どうなるゲッツェ

アンチェロッティからも移籍を促され
もうリバプールやユヴェントスに行くと思われたゲッツェ
しかしゲッツェはアンチェロッティ体制が楽しみだと語り
バイエルンで頑張るとコメント
それにルンメニゲがはっきりは言わないが出て行けと
それはあんまりじゃないか?

バイエルン・ミュンヘン退団が確実視されていたMFマリオ・ゲッツェに新たな進展が生まれている。チームに留まりたいとのコメントを残した。24日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。渦中のゲッツェは「彼と一緒に働くことが楽しみ」と公言した。来シーズンよりバイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督に指導を受けることを楽しみにしている様子だ。「ミュンヘンでの新シーズンを楽しみにしている。アンチェロッティ監督の下で最初のトレーニングが楽しみだ。ポジション争いには全力を尽くす」と、バイエルン残留を示唆している。ゲッツェは、恩師ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールへの移籍が確実視されていた。また、ユベントスなどのビッククラブから熱視線を送られてきた同選手だが、ふたたび移籍報道は加熱するのだろうか。日に日に開幕が近づくEURO2016。活躍次第では移籍金が間違いなく高騰するはずだ。2014年ブラジルワールドカップ決勝戦では、母国ドイツを優勝に導く決勝点を決めたゲッツェ。2年前のように、その名を世界に改めて知らしめる軌跡を残すことができるのだろうか。(フットボールチャンネル)

バイエルン・ミュンヘン退団が確実視されていたMFマリオ・ゲッツェに新たな進展が生まれている。チームに留まりたいとのコメントを残した。24日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。渦中のゲッツェは「彼と一緒に働くことが楽しみ」と公言した。来シーズンよりバイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督に指導を受けることを楽しみにしている様子だ。「ミュンヘンでの新シーズンを楽しみにしている。アンチェロッティ監督の下で最初のトレーニングが楽しみだ。ポジション争いには全力を尽くす」と、バイエルン残留を示唆している。ゲッツェは、恩師ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールへの移籍が確実視されていた。また、ユベントスなどのビッククラブから熱視線を送られてきた同選手だが、ふたたび移籍報道は加熱するのだろうか。日に日に開幕が近づくEURO2016。活躍次第では移籍金が間違いなく高騰するはずだ。2014年ブラジルワールドカップ決勝戦では、母国ドイツを優勝に導く決勝点を決めたゲッツェ。2年前のように、その名を世界に改めて知らしめる軌跡を残すことができるのだろうか。(フットボールチャンネル)

先日、残留宣言をしたゲッツェ。来季もアンチェロッティ新監督のもとで、ポジション争いをする覚悟を見せたが、一方でクラブのCEOであるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏は困惑していた。これらの状況から独『Bild』がゲッツェに関して2つの未来を予想している。一つは2017年にフリー移籍でバイエルンを退団することだ。同選手のクラブとの契約は2017年までとなっており、現状でバイエルンも契約延長する動きは見せていない。そのため、来季終了後にゲッツェは好きなチームに移籍する権利を得ることになる。バイエルンにとっては得のない結末だが、選手にとっては幸せな選択肢だろう。もう一つはやはり今夏での移籍である。バイエルンにとって幸運なのはゲッツェがドイツ代表としてEURO2016に参加することだ。これをショーウィンドウとしてゲッツェの価値を上げ、売却という道は残っている。また、同紙は来季のバイエルンにゲッツェの居場所はないとしており、ベンチが定位置になると伝えている。当然EUROやキャンプでの働きで扱いは変わってくるはずだが、ゲッツェにとってあまりに過酷な日々が待っていることは間違いない。(theWORLD)

今季限りでバイエルン(ドイツ)退団かと噂されていたMFマリオ・ゲッツェが再び話題の中心となっている。同選手が残留を示唆する発言を残したことで、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOがカリカリしているのだ。バイエルンと2017年まで契約を残しているものの、今季後半戦はほぼ戦力外扱いとなっていたゲッツェ。同選手は現地時間23日(以下現地時間)付の独『ビルト』紙(電子版)で、「アンチェロッティとは電話でとても有意義な話をした。報道とは逆だ。彼との仕事が楽しみだ」とコメント。一部では、来季から新監督となるカルロ・アンチェロッティ氏がゲッツェに移籍を促したと伝えられていたが、それは事実ではないと示唆。残留をうかがわせる言葉を残した。『ビルト』は26日、この続報としてルンメニゲCEOが不快感を示したと報道。同CEOが独『キッカー』誌に対しゲッツェの発言を「どうとらえたらいいのか」「マリオにはすべてはっきりと、真剣に話をしてある。彼はクラブのスタンスを知っており、新監督の見解も知っているはずだ。彼ともアンチェロッティとも話をしている。マリオはバイエルンの考えを知っているはずだ」と語ったと伝えた。ちなみに、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は以前、両者の電話会談と報道について「マリオはアンチェロッティとかなり長く話をしたようだ。それが少し間違って伝えられているのかもしれない。まるでアンチェロッティのもとではチャンスがないかのように。監督が選手に起用を保証することはまず不可能だ。おそらく、アンチェロッティはマリオに、シーズン開始時点ではどの選手も再びゼロからのスタートになるとそれとなく知らせたのではないか。マリオにもほかの選手と同じチャンスがあると」と前向きに述べていた。しかし、ルンメニゲCEOは「マリオは自らよく考えるべきだ。自分はコンスタントに試合に出たいのかどうか」とも述べており、バイエルンに残ったとしても同選手は構想外になるとの見解を示している。(ISM)

元バイエルンで現在は解説者を務めるローター・マテウス氏はマリオ・ゲッツェの判断に納得しているようだ。先日、バイエルンへの残留を示唆したゲッツェ。ここ3年、バイエルンでは満足に出場機会を得られていなかったため、移籍は確実とみられていたが、まさかのどんでん返しとなっている。同選手はその要因として「アンチェロッティとの電話は報道されていたようなこととはまるで反対だ。とても良いものだったし、彼と仕事をするのが楽しみだよ」とコメントした。マテウス氏はこれについて独『EXPRESS』で以下のようにコメントしている。「なぜ彼がチャンピオンズリーグにも出場できないようなクラブに行かなければならないんだ? マリオは自らのポジションのために戦う準備があることをコメントで示している。このような状況は彼を強くするはずだ。彼の決断を尊重している」(theWORLD)

update: 2016年5月27日11:55 pm