シャビ・アロンソ、今シーズンで引退 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/01/19
シャビ・アロンソ、今シーズンで引退

シャビ・アロンソ、今シーズンで引退
35歳のシャビ・アロンソ
バイエルン側はもう少し選手として頑張って欲しいと

X・アロンソ、現役キャリアに終止符か…バイエルン幹部に引退の意思を伝えたと独誌が報じる
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンでプレーする元スペイン代表MFシャビ・アロンソ(35)が、次の夏に18年間に渡って過ごした選手生活に終止符を打つようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。
今年の6月30日に偉大な選手がピッチから去ることになるかもしれない。『シュポルト・ビルト』によると、リヴァプールやレアル・マドリー、そしてバイエルンで数々のタイトルを手にしてきたX・アロンソは昨年末、バイエルンの幹部に対して今季いっぱいでの現役引退の意思を表明したという。
レアル・ソシエダ出身のX・アロンソは2014年夏に当時、現マンチェスター・シティ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督が率いていたバイエルンに加入。今年6月にバイエルンとの契約が満了となるが、それに従いこのままピッチを退く考えのようだ。
以前にも引退の可能性について「そういった考えはもちろん頭のどこかにある」とも認めていたベテランは、クラブでの自身の後継者としてドイツ代表MFジョシュア・キミヒを挙げている。「ジョシュはファンタスティックだ。彼はどんなポジションも素晴らしくこなし、今後このクラブで偉大な未来を過ごすだろう」と褒めたたえていた。
一方で、バイエルンの首脳陣はX・アロンソに対し、現役引退を控えた場合のプランを提示するとのこと。レアル・マドリーでも指導を受けたカルロ・アンチェロッティ監督から依然として強い信頼を寄せられるベテランの決断に注目が集まりそうだ。

X・アロンソが今季限りで現役引退へ。アンチェロッティ監督に意思伝える
フットボールチャンネル

リバプールやレアル・マドリーで数々のタイトルを獲得してきた元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、今季限りで現役引退を決断したようだ。正確な長短のパスを駆使してヨーロッパの名門を渡り歩き、どのクラブでも結果を残してきた偉大な司令塔が35歳でスパイクを脱ぐ。
独紙『ビルト』によれば、X・アロンソは現在所属するバイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督に引退の意思を伝えたという。同選手とクラブの契約は今季末で満了を迎える。
スペイン代表としてW杯とEUROを制し、リバプールとレアル・マドリーではチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献したシャビ・アロンソ。2014年夏にバイエルンへ加入すると、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でブンデスリーガ連覇を果たし、今季も主力としてリーグ戦14試合に出場している。

元スペイン代表MFシャビ・アロンソ、今季限りで引退へ 10年W杯優勝
(スポニチアネックス)

2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の優勝メンバーである元スペイン代表MFシャビ・アロンソ(35=バイエルン・ミュヘン)が今季限りで現役を引退すると、18日発売のドイツ週刊誌スポーツビルトが報じた。昨年12月、クラブ幹部に契約満了となる今年6月以降はプレーしないことを伝えたという。
シャビ・アロンソは1999年にレアル・ソシエダードでプロデビュー。2004年にリバプール、09年にレアル・マドリード、14年にバイエルン・ミュンヘンとビッグクラブを渡り歩き、正確なパス、堅実な守備、高い戦術理解を武器に中盤の軸として活躍。リバプールで05年欧州チャンピオンズリーグ優勝、レアル・マドリードで14年欧州チャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトル獲得に貢献した。
スペイン代表は03年にデビューし、14年W杯ブラジル大会まで同代表歴代6位の通算114試合に出場(16得点)。10年W杯初優勝、08年、12年欧州選手権連覇など中盤の底でスペイン黄金期を支えた。

X・アロンソが今季限りで現役引退か…バイエルン幹部に意志伝える
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、今シーズン限りで現役引退を決断したようだ。ドイツ誌『スポーツビルト』が18日に報じた。
同誌によると、X・アロンソはバイエルンとの契約が満了を迎える6月30日をもって現役を引退する意向をクラブ幹部に伝えた模様。バイエルン側は同選手の決断を受けれたものの、引退撤回にも可能性を残しているという。
現在35歳のX・アロンソはレアル・ソシエダの下部組織出身で、トップチームに昇格後、2004年にリヴァプールへ移籍。2009年からはレアル・マドリードでプレーし、2014年にバイエルンへ移籍した。プロ18年目の今シーズンはこれまで公式戦18試合出場で3ゴールを挙げており、主力として活躍している。
2003年4月にデビューしたスペイン代表でも長年に渡って活躍し、国際Aマッチ114試合に出場してユーロ2008、2012と連覇を達成。また2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、優勝に大きく貢献した。自身3度目のW杯出場となったブラジル大会はグループリーグ敗退に終わり、大会終了後に代表引退を表明していた。