公開日:2016/06/08

ユヴェントスがゲッツェとベナティアを狙う

ユヴェントスがゲッツェとベナティアを狙う
ともに出場が難しい2人
ユヴェントスからはヴィダルやコマンを獲っているから
少しは融通してあげたい気もするが

2人の今夏移籍は濃厚とみられている。ゲッツェは2017年まで契約が残っており、契約を満了する意思を先日示した。しかし、カルロ・アンチェロッティ新監督からは重要な役割を任されることはないだろうと伝えられており、依然として移籍の噂は絶えない。ベナティアも15-16シーズンは最後までバックアッパーの立場を脱せず、来季もその立場が変わることはないと考えられている。ユヴェントスは昨夏もゲッツェの獲得を狙っており、この攻撃的MFの獲得は悲願ともいえる。また、ベナティアに関してもユヴェントスは買取オプションつきのレンタル移籍を考えているとイタリア『Corriere dello Sport』は伝えた。2人ともバイエルンでは輝けなかったものの、それぞれワールドカップ、セリエAでの活躍と実績は十分だ。それだけにユヴェントスはその頃の輝きを求め、獲得する可能性があるだろう。(theWORLD)