コマン、バイエルンに残りたい | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2016/08/11
コマン、バイエルンに残りたい

レンタル中のコマン
23.5億円での買い取りオプションがあり
ルンメニゲも獲得の可能性が高い、と
これは絶対買取だろう
コマンをトップにあげたのはパリSG時のアンチェロッティ
コマンもずっとバイエルンにいたいので決定か

バイエルン、コマンを買い取りの方針…CEO「可能性はとても大きい」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンが、クラブに所属するフランス代表MFキングスレイ・コマンの買い取りオプションを行使する可能性が高いことが明らかになった。4日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。
同紙によると、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)がコマンについてコメント。ユヴェントスと結んだレンタル契約には、2100万ユーロ(約23億5000万円)での買い取りオプションも含まれているが、ルンメニゲCEOは「我々がコマン買い取りのオプションを行使する可能性はとても大きい」とコメント。同選手を高く評価した上で、完全移籍での加入を目指すと明言した。なお、バイエルンが買い取りオプションを行使できる期限は2017年4月30日となっている。
バイエルンでの生活に満足しているコマンも以前、「ずっとバイエルンで過ごすことに、なんら問題はない」と発言を残しており、関係性は良好といえる。今後の展開はどうなるのか。動向に注目が集まる。

バイエルンで長くプレーしたいコマン クラブの買い取りオプション行使を希望
(Goal)から

ユヴェントスからのレンタルでバイエルン・ミュンヘンに在籍するフランス代表FWキングスレー・コマンは、ドイツ王者に完全移籍を果たすことを希望している。ドイツ『キッカー』とのインタビューで「ここで何年も過ごしたい」と述べた。主にウィングとしてプレーするコマンは昨夏、2年間の期限付き移籍でバイエルンに加入。そのレンタル料は700万ユーロで、バイエルンは行使価格2100万ユーロの買い取りオプションを有しているとされる。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは先日、同オプションを行使する考えを示唆したが、選手本人も同じことを希望しているようだ。
「ここに残りたい。ここに来たときの目標のひとつは、長い間ここでプレーすることだった。実際にどうなるか分からない部分もあるけど、ここでたくさんの年数を過ごすことはイメージできる。バイエルンは世界のベストチームのひとつ。ここで何年も過ごしたいね」
6月に20歳の誕生日を迎えたばかりのコマンは、バイエルン加入シーズンに公式戦35試合に出場。昨季を自身のキャリアにおいて、「多く出場機会を得た初めてのシーズン」と振り返るアタッカーは、「あらゆる面で、この1年は僕を前進させた」と手応えを感じている様子だ。また、パリ・サンジェルマン時代にも指導を受けたバイエルン新指揮官のカルロ・アンチェロッティ監督については、次のように語っている。
「彼はパリで僕を初めてトップチームで起用した監督なんだ。だからアンチェロッティは、僕にとって常に特別な監督であり続ける。当時の僕は16歳とものすごく若かったからね。ここで彼の指導を受けるのは特別なことだよ」