ラーム、2017年に引退はしない | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2017/01/13
ラーム、2017年に引退はしない

ラームが引退はまず2018年までの契約満了まではプレーするとコメント
これほどの選手の後釜を見つけるのは大変だ
右サイドバックとキャプテン両方

バイエルン主将ラーム、今季での引退を否定。「2018年まで契約がある」
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンの元ドイツ代表DFフィリップ・ラームは、今シーズン限りでの引退の可能性を現時点では否定している。7日付の独紙『ビルト』が伝えた。
プロキャリア初期にシュトゥットガルトへレンタルされた時期を除き、バイエルン一筋でプレーしてきたラームは、昨年11月で33歳となった。誕生日の直前には、「2017年に引退する可能性がある」と述べ、今シーズン限りでスパイクを脱ぐ可能性も排除はしていなかった。
だが、バイエルンと2018年夏までの契約を残しているキャプテンは、少なくともその契約満了まではプレーを続行する姿勢を改めて示唆した。現在カタールのドーハで行われているバイエルンのトレーニングキャンプに参加しているラームは、「今のところ僕にとって最後から2番目の冬季キャンプだ。2018年までの契約があるからね」とコメントしている。
ブンデスリーガ前半戦を首位で折り返したバイエルンだが、まだ改善の余地は残されているとラームは感じているようだ。「攻守のバランスを改善しなければならない。うまく機能した試合は多かったが、前半戦には完璧ではないことも何度かあった」と述べ、キャンプでのチーム力向上に意欲を見せた。
今季ブンデスリーガで躍進する昇格組RBライプツィヒに一旦は首位の座を奪われたバイエルンだが、再びトップを奪い返し、そのライプツィヒとの首位攻防戦に快勝して前半戦を折り返した。前人未到の5連覇に向けた戦いは、今月20日のフライブルク戦で再開となる。