ボアテング、プレミアは何もかもひどい

ボアテングがプレミア批判
メディアもだめ、天気もだめ
活躍するまでの時間を急かされる
まあボアテングにはあってなかったんだろう

今季ブンデスからプレミアに渡ったシャカは
すぐに馴染んでいる

J・ボアテングがプレミアへの不満ぶちまける「全てがひどい。天候もだ」
ゲキサカ[講談社]

バイエルンのDFイェロメ・ボアテングはプレミアリーグに対して言いたいことがたまっていたようだ。同選手がドイツ『ビルト』にコメントした内容を英『ミラー』が報じている。
ボアテングは2010-11シーズン、ハンブルガーSVからマンチェスター・シティに5年契約で完全移籍。しかし、定位置を確保するまでには至らず、16試合2得点という成績で翌シーズンにバイエルンへ移籍。プレミア挑戦はわずか1年で終わった。
そして今夏、ドイツ代表のチームメイトであるMFリロイ・サネが5年契約でシャルケからシティに完全移籍。これに関して、プレミア経験者の“先輩”ボアテングが口を開いた。
「あそこは全てがひどい。イングランドでは、すぐに適応することが求められるんだ。だけど実際は適応するのに時間がかかる。あそこでは、ほかと違うスタイルのサッカーがプレーされているからね」
「それでもイングランドのメディアは時間を与えてくれない。すぐに結果を出さなければならないんだ。これは選手にとって簡単なことじゃない」
「そういう批判をうまくかわすことができる選手もいるだろう。だけど大多数の選手はこう言うはずさ。『僕はここで何をしているんだ?全てがひどい。天候もだ』ってね」
これまで何人もの選手が期待された活躍を見せられずに去っていったプレミア。ボアテングは自身の経験を踏まえ、ピッチ内外での適応の難しさを訴えた。

プレミアが優れてるのはフィジカルのみ? シャカ「テクニック、戦術面はブンデスも同じレベル」
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

今夏ブンデスリーガのボルシアMGからアーセナルに移籍したスイス代表MFグラニト・シャカは、想像以上に早くプレミアリーグのスタイルに馴染んでいる。指揮官のアーセン・ヴェンゲルもシャカを高く評価しており、チームの中盤に欠けていたパワーをプラスする人材として期待されている。そんなシャカが思うプレミアリーグとブンデスリーガの違いはどこにあるのか。米『ESPN』によると、やはりフィジカル面ではプレミアリーグの方が激しいとの感覚があるようだ。しかし戦術面や選手個々のテクニックではブンデスリーガも負けていないと感じているようで、開幕から数試合プレイした中での印象を語っている。「フィジカルの面では、プレミアリーグの方がブンデスリーガよりも激しいね。テンポも早く、プレッシャーもある。特にアーセナルではボルシアMG以上にプレッシャーがかかるよ。ただ、テクニックや戦術面ではブンデスリーガも同じレベルにあると思うね」

update: 2016年10月13日11:43 pm