公開日:2016/06/10

レアル、レヴァンドフスキ断念

代理人を招待したりじわじわとレアル移籍な雰囲気になったレヴァンドフスキ
しかしターゲットがポグバになり
レヴァンドフスキはあきらめの様子

レアル・マドリードは以前からバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキに興味を抱いており、一時はレアルと合意に達したとさえ言われていた。しかし、今ではレアルの興味はレヴァンドフスキからユヴェントスMFポール・ポグバに移っている。スペイン『as』はもうレアルがレヴァンドフスキに執着していないと伝えており、ポグバ獲得に1億2000万ユーロもの資金を用意しているとも言われている。また、指揮官ジネディーヌ・ジダンもポグバのポジションを空ける案を検討している。現在レアルの中盤はトニ・クロース、ルカ・モドリッチ、カゼミーロの3人で回しているが、ジダンはカゼミーロに代えてポグバを加えた3センターで戦う案を検討している。カゼミーロは今季ジダンの下で重要な役割を果たしていたが、ポグバが加わればポジションを譲るしかないのかもしれない。(theWORLD)