宇佐美貴史、バイエルンでもう一度 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2016/06/22
宇佐美貴史、バイエルンでもう一度

アウクスブルクへ移籍する宇佐美貴史
バイエルンなら年俸0円でも行く、と
頑張れ宇佐美、金貰って移籍できるくらい活躍を

【G大阪】宇佐美、バイエルン再挑戦熱望「年俸ゼロでも行きますよ」
(スポーツ報知)

G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(24)が21日、吹田スタジアムでドイツ1部・アウクスブルクへの移籍会見を行い、将来的にはかつて所属したバイエルンへの再挑戦の希望を示した。
11年に19歳でバイエルンに移籍。当時はフランス代表MFリベリら、世界的ビッグネームのそろうクラブでポジション争いにも加われず、リーグ戦3試合0得点で退団。12年にはホッフェンハイムに移籍したが、ここでも20試合2得点とレギュラーには定着できなかった。
2度目となるドイツ挑戦は、まずはアウクスブルクで結果を出すことに集中すると語った宇佐美だが、その先の目標を「ビッククラブでもう一度挑戦できるような活躍をしたい」と設定。以前所属したバイエルンで、再びプレーしたいか?との問いには「(年俸)0でも行きますよ。それぐらいのクラブですし、バルサ、レアル、バイエルンは抜きんでている。(アウクスブルクと)町も近いし、バイエルンの熱気とクラブのでかさは、どっかで感じながらやれると思う」と語った。