公開日:2017/03/15

やっぱりハメス・ロドリゲスが欲しいアンチェロッティ

定期的に噂になるハメス・ロドリゲスの獲得
アンチェロッティはとにかく欲しいようで
なんかこのまま来そうな感じもしてくる

ハメスに独王者バイエルンからラブコール? レアル加入時の恩師が獲得を希望か
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取り切れずに今季終了後の去就が注目されているが、ドイツからラブコールが届いているという。スペイン紙「マルカ」が報じている。
ハメスを求めているのは、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督だという。ハメスは2014年ブラジル・ワールドカップでブレークした後にレアルへ移籍したが、その当時レアルを率いていたのがアンチェロッティ監督だった。
「アンチェロッティ監督は、もう一度ハメスと仕事をしたい」と同紙は報じている。ハメスのレアル初年度、アンチェロッティ政権下ではリーグ29試合に出場して13ゴール。UEFAチャンピオンズリーグやスペイン国王杯の重要なゲームでも常に起用されてきた。
バイエルンは先日、CL16強でプレミアリーグの強豪アーセナルに2戦合計10-2という爆発的な攻撃力を見せて8強進出に成功している。それでも来季に向けた補強の動きのなかで、指揮官はハメスの能力に注目している模様だ。
ハメスはレアルとの契約延長を望む発言を残しているが、自らをレアルに導いた指揮官によるラブコールは去就に影響を与えるだろうか。

アンチェロッティが再びハメス獲得へ?ブンデス挑戦の可能性
ゲキサカ[講談社]

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督がレアル・マドリーのMFハメス・ロドリゲスの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。すでにバイエルンの上層部からも許可を得ているとみられ、実現する可能性は高い。『マルカ』によると、ハメスはレアルでキャリアを続けることに消極的。2か月前には来季以降も残留したいという旨の発言をしていたが、現状には大きく不満を持っているようだ。実際にクラブW杯やクラシコ、欧州CLのナポリ戦でも出番はなく、ほとんどの時間をベンチで過ごしている。
レアルを指揮していた当時、アンチェロッティ監督がハメスと過ごしたのは1シーズンだけだったが、彼のことを完璧に理解しており、縦への推進力や得点能力を買っているという。
過去にアンチェロッティ監督は『CNN』のインタビューで「彼はトップ選手だ。彼のレベルの高さには驚かされたものだよ」と発言。「彼には信じられないような才能がある」と高評価を下していた。
一方でハメス自身もアンチェロッティ退任の際には「すべてに感謝を。とても短い間だったけど、あなたからは多くを学んだ」と言葉を送っていた。相思相愛で互いをリスペクトしている二人。ハメスのブンデス行きは実現するのか。