公開日:2016/07/22

アンチェロッティ、レヴァンドフスキは売らない

アンチェロッティがレヴァンドフスキは売らないと
なぜ売らなきゃ行けないんだ?とも
これでレヴァンドフスキ残留確定か

アンチェロッティ、古巣レアルにFWレバンドフスキの非売宣言
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ新監督は、レアル・マドリーへの移籍の噂のあったFWロベルト・レバンドフスキの売却を否定した。20日、スペイン紙『アス』が報じている。
これまでにもレバンドフスキは「新しいチャレンジをしたい」と述べ、一部報道ではマドリーと個人合意したとの報道も出た今回の移籍話。新指揮官はこれについて「マドリーには、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドなどたくさんの優秀な選手がいる。この上、レバンドフスキが必要なのかい」と述べる。
そして、「仮に彼らがレバンドフスキを望んでも、我々は彼を売ることはない。なぜ、自ら進んで世界屈指のFWを手放さねばならないのだ」と続け、古巣マドリーへの売却を否定している。
また、マドリーのFWアルバロ・モラタとのトレードという噂についても同様に「真実は、それがただの噂だということだ。モラタは私が抜擢した選手だし、素晴らしいプレーヤーだ。しかし、レバンドフスキとのトレードは決してない」と否定している。

アンチェロッティはレヴァンドフスキ退団説を一蹴
(Goal)から

バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督が、FWロベルト・レヴァンドフスキのレアル・マドリー移籍を否定した。
バイエルンとの契約が2019年まで残っているレヴァンドフスキだが、以前からマドリーへの移籍の噂が絶えない。だが、アンチェロッティ監督はドイツ『シュポルト・ビルト』で次のように述べている。『ESPN』が伝えた。
「マドリーには多くの優れた選手たちがいる。カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドとね。彼らにレヴァンドフスキは必要ないだろう。仮に必要だとしても、バイエルンはレヴァンドフスキを売らない。どうして世界有数のアタッカーを差し出さなければいけないんだ?」
また、アンチェロッティ監督はマドリーFWアルバロ・モラタへの関心の噂も否定している。
「そういう噂で正しいのは、私がマドリー時代にモラタを見つけ、彼はとても優れた選手だということだけだ。だが、私は世界のどの選手ともレヴァンドフスキを交換しない」

レアル移籍の噂を一蹴、アンチェロッティ「レワンドスキを売ることはない」
ゲキサカ[講談社]

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督がFWロベルト・レワンドフスキの移籍を認めないと言い切った。『ESPN』が報じたコメントをスペイン『アス』が伝えている。
アンチェロッティ監督は「R・マドリーにはカリム・ベンゼマやガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドがいる。彼らにはレワンドフスキは必要ではないよ」とコメント。
「それにたとえ必要であっても、バイエルンが彼を売ることはないだろう。世界最高のストライカーの一人をなぜこちらから放出しなければならないんだ?」と言い切った。
以前からレアルへの移籍が噂されるなか、今年5月末にはレワンドフスキ本人が「新しいことに挑戦したい」とコメントしたため、様々な憶測を呼んだ。
しかし直後にクラブのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長が「レワンドフスキはバイエルンに残る。なぜなら彼は世界でも有数のストライカーだからだ」と噂を一蹴。事態の収拾を計っていた。