちゃんと未来も考えている

バイエルン、コマンの買い取りオプションを行使で2020年までの契約を締結
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンがフランス代表FWキングスレイ・コマンの買い取りオプションを行使した。クラブの公式サイトが伝えている。
コマンは2015-16シーズンにユヴェントスから、買い取りオプション付きのレンタル移籍でバイエルンに加入、1年目は公式戦37試合に出場し6得点12アシストを記録。2年目の今シーズンはケガの影響もあり、初年度のようなプレーは披露できていないが、23試合で2ゴールを挙げている。バイエルンはシーズン終了を前に、コマンが今後もクラブでプレーすることを発表した。契約は2020年の夏まで。
カール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は「キングスレイ・コマンは将来的にチームの基盤となる重要な選手だ。だから、我々は買い取りオプションを行使することを決めた。彼には大きなポテンシャルがあり、将来有望だ。今後数年間チームを助けてくれるだろう」とコメントし、期待の高さをうかがわせた。

[移籍]バイエルン、若手アタッカー・コマンの買取オプションを行使 代表取締役が大きな期待明かす
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

バイエルン・ミュンヘンは27日、ユヴェントスからレンタル移籍で加入中のフランス代表FWキングスレイ・コマンを、完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は2020年6月30日までとなっている。
現在20歳のコマンはパリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2013年2月に16歳ながらプロデビュー飾った。その後、2014年夏にフリーでユヴェントスへ移籍し、2015年夏に買取オプション付きのレンタル移籍でバイエルンに加入。今季は公式戦23試合に出場しており、2ゴールを記録している。オプション行使の期限が4月末と、残り数日まで迫っていたためバイエルンは彼の獲得を決断した。
バイエルンの代表取締役を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲは、クラブの公式サイトを通じて「コマンは、チームの将来において重要な選手だ。だから、我々はオプションを行使することを決めた。大きな可能性を秘めた将来有望な選手だし、今後数年間チームを助けてくれると確信しているよ」と述べ、コマンへの大きな期待を明かしている。

サッカー=コマンがバイエルンに完全移籍、契約2020年まで
ロイター

サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘンは28日、フランス代表FWキングスリー・コマン(20)が同クラブに完全移籍すると発表した。
コマンは2015年から2年契約でユベントス(イタリア)からバイエルンに期限付き移籍していた。バイエルンはこのたび同選手の買い取りオプションを行使。2020年までの契約を結んだ。
バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ最高経営責任者(CEO)はコマンについて「彼はとてつもないポテンシャルのある選手」とコメント。「今後もチームにとって大きな助けになってくれると信じている」と期待を寄せた。

バイエルン、コーマンを完全移籍で獲得 ルンメニゲCEO「チームの今後に向け、極めて重要な選手」
(ISM)

バイエルン(ドイツ)は現地時間27日、ユヴェントス(イタリア)から期限付き移籍で加入中のフランス代表FWキングスレイ・コーマン(20)について、完全移籍での獲得オプションを行使し、2020年までの契約を結んだことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。
2015年8月に、2年間のレンタルでコーマンを獲得したバイエルン。同クラブは完全移籍での獲得オプションを有しており、その有効期限は今月末までとなっていた。
同選手は今季ここまで、ブンデスリーガで17試合に出場し2得点を記録。公式戦全体では23試合でピッチに立っており、アルイェン・ロッベンやフランク・リベリーを擁するチームで、一定の出場機会を手にしている。
カール・ハインツ・ルンメニゲCEOはクラブ公式HPで、「キングスレイ・コーマンは我々のチームの将来において極めて重要な選手ということで、オプション行使を決定した。素晴らしいポテンシャルのある将来有望な選手だ。彼が今後何年も、我々の力になってくれると確信している」と、その将来性に期待を寄せている。

ユーベ復帰はなし! レンタル移籍中の“若手ドリブラー”がバイエルンに完全移籍
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンが27日、ユベントスからレンタル移籍で加入している20歳のフランス代表MFキングスレー・コマンを完全移籍で獲得すると発表した。契約期間は2020年6月までとなっている。
4月30日までに買い取りオプションの行使をユベントスに通達する必要があったため、バイエルンは買い取る意志を固めて今回獲得を発表をした形となる。買い取りオプションを行使する際の移籍金は2100万ユーロ(約25億円)とされていた。
コマンは今季公式戦23試合に出場し2得点を記録。昨年末は負傷に苦しみ、その後もベンチスタートの試合は多くなっていた。それでもバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOはクラブのオフィシャルサイトを通じて「コマンは大きな可能性を秘めた有望な選手だ」とコメントし、大きな期待を寄せていることを明かしている。