チャンピオンズ・リーグ組み合わせ決定 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2016/08/26
チャンピオンズ・リーグ組み合わせ決定

チャンピオンズ・リーグ組み合わせ決定
準決勝で敗れたアトレティコが一緒
まあバイエルンとアトレティコが抜けると思うが。

◇グループD
バイエルン(ドイツ1位)
アトレティコ・マドリー(スペイン3位)
PSV(オランダ1位)
ロストフ(ロシア2位)

ドルトは昨季王者レアルと同組、バルサとマンCがいきなり激突/CLグループ組み合わせ
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ組み合わせ抽選会が25日にモナコで行われた。リーガ・エスパニョーラ王者のバルセロナはグループCに入り、元バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・Cと同組。また、グループDではバイエルンとアトレティコ・マドリードが同組となり、昨シーズンのベスト8と同一カードが実現することとなった。
グループステージ第1節は9月13日、14日に開催。決勝は2016年6月3日にカーディフのミレニアム・スタジアムで行われる。

チャンピオンズリーグ本戦グループL組み合わせが決定!日本人選手所属クラブや死の組は……
(Goal)

今年のCLは昨シーズンの覇者レアル・マドリーを筆頭に、プレミアリーグでミラクルを成し遂げたレスター・シティ、リーガ優勝のバルセロナ、セリエAでスクデットを掲げたユヴェントス、ドイツの君主バイエルン・ミュンヘンといった各国の王者、強豪クラブが集結した。参加する32チームはポット1~4に分けられ、8つのグループが構成された。レアル・マドリーは日本代表MFの香川真司が所属するドルトムントと同グループに。バルセロナはマンチェスター・シティと、バイエルンはアトレティコ・マドリーと、アーセナルはパリ・サンジェルマンと同グループとなり、強豪対決が実現する。また、毎年、抽選会では強豪クラブが集う“死のグループ”ができることで注目を集める。特にポット3、4に入った強豪クラブがどのグループに入るのか、注目された。しかし、プレミアリーグ3位のトッテナムとリーグ・アン3位のモナコがCSKAモスクワ、レヴァークーゼンといった比較的戦力の均衡した組に入ったことで、「全クラブが欧州屈指の強豪」といったレベルのグループは生まれなかった。

公式サイトから
アンチェロッティ

難しいグループで、気をつけなければならない。アトレティコは昨シーズン、バイエルンをCL敗退に追い込んでいるし、ロストフのアヤックス戦での勝利には驚かされた。アイントホーフェンは昨シーズン惜しくもPKでアトレティコに敗れた。このグループは簡単ではない

ラーム

たとえ、アトレティコ・マドリードのように非常に強い相手が同じグループにいるとしても、過去何年も、最低でも準決勝までたどり着いている僕たちのようなクラブにとって、グループリーグ突破は義務だ。ロストフかアイントホーフェンでのアウェイ戦でまず勝つ必要がある。マドリッドでの試合はいずれにしても難しい戦いになるだろう。けれど、アトレティコとの試合は昨シーズンのリベンジではない。それはもう過去のこと。またゼロから始まる

ノイアー

またアトレティコ・マドリードと2回戦えることが嬉しい。もちろんグループ1位として決勝トーナメントに進みたいが、アトレティコとの対戦では決勝トーナメントの試合のような雰囲気をすでに味わえるだろう。ロストフは興味深い相手。僕たちの中で、このチームに関して、しっかりとした知識を持った人間はいないのではないだろうか。そしてPSVアイントホーフェンは、絶対に過小評価してはいけない。彼らは昨シーズン、2試合とも0-0でアトレティコと引き分け、惜しくもPK戦の末、後に決勝にまで進んだアトレティコに敗れた

ミュラー

昨季の準決勝よりも出来るところを、アトレティコに見せたい。借りを返さないといけない。グループ全体を見れば、まあまあといったところだ。今季のチャンピオンズリーグも楽しみだよ

あわせて読みたい