公開日:2016/07/05

DFバックアッパー候補にチョルルカ

ボアテング+フンメルスのバックアッパーとして
コシェルニーの名前も出たが今度は
クロアチア代表のチョルルカ

バイエルン、EUROで奮闘したクロアチア代表DFに興味 バックアッパーとして獲得か
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

バイエルンがロコモティフ・モスクワに所属するクロアチア代表DFベドラン・チョルルカ獲得に興味を持っているようだ。先日までクロアチア代表としてEUROに参加していたチョルルカ。チームは惜しくも決勝トーナメント1回戦でポルトガルに敗れ、大会を去ったものの、同選手は全4試合に先発出場している。初戦で頭を負傷して以降、ヘッドガードを着用してプレイしていたチョルルカだが、ベテランらしい熟練の守備を見せ、バイエルンが獲得に興味を示したとクロアチア『Vecernji』は伝えた。同メディアによれば、バイエルンのスカウトはクロアチアの試合に訪れているという。また、同選手の代理人を務めるボスコ・ズパノビッチ氏も「ロコモティフ・モスクワとバイエルンの間で話し合いは進んでいる」と話し、交渉を認めた。バイエルンはフンメルスを獲得したものの、ベナティア、タスキなどバックアッパーのCBの退団が濃厚で新たな控え選手を探している状況だ。移籍金は700万ユーロほどになると伝えられており、バイエルンにとっては手頃な価格だろう。